オフパコの意味とは?みんなのオフパコ体験談

記事の著者:ペン・ルーン

オフパコとは、見ず知らずの人と出会ってセックスをすることです。このオフパコ、最近では危険な行為として問題視されています。

Twitterやニコニコ超会議など、オフパコのきっかけは様々。最近ではマッチングアプリを活用した出会いも増えています。

目次

オフパコの意味

オフパコとはTwitterやFacebookなどのネット上で知り合った見ず知らずの相手に会って、セックスをすることを示す言葉です。

ネット上でしか交流のない者同士が実際に出会うことを、「オフ」や「オフ会」と言い、セックスの隠語である、「パコパコする」という言葉を合わせて「オフパコ」という言葉が誕生しました。基本的には2人ですが、中には数名で会う場合もあり、同性同士というパターンもあります。

ナンパは現実世界で声をかけることを指しますが、このオフパコはネット上を介して出会うことを指します。

オフパコが行われる場所

toa-heftiba-195458-unsplash

ニコ生は出会いツールとして優秀

ニコ生とはニコニコ生放送の略で、主に個人がニコニコ動画を使って動画を配信するものです。安価な機器で誰でも放送することができるので、若者を中心に人気があります。

放送者はニコ生主、略して生主(なまぬし)と呼ばれ、中にはたくさんのファンを持ち、まるで芸能人のような人気を誇る生主もいます。

ニコ生はあくまで動画配信ツールですが、これを利用して異性と効率よく出会い、おいしい思いをしている生主もいるそうです。特に女性の生主に群がる男はエロ目的か出会い目的が多く、純粋に動画を楽しんでいる人は少数です。ニコ生を出会いツールとして割り切って使ってるユーザーもいます。

ニコニコ超会議でオフパコ

ニコニコ超会議とは、ニコニコ動画を運営する株式会社ドワンゴが主催するリアルイベントのことを指します。

普段はニコニコ動画上で行われるやり取りを、リアルイベントとして、幕張新都心で実施するというもので、普段からニコニコ動画を利用している多くのユーザーが集まります。

人気の生主には一般人のファンがいて、生主とファンとの間でオフパコが行われているようです。事前に相手を募り、超会議にあわせてオフパコを実施します。

Twitterでオフパコ募集

Twitter検索で「オフパコ」と検索をすると、オフパコできる相手を探している女性を一瞬で探すことができます。

「そんな子いるの?」と思うかもしれませんが、友達などにはバレないよう裏アカウントを作成し、オフパコの相手を探しているのです。もちろんオフパコ相手を探している男性もいます。

しかし、中には業者などのアカウントも混ざっているので、注意して探しましょう。Twitterでオフパコできる相手を探している一般人は多いですが、タレントや芸人、ユーチューバーなどもTwitterで声かけしている人もいるようです。

オフパコ目的のサイト

インターネットが普及し、たくさんの人と繋がれるSNSも増えました。SNSやオフパコ専用アプリなどを利用している人も一部いますが、うまい話に乗らないように十分注意しましょう。

ほとんどのオフパコ用の掲示板やSNSには違法な業者が溢れているので、トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。

マッチングアプリを使ってオフパコ

ネット上のなかでも安全な出会いと言われているのが、マッチングアプリを使った出会いです。マッチングサービスは、昔の出会い系サイトとは異なり、大手企業が監視しながら運営している健全な異性紹介サイトのこと。自治体に許可を得て運営しているので、一定の安全が確保されています。

マッチングサービスは真剣な婚活・交際相手探し・遊び相手探しと、強みのある分野がそれぞれ異なるのが特徴です。

オフパコをするのであれば、遊び相手探しに強いサービスを利用しましょう。ハッピーメールは会員数1700万人を誇る国内でも老舗のマッチングサービスです。

「オトナの掲示板」には女子大生から人妻まで、性欲をもてあました女性が多く登録しています。24時間365日サポート体制なので、困ったことがあっても安心。

ハッピーメールに登録(18歳以上)

どんな人がオフパコをしてるの?

最近話題のYoutuberもオフパコしてる

オフパコというと、ネット上の有名人が一般人に手を出すというのが、よくあるパターンです。最近では「Youtuber」という言葉が流行っているように、人気のYoutuberの影響力というのは小さくありません。

たとえば「ふくれなさん」という有名な女性Youtuberは、自分の動画でオフパコをネタにしていました。今旬のYoutuberは話題性があり、男女問わず人気があるようです。

ニコ生主

ニコニコ動画を悪用して、オフパコをしている生主は少なからずいます。ニコ生主もYoutuberと同様に、ネット上では知名度が高く、多くのファンを抱えています。

ニコ生にはチャット機能があるため、自身のTwitterからリスナーにオフパコの誘いをするようです。

一般人もオフパコしている

オフパコは有名人の特権と思われがちですが、目立っていないだけで一般人のなかにもオフパコをしている人は多いようです。

最近ではTwitterやInstagramで手軽に知らない人とやり取りができるようになったため、少しいいなと思う異性がいれば積極的にアプローチできます。

みんなのオフパコ体験エピソード

gades-photography-540989-unsplash

ヌードデッサン研究会が乱交パーティーに

美大を目指す受験生が集まるアカウントで、モデルを呼んでヌードデッサンの練習をすることになり、参加を募ると8名ほど集まりました。それ以前のオフ会で顔を知っている同士はなく、みんな初めてでした。

全員が美大の受験生で浪人中という共通項以外特にない面々でしたが、さらに共通していたのはお金がないこと。それでモデルを呼ぼうにもお金が出せないので、順番に裸になってモデルを務めれば、モデル代が浮かせて安上がり、場所も河川敷ならタダで済むという話になって即決。

当日集まった美大受験生は男6人女2人の計8名。それでまず痩せ型の男が自分がモデルになるといっていきなり太陽の下で裸になってみんなで描き始めたんですが、モデルになる時間は絵が描けないのでは練習にならないから、モデルをしながら僕もみんなの裸の絵を描くと言い出したんです。

みんなもそれに同調して、全員で裸になって絵を描いていたら、やたらと精密描写をする人が現れて、その絵を見て射精できるかどうかが合否の分かれ目だというんで、それなら性交シーンを描くのが一番だろうということになって、いつのまにかみんなでパコパコやり出しちゃいました。

結局、絵の方はあまり描かないで、夕方までに5回やった人が最高で、ほとんど3回はやりました。僕は4回です。(19歳男性)

生主とのオフパコ

私は大学生の頃に、ニコニコ生放送をよく見ていました。そこで、ある男性の投稿がとても楽しくてよく見るようになりました。徐々にその男性の投稿に惹かれていき、その男性の動画を探すようになりました。その男性の動画を見るようになってから、コメントで話をするようになりました。コメントで話をするようになってからすぐに、その男性とメールでやり取りをするようになりました。

そこで、その男性から「オフ会の日に会いたい」と言われ、オフ会の日に実際に出会うことになりました。その男性は思っていた通り、カッコよくて、優しい男性でした。その日のうちに、私たちは近くのラブホテルでオフパコをすることになりました。その男性のセックスはとても気遣いがあり、優しいセックスでした。

セックスを終わっても、とても優しくしてくれました。その後も何度かその男性とはオフパコをするようになり、多い時では月に5回程度することもありました。その男性と交際することはありませんでしたが、ニコニコ生放送で素敵な男性とオフパコをすることができ、満足でした。(28歳女性)

LINEグループチャットで知り合った彼と

オフパコと言えるかはわかりませんが、当時高校生だった私は当時大好きだった彼氏と別れたばかりでした。友人から招待されたグループチャットに入ってやり取りをしている人のなかに、トプ画がカッコイイ同い年の男の子がいました。

正直本気で付き合うつもりは無かったけど、ノリでその男の子と個別でやり取りするように。好きだよーとか、チューみたいなやり取りをしているうちに、会ったこともないのにお付き合いしました。

初デートはお互いの家の中間距離である新宿。プラーっとしてカラオケに行こう!となりカラオケに。そしたら彼が突然キスしてきたんです。だんだん激しくなってきて彼氏とはいえ初対面の人。正直恐怖でしたが、カラオケで誰かに見られるかもしれないという環境で少し興奮してしまう自分もいました。

「私、ゴム持ってないからできない」って言うと「大丈夫。俺もってるから。」と言われ最後まですることになりました。

昔から敏感な私はキスだけで濡れてしまうので、胸を舐められる頃にはもうビチョビチョです。カラオケでイケナイことをしてると思ったら興奮してしまい、すぐイッちゃいました。それからは、会う度にカラオケや人気のない場所で青姦したり、恋人と言うよりセフレみたいな関係でしたが、いろんな体験ができました。(22歳女性)

オフパコの危険性

オフパコには危険な部分もあります。自分の身は自分で守れるよう、どのような危険があるのかしっかり理解しておきましょう。

性感染のリスク

オフパコでは、初めて顔を合わせる人との行為になるので、性感染症には要注意です。計画もなく、突然そのような流れになったら、コンドームをつけずに行為をしてしまう可能性もあり得ます。

一度性病になってしまうと治療が大変で、場合によっては重篤な病気を引き起こすこともあります。いくらネット上で親しくなっても、相手の女性遍歴や病気などは知ることができません。安易な気持ちで後悔しないように、十分に注意しましょう。

妊娠のリスク

たった1回だから大丈夫と思ったら大間違い。責任のとれる年齢であり、双方の同意の上ならば問題ないと言いたいところですが、子どもができたとわかった時には、すでに連絡が取れず、どこに住んでいるかさえわからないという状況にもなりかねません。

こればかりは、避妊していれば大丈夫とも言い難い部分があります。自分の行動にはしっかり責任を持ちましょう。

相手が未成年

相手が未成年だった場合、逮捕されるということもあります。初めて会った相手で年齢も嘘をつかれているという場合もありますし、面倒なことになりかねません。なかには未成年をねらってオフパコに持ち込もうとする人もいます。

若い世代が多く利用しているSNSでオフパコ相手を探すのは避けましょう。

ニコ生やYoutuberには要注意

ニコ生での出会いが、出会い系サイトなど他のネット恋愛と異なる点。それは生主がタレントのようなポジションをとっているところです。ファンがいるため、それを視聴しているリスナーからすれば生主はちょっとした芸能人のようなもの。

男の生主に女性ファンがつくことも珍しくなく、そうするとオフパコの成功率は格段に高くなります。人気者に会えるからといってノコノコついていくと、望まぬオフパコや、避妊無しのセックスを要求される場合も。人気者だと断りにくいという人もいるため、ネットの有名人と少人数で会う際は注意が必要です。

顔出しは必須ではない

ニコニコの生主やYoutuberのなかには、ネット上に自分の写真が残るのを避けるため、顔出ししない人たちがいます。マスクなどで顔を隠したり、首から下だけを映すことで、もし犯罪に手を染めても世間で叩かれることは無く、更なる被害者を生むことになります。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!