”いいセックス”とはなにか?肉体と精神が両方満足するセックスを目指して

記事の著者:編集部

心地よい恋愛関係や夫婦関係を長く保つために欠かせないのが、”いいセックス”です。

“いいセックス”とは、どんなセックスを指すのでしょうか。人によって定義はそれぞれだと思いますが、大きく分けて「肉体的に良いセックス」と「精神的に良いセックス」があります。男性と女性ではセックスに求める条件も異なるでしょう。いいセックスとは何か、条件を踏まえた上でいいセックスができる秘訣を紹介。

いいセックスって何?

いいセックスに定義はありません。簡単に言ってしまえばお互いが満足できるセックスがいいセックスと言えるでしょう。

問題はどうすれば相手が満足できるかを考えること。自分のことばかり考えてはいけません。

お互いが精神的にも肉体的にも満たされるセックスを目指したいものです。

肉体的が満足するセックス

shutterstock_773995387

体位やテクニックの工夫

セックスのプレイ内容や、テクニックの上手い下手は、いいセックスに非常に関わってきます。

キスや前戯がないセックスは、一般的には良くないとされています。

特に体位は重要で、一辺倒なセックス、代わり映えのないセックスは、最初はよくても、段々と満足することができなくなります。

ときには、体位を変えて、セックスに臨むことも重要です。

また雑なテクニックも、性器を傷つけるだけで、決して相手を満足させることができないでしょう。

体の相性

体の相性も重要です。相性がよくないと、どれだけテクニックを駆使しても満足することは難しいでしょう。

しかし、体の相性というのは、一緒に寝てみて初めて分かるものです。

日本では告白して付き合ってからセックスするのが一般的ですが、欧米ではデートしてセックスをしてから、付き合うかどうかを決める人もいるようです。

ある意味、付き合ってから相性が悪いことが発覚するよりは、合理的な行動とも言えます。

雰囲気を作る

shutterstock_660442189

セックスにおける雰囲気は非常に重要です。肉体と精神は密接につながっています。性器を刺激されたからといって興奮するわけではないのです。興奮していない状態で触られたところで痛いだけです。

女性が安心して興奮出来る雰囲気を作ってあげることが大切です。例えば、明るい部屋を嫌う子なら部屋を薄暗くしてあげる、ロマンチックなムードに憧れている子なら良いホテルに泊まるなど、そんなちょっとした配慮が女性の性感に繋がります。

服を着たまま愛撫する

ドラマや漫画などでは、裸の状態でセックスを始めますよね。でも、女性が一番興奮しやすいのは、服を着たまま状態の愛撫です。

人間は脳内でもセックスをする生き物なので、想像を掻き立てられることで興奮を生み出すのです。男性がズボンの上から性器を撫でられて興奮するのと同じ原理で、女性もシャツの上から胸に触れられると、いつもより感じやすくなります。

いつもと違う攻め方をする

急に攻められ方やセックスの流れが変わると、女性側は余裕が無くなり興奮します。

良くも悪くも、人間の身体は物事を学習します。何事も慣れてしまうと、全力を出すまでもなく何となく出来てしまうものですよね。セックスもそれと同じで、毎回同じ攻め方をしていると女性も刺激に慣れてしまいます。

「最近、彼女がセックス中に飽きている気がする」と思っている男性は、攻める順番を少しだけ変えてみましょう!

複数箇所を同時に攻める

「キスをされながら、胸も愛撫されるとゾクゾクする」「首筋を舐められている時に、背中を撫でられると声が出ちゃう」など、女性はちょっとした同時攻めが大好きです。それぞれの性感が反響してより大きな刺激が生み出され、興奮度も倍増します。

繋がっている時にキスをするだけでも、女性はとても感じます。

射精する、イク

女性は、「男性が射精してくれた」という事実にもの凄くエクスタシーを感じる人もいます。「射精している彼の顔が一番好き」という女性もいるほど。

男性の中には「射精は出来るだけ我慢して、女性にいっぱい感じてもらおう」と思っている人も少なくありません。しかし、男性がなかなか射精しないと、女性も自分のカラダに自信がなくなります。

パートナーとの体の相性に不安を感じている方は、ラブコスメ「リュイールホット」がおすすめ。デリケートな部分に塗るだけで、ジワジワと温度が上がり、いつもより快楽を感じることができます。

マンネリ解消に。ラブコスメ・リュイールホット

精神的に満足できるセックス

shutterstock_692587345

愛し合っている

どんなに体の相性がよくても、お互いが愛し合ってなければ空虚なセックスになってしまうでしょう。

お互いの心が密接に結びついていることを直に確認することはできませんが、人間は精神的なつながりを常に求めています。

言葉なのか、仕草なのか、いずれにしても行動で愛していることを示す必要があるでしょう。

相手を気遣っている

愛していることが相手に伝わるには、行動や言葉を使う必要があります。

たとえば丁寧な愛撫や、長めのキス、優しい言葉など態度で示すことで、相手に愛情が伝わるでしょう。

精神的に満足すると、肉体的な感度も高くなると言われています。

お風呂のタイミングを計ってくれる

jay-cee-181360-unsplash

雰囲気が盛り上がってもう待てないという時でも、ぜひここは余裕を見せて、女性にセックス前のシャワーの時間を作ってあげましょう。

きちんと綺麗にした上でセックスをすると、女性も安心してセックスを楽しむことができやすくなります。一緒にお風呂に入ってお風呂の中でラブラブするのも、もちろんありです!

前戯に時間をかけてくれる

女性は男性と違って徐々にエッチな気分が盛り上がっていくものです。少しずつエロティックな気分にさせてくれる気持ちの良い前戯を女性は求めています。

挿入だけでオーガムズに達することができる女性はあまりいません。どちらかというと、前戯で身体を触られながら性感帯を刺激され、オーガズムを感じる女性が多いのです。丁寧な前戯は、いいセックスのマストです。

常に新鮮であること

普通のセックスでは興奮が少なくなってしまったという方には、たとえばセックス時に動画を撮ったり、写真を撮ったりするのもいいかもしれません。

撮りながらの行為も興奮するでしょうし、行為前に撮った動画を見てからセックスに移るのも興奮するでしょう。

しかし、別れたあとネットに流されてしまうという悪質なケースもあるので十分気をつけてください。一度流されたものは削除することができません。

女性の反応をちゃんと見てくれる

セックスのセンスのない男性は、相手の反応を無視して一人よがりのセックスになってしまいがちです。

女性は自分の反応を見ながら柔軟にあの手とこの手と試してくれる、洞察力のある男性とのセックスを求めています。

以前気持ち良かった箇所を覚えている

こちらも相手の観察なしでは不可能です。もし以前したことのある相手なら、相手が以前に気持ちいいと言っていた箇所を重点的に攻めてみてください。

相手の反応を観察して、何をして欲しいのかを汲み取るようにしましょう。確実に女性は喜びます。

包容力がある

挿入の最中、ちょっときつい体勢の時に「大丈夫?」と聞いたり、終わった後に飲み物を勧めてくれるなど、ちょっとした男性の気遣いに包容力を感じる女性は多いようです。

また、ピストン中に壁やベッドにぶつからないように気を使ってくれるというのも、女性にとっては嬉しいようです。やっぱり思いやりはセックス中にも欠かせません。

挿入時に手をつなぐ、キスをする

男性にとってセックスのメインはやはり挿入という方が大多数と思いますが、女性にとってはそうでもなく、女性は愛されていると感じると余計盛り上がります。

挿入時に手をつなぐ、またキスをするという男性からの愛情表現は女性にとってセックス中で最も嬉しい行為なのです。

アフターケアを忘れない

射精した後、おでこにキスをしたり、「寒くない?」と言いながら布団をかけてくれるといったような、終わった後の愛情表現をされる事でそのセックスの満足度が上がります。

いくら盛り上がったセックスでも終わった途端疲れたからと言ってさっさと寝たり、射精した後に自分だけ汚れた部分を拭くというような行為を見てしまうと、どれだけテクニックのあるセックスをしても、瞬時に女性は冷めてしまいます。最後の気遣いまで忘れないようにしてください。

まとめ

多くの男性は、いいセックスとはテクニックを駆使したものと勘違いしがちですが、女性がいいと感じるエッチはもっと繊細なものです。

相手の気持ちを思いやったエッチをすることで、よりラブラブになることができるでしょう。