[48手体位]千鳥の曲(ちどりのきょく)のやり方・注意点

記事の著者:1101313

48手とは、江戸時代から伝わるセックスの体位の種類です。千鳥の曲もその中の一つ。千鳥の曲は、日本の伝統的な性的行為として長く伝えられてきました。

男性に千鳥の曲をしてあげると非常に喜びますし、セックスも非常に盛り上がります。

千鳥の曲のやり方

千鳥の曲は、男性の体を楽器のようにみたてて愛撫します。具体的なやり方は、まず男性が床に仰向けになります。その後、女性が男性の体に配して勃起したペニスを口や手で愛撫していきます。空いたもう一つの手は、男性の乳首や睾丸などを優しく刺激していきます。

このような体制のことを千鳥の曲といいます。それと睾丸と乳首は、男性でもやり方がうまければ感じますし、興奮します。つまり、千鳥の曲は、男性の性的興奮を最大限に出させる愛撫なのです。

この技を行う女性の体勢が琴を奏でるように見えたから、千鳥の曲という名称がなずけられたそうです。

千鳥の曲の注意点

千鳥の曲は、簡単にできる行為なのですが、フェラをするときには歯をペニスを当てないように注意。なぜならペニスに歯が当たると男性に痛みが生じるためです。また男性は、フェラをしてもらっているときに腰をうかせたりしてはいけません。喉奥に当たり、喉が傷ついたりペニスが傷ついてしまうことがあるためです。

他にも、乳首や睾丸を愛撫することに夢中になってフェラがおろそかになったり、逆の場合もあるため、どっちを優先させるかなどは相手の男性に聞いておいた方がいいです。