毎日セックスするのは異常?セックス依存症との違いについて

記事の著者:ペン・ルーン

「彼氏が毎日身体を求めてきてセックスしているが、毎日セックスするのは異常ではないのか」と悩む女性は、実は少なくありません。

セックスレスの問題が明るみになり、テレビ番組でも特集されるようになっている今、逆に毎日セックスしていることに悩んでいると言い出せないようです。

今回は毎日セックスするのは異常なのかどうか、セックス好きとセックス依存症の違いについて紹介していきます。

毎日セックスすることは異常?

毎日セックスすることが異常であるのかどうかについては、異常ではないです。

冒頭でも紹介していますが、セックスレスという言葉が使われるようになり問題視されることが増えているため、異常に感じる人がいます。しかし、愛し合う2人が身体を求めあうことは生物学的に見てなんの問題もありません。

好きだからこそセックスしているのです。

毎日セックスしている人がなぜ毎日セックスをしているのか、その理由について見てみましょう。

パートナーを愛しているから

愛していることを表現する方法は人によってさまざまです。毎日セックスするという人は、愛情を表現する方法がセックスなだけです。

例えば、毎日行ってらっしゃいのキスをするとします。キスとセックスが同じような感覚なだけなのです。

いくら愛情表現といえどもやり過ぎだな、と思った人は相手としっかり相談しましょう。

習慣になっているから

毎日セックスすることが習慣になっているため、毎日セックスをしているという人も。

身体を動かし汗をかくセックスのことをスポーツだととらえる人もいます。毎日運動することが習慣になっている人と同じような感覚でセックスをしているのです。

体がしんどい日もあるでしょう。その時はちゃんと「今日は疲れているからやめよ」とストレートに伝えるのがオススメです。

セックスが好きだから

セックスが好きでないと毎日セックスはできないでしょう。

また毎日セックスする人は、もちろん性欲が人よりも強い傾向にあります。

セックスしすぎが心配な人は、手で奉仕してあげるだけでも男性は満足するかもしれません。

セックス好きとセックス依存症の違いについて

セックス好きとセックス依存症、それぞれの特徴について紹介していきます。

いったいどんな違いがあるのでしょうか。

セックス好きの特徴

セックス好きは文字通り、セックスが好きな人を表す言葉です。

セックス好きの人の特徴として、もともと性欲が強かった、相手のことが好きだからこそセックスしたいと思う傾向にあります。

ですが、相手は誰でもいいわけではありません。好きな人が居るからこそ、セックスしたいと思うのです。

またセックス好きな人がセックスをすることに、明確な目的がないことが多いです。「なんとなくムラムラしてきたからセックスしたくなった」という人が多い傾向にあります。

セックス依存症の人の特徴

セックス依存症は性依存症の一つとなっています。

セックス依存症は病気です。アルコール依存症、薬物依存症などと同じように依存症として分類されています。

セックス依存症の人は、ちょっとしたことがきっかけでスイッチが入ってしまい、セックスをしたい衝動にかられます。相手は誰でもいいため性犯罪を起こしてしまうこともあるのです。

性依存症の人は性欲が満たされればいいため、相手は誰でも構いません。そういった点が最も大きな違いであると言えるのではないでしょうか。相手がちょっとおかしいなと感じた場合は、一度病院を受診することをおすすめします。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!