セックスするのに最適な場所8選:お互い実家暮らしのときはどうする?

記事の著者:ペン・ルーン

セックスしたいけど、する場所がない。学生や実家ぐらしの人が抱える定番の悩みです。定番といえばホテルですが、それだけではありません。セックスするのに最適な場所を抑えて、うまく相手をリードしましょう。

セックスするの最適な場所

ラブホテル

shutterstock_692587345

家以外の定番といえばホテル。特にラブホテルは困ったカップルの味方です。まず料金が通常のホテルよりも格安。休憩を利用すれば、数千円ですみます。

また部屋にはコンドームとティッシュとゴミ箱もあるので便利。ベッドなどの汚れも心配する必要がないのも魅力です。

ホテルによってコンセプトが異なったり、部屋の雰囲気が違うので、毎回新鮮な気持ちでセックスすることができます。

ガラス張りのお風呂や、ムーディーなジャグジーがあるところでは、家とは違う興奮を味わえることでしょう。

またコスプレ用の衣装を借りられたり、大人のおもちゃを販売しているところもあるので、マンネリ化したカップルにもおすすめです。

一人暮らしの彼氏・彼女の部屋

shutterstock_660442189

どちらかが一人暮らしの場合は、彼氏・彼女の部屋でセックスするのが定番。まずお金がかかりません。

実家だと他の家族に見られしまうリスクがありますが、一人暮らしの部屋なら、他の家族を気にすることなく安心してセックスできます。

またラブホテルだと時間を気にする必要がありますが、家だと時間の制約がないのも魅力。ゆったりできるので、愛も深まるでしょう。

旅館・温泉宿

shutterstock_407642968

お金と時間に余裕があるなら、旅館でセックスするのもおすすめ。日中は観光を楽しみ、夜は旅館で二人っきりの時間を楽しむ。そんなことはカップルにしかできません。

旅行が趣味のカップルなら、毎回違うテイストの部屋にすることで、楽しみが増えるはず。

特におすすめは部屋に貸し切り露天風呂がある旅館。一緒に温泉に入りながら人目を気にせず温泉でセックスするなんてことも可能です。

風呂

shutterstock_1091755112

お風呂もセックスする場所として定番です。まずどんなプレイをしても、シャワーで流せるので汚れることがありません。

また温かい空間なのでお互いリラックスできるため、感度も良好になります。ボディーソープやローションを使って泡プレイを楽しむことも可能。

お互いの体をヌルヌルさせた状態でのセックスは、普段にはない興奮を味わえるでしょう。

トイレ

家のトイレだと狭いかもしれませんが、稀に公衆トイレでセックスしているカップルがいるようです。密室空間でなおかつ狭いため興奮するカップルも多いみたい。

狭い空間をいかに有効活用するかが鍵になるので、便座に座ったり、立ちバックしたりと、普段試せない体位を楽しめそうです。

しかし公衆の場でセックスすることはマナー違反。場合によっては公然わいせつ罪となることもあるので、妄想に留めておきましょう。

プール・海

erriko-boccia-1077886-unsplash

水着プレイを楽しみたいならこちら。さすがに人混みの多いプールや海ではセックスできませんが、水面で隠れているため、イチャイチャする分にはバレささそう。そのため興奮度もアップするでしょう。水があるところでのセックスは、通常とは異なる感覚を味わえるのでおすすめ。

ネットカフェ・マンガ喫茶

ネットカフェやマンガ喫茶でセックスするカップルもいるようです。こちらは明確にルール違反なので、セックスしてはいけませんが、ラブホテルより値段がリーズナブルのため中高生カップルに人気。

周りの人にばれないように声を押し殺さなければならないので、興奮度はマックスに。しかしバレたらとても恥ずかしい思いをするのでおすすめはしません。

カーセックス

shutterstock_319857347

カーセックスも普段とは違った場所でセックスを楽しむことができるのでおすすめ。車には窓があり、外から中の様子が見えるので、いつ誰かに見られるかわからないという状況にスリルを感じて、いつよもり興奮します。

カーセックスをするなら人目に付きにくい場所に車を止めてするのがベスト。こちらも人目につくところでセックスしてしまうと公然わいせつ罪となることもあるので注意が必要です。

どうしても周りから見られるかもしれないのが恥ずかしいという人は、窓にサンシェードを貼ることで中の様子がわかりにくくなります。

車の中は狭いので、いつもよりも密着せざるを得ません。普段のセックスがマンネリ化している人におすすめです。

場所を問わない刺激的なセックスがしたい

ハッピーメール公式サイトより
ハッピーメール公式サイトより

基本的に人がいないところであれば、野外でもセックスは可能ですが、見られないようにすることが大切。最近パートナーとのセックスがマンネリ化している人は、場所を変えてみるといいかも。コンドームやティッシュをお忘れなく。

また非日常的な場所でスリリングなセックスを楽しみたい、だけど相手がいないという人におすすめなのが出会い系サイト。

ハッピーメールは1700万人の会員の中から、自分の近隣エリアに住む相手を探すことができます。「オトナの掲示板」には日夜欲求不満の男女からの書き込みが絶えません。なかには青姦や屋外プレイを求めている人も多いので、条件が合う人がいたら気軽にメッセージを送ってみて。登録は無料なので、まずは近くに条件に合う人がいないか探してみましょう。

↓↓注目↓↓

パートナー読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

49歳。カタカナ名前だが生粋の日系日本人。 元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着のネット販売へ。デジタル一眼レフ隆盛のなか、銀塩カメラもマニアの間で人気が出てきているんおで営業品目へ。「出会い系」遊びはテレクラから、と長い。