女性からセックスに誘う方法:こっそり彼に分かってもらうためには?

記事の著者:ペン・ルーン

自分からセックスに誘いたいけど、恥ずかしくて誘えなかった経験はありませんか。女性側から誘うのには勇気がいります。性欲の強い女だと思われたくない、このことを他の人にバラされたくない、など様々な意見があるでしょう。

しかし女性だって人間なのですからセックスしたい瞬間があるのは自然なこと。なんとか恥ずかしくない形で自然と誘える方法を紹介。

女性からセックスに誘うことを男性はどう思ってる?

shutterstock_407642968

性に対してオープンではない文化においては、一般的に女性から性的な誘い、シモネタを話すことは「はしたない」と忌避されていました。現在もそのような風潮があるかもしれません。しかし本当に男性は女性のそのような言動を嫌がるのでしょうか。

実際、男性は好きな女性からベッドに誘われることを嫌だとは思っていません。好きではない女性から誘われたら「嫌だな」と思うかもしれませんが、ほとんどの場合ポジティブに思うはずです。男性だっていつも自分から誘うのはしんどいのです。

女性からセックスに誘うということは、その男性に「性的な魅力がある」ということを暗に示しているので、男性からすると嬉しいものです。同じ人間なのですから、女性から普通にセックスに誘ってもいいはずです。

誘う勇気がでない人におすすめの誘い方

女性から誘うことに対して男性はポジティブに受け止めますが、実際誘うのは勇気のいることです。「性欲強い女に見られないか」「こんなこと言って引かれないか」など、心配になるのも無理はないでしょう。そこで女性におすすめしたいのが、「男性をその気にさせる」ということ。

男性にとってもセックスに誘うことは勇気のいることです。なのでなるべく「この子なら拒否されない」と確信してから行動に移したいもの。女性に「あなたとセックス
してもいいよ」と暗に伝えてほしいのです。ちょっとした駆け引きが必要ですが、暗に「あなたとセックスしたい」ということを伝える方法を紹介。

スキンシップをとる

shutterstock_660442189

女性からストレートにセックスに誘えない場合は、さりげなくスキンシップを増やしていってみるのが効果的。男性の隣に座り、まずは手を優しく触ってみたり、握ってみたりしてみましょう。男性が嫌そうにしてなければ、少しずつ肩にもたれかかってみたり、抱きついてみたりします。

徐々にスキンシップを増やしていくことで、男性の方も気分が盛り上がってきて、自然とセックスへと持ち込むことができるでしょう。

甘えてみる

多くの男性は、好きな女性から甘えられると自分に心を許してくれていると感じ、良い気分になります。そのタイミングで甘えるような口調で、ちょっと恥ずかしそうに「したいな..」と言えば、何もしない男性はいません。

自分からベッドへ行く

女性が男性をセックスへ誘う方法として、自分からベッドへ行くという方法があります。先にベッドに女性がいれば、男性も行かざるを得ません。

まずはベッドに腰掛けてみたり寝転んだりしてみましょう。そして、男性の方をずっと見つめたりしていれば、男性の方もベッドへ誘われていることに気付くはずです。

お互いにサインを決めておく

セックスに誘うのが恥ずかしいと思う夫婦であれば、お互いにセックスのサインを決めておくと、いちいち意思表示をしなくて済むので便利。

例えば、オムライスにかけるケチャップがハートマークになっている、Yes/No枕など、お互いの中でルールを先に決めておけば、直接口で言わなくても相手がわかってくれます。

自分から服を脱ぐ

shutterstock_1195993129

もっとも分かりやすい方法は、自分から服を脱ぐことです。もちろん、男性の家やホテルなどへ行っていきなり脱いだりすると引かれてしまうでしょう。

少しいい雰囲気になってきた時に、女性の方から服を脱いでしまえば、男性も放っておくことはできないはずです。もちろんいきなり全裸になるのではなく、コートや上着からちょっとづつ脱ぎましょう。セクシーな服を消えておくと効果的。

明日の予定がないことを暗に伝える

彼とのデートも終盤、普段なら解散という時間帯になったら、さりげなく明日の予定がないことを独り言のように伝えましょう。

もし彼も一緒にいたいと考えていたならすぐに意味を察するはずです。中には本当に明日のスケジュールについての話をしていると思ってしまう男性もいるかもしれません。そんな時にはダメ押しで、「この後どうするの?」も付け加えてみて。鈍感な彼でもこれにはさすがに気がついてくれるはずです。

部屋の電気を消す

お部屋デートも定番。まだ寝る時間でもない絶妙なタイミングで電気を消して(弱めて)みましょう。すぐにあなたのOKサイン、セックスの誘いだと理解してくれるはず。より分かりやすく伝えるために、彼の方を向いて横になるのがポイント。電気を消して背中を向けてしまうと、彼も迷ってしまいます。

暗くても、あなたの視線に気がつけばベッドに潜り込んできてくれるでしょう。

あえて終電を逃す

電車の時間を気にしつつ、終電をわざと逃すというのも有効な方法。二人きりになったタイミングで、「あ、終電過ぎちゃった」と言うだけでOK。終電がなくなっても慌てず怒っていないあなたを見れば、それがどういう意味なのかはピンと来るでしょう。

終電の時間を気にする、という前フリも効いているため、思わぬお誘いに彼もきっと普段より喜んでくれるそう。

何食わぬ顔で部屋についていく

古典的な手段ではありますが、「彼の部屋についていく」というのは最も効果的な方法の一つ。基本的に男性は、自分の部屋に来る=OKの合図だと考えています。もちろん女性が天然な場合は、男性も判断に迷ってしまうケースはあるかもしれません。

ポイントは部屋に行く前にコンビニに寄ること。ここでアルコール類を買っておくといいでしょう。あなたの部屋でゆっくりしたいという意思表示になります。あとは、「メイク落とし買ったほうがいいかな」「歯ブラシ家にある?」と聞いて決定打を与えましょう。これで「今夜はOKサイン」ということが相手に伝わります。

↓↓注目↓↓

パートナー読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

49歳。カタカナ名前だが生粋の日系日本人。 元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着のネット販売へ。デジタル一眼レフ隆盛のなか、銀塩カメラもマニアの間で人気が出てきているんおで営業品目へ。「出会い系」遊びはテレクラから、と長い。