オナニーで痩せるって本当?オナニー消費カロリーの裏話を暴露

記事の著者:ペン・ルーン

オナニーをすると、カロリーを消費するのでしょうか。「オナニー カロリー」で検索したあなたは、オナニーに痩せる効果があれば、気持ちよくもなれてラッキーと思っているかもしれません。

様々なサイトでオナニーの消費カロリーに関する記述がありますが、数値的な根拠はあるものの、痩せる効果については根拠がありません。

確かにオナニーは体力を使うものですが、それは歩行や、家事などと同程度。それで痩せるのであれば、日常生活でダイエットできているはずです。怪しい情報に騙されず運動をして痩せましょう。

オナニーの消費カロリーはどれくらい?

lana-abie-581813-unsplash

一般的な運動のカロリー消費について考えます。人間は生命活動を行っているので、実は普通に生活していてもカロリーを消費しています。なので少しの運動では痩せるほどのカロリー消費には至りません。

普通に歩くウォーキングでも、1時間ほど歩かないと効果はありません。1時間以上歩いてようやく約90キロカロリー程度の消費です。

これをオナニーに置き換えるとどうなるでしょう。女性のオナニー所要時間を30分とすると、一回のオナニーの消費カロリーは60~70キロカロリー。ウォーキングが90キロカロリーなので、理論上はオナニー時間を増やせば消費カロリーも変化します。

オナニーのやり方

オナニーを長く持続させるには、指やローターなどを使ってじっくりと刺激します。いきなり強くするのではなく、じんわりとした刺激をゆっくりと味わってください。

女性のオナニーは自分の気持ち良い部分を刺激し続けることができるので、終わらせるタイミングもその人次第。「今日はこのぐらいで止めとこう」などとセルフコントロールが可能です。ただしオナニーを長時間続けると疲労も大きくなり、翌朝の体に影響を与えます。

ちなみに男性の場合は一度射精が終わると性欲が減退するので、長時間持続は出来ません。

オナニーよりもセックスのほうが消費カロリーは高いです。約400キロカロリーを消費します。これは30分間行った場合の値であり、時間によってはさらに高いカロリーを消費します。

オナニーの効果

オナニーをするとエストロゲンが分泌され、肌のハリが変化します。女性ホルモンの働きも活発になるので、魅力的な体つきを期待できるかも。

オナニーする際は、亜鉛などを摂取しながら行うといいでしょう。亜鉛には新陳代謝を促す効果や、男性の場合は精子を作るのに必須と言われています。

牡蠣やレバーなど亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂りましょう。貧血で悩む女性にはレバーもおすすめ。

オナニーダイエットはあくまで「俗説」です。怪しい情報にだまされないように、適度な運動でダイエットしましょう。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!