男が好きな体位No.1?男が「立ちバック」に燃える理由

記事の著者:編集部

男が好きな体位といえば「バック(後背位)」、そのなかでも特に「立ちバック」が好きな人は多いです。

改めて説明するまでもありませんが、立ちバックとは、後ろを向いた女性に対して、男性が背後から挿入すること。

なぜ男はこの体位が好きなのでしょうか。

男が立ちバックを好む理由

shutterstock_1036747417

動物のようにセックスできる

立ちバックは、正常位よりも動物的なセックスができるというメリットがあります。

哺乳類の中でも正常位をするのは人間のみで、ほかの動物はほとんどバック(後背位)です。

人間だけが正常位を行う理由は分かっていません。一部爬虫類は後背位をとれず正常位を行う種類もいて、「人間は愛情を確かめ合うために向かい合う」という意見もありますが、過度な人類至上主義に基づく俗説だとも言われています。

犯してる感覚が味わえる

顔を見ながら行う正常位は、相手の反応を見ながら互いの愛情を確かめ合う体位と言えます。

一方立ちバックは、相手の顔は見えず、自分のセックスしたいという欲求だけで自分勝手なピストン運動が可能です。

実際にレイプすることはできませんが、お互いが信頼しあってるからこそ、立ちバックで自由なセックスができるとも言えます。

シンプルに興奮する

先にも述べたとおり、バック(後背位)は動物的なセックス、欲望に赴くがままなピストン運動が可能です。

通常のバックの体勢は女性が四つん這いになる形が多いですが、立ちバックでは女性は立った状態で後から挿入します。

立ちバックでは、普通のバックと異なる点として、狭い場所でもセックスしやすいという利点があります。

台所や洗面所など、いつもと違う場所で行うセックスはシンプルに興奮します。女性の腕を掴んだり、後から胸を揉んだりして、男性は犯している気分、女性は犯されている感覚が味わえます。

女性のことをあまり気にしなくていいから楽

男性が立ちバックを好む理由として、正常位より楽という点があげられます。

正常位は相手から自分の行動が丸見えなので、自分の表情が気持ち悪くないかなど気にすることが多いですが、立ちバックであれば、自分の表情は気にしなくて済みます。これは相手にも同じことが言えます。

正常位とは異なる挿入感

正常位を好むか、バックを好むかは、人によります。当然正常位は好きだけどバックは嫌い、正常位よりもバックのほうが好きという人もいます。

これは同じ男性でもペニスの反り方やサイズは異なりますし、女性も膣の付き方が上向きか下向きかによっても感じるスポットが異なってきます。

つまり男女の組み合わせによって、どの体位が気持ちいのかが決まるのです。

男性によっては、この子なら正常位、あの子ならバックが気持ちいいというものがありますし、それは女性も同じです。どうせセックスするなら色々な体位を試して、自分が気持ちいい体位で動きたいものです。

支配欲を満たせる

動物的感覚と似ていますが、男性はなにかと征服したがるものです。自分の女性を手中に収めた感覚を味わいたい。そう考える男性がいても不思議ではないでしょう。

立ちバックはこの男性の征服欲を満たしてくれます。人は知らない人に背後をとられることを不快に思います。裸で背中を向けるということは安心できる・信頼できる相手という証拠。それが男性の征服欲を満たすのです。

立ちバックに対する女性の意見

notavandal-735556-unsplash

立ちバック大好き女性

男性が好きな体位である立ちバックですが、実は女性からも人気です。

立ちバックが好きな女性は、Mな女性がほとんど。

男性からガンガン後から突かれていると、支配されている、後ろから犯されているということに興奮します。

普段は気の強い女性でも、好きな男性に強く求められるのは好きという女性は多いです。

セックスで背中を向けるということはそれだけ相手を信用している証拠。

身長差のせいで気持ちよくない

立ちバックのデメリットは男女で身長差があると、挿入が難しくなること。男性が無理やり立ちバックの状態で挿入しても気持ちよさが分からないという女性もいるようです。

身長差のせいで脚に力が入りすぎて気持ち良くなることができなかったり、立っている状態がしんどいために集中することができない、という声は多いです。

身長差があって挿入がうまくいかない場合などは、女性が台に乗るなどして、男女の身長差が揃うようにすると行いやすくなるでしょう。