[48手体位]二つ巴(ふたつどもえ)のやり方・注意点

記事の著者:1101313

セックスを長い時間楽しみたいのなら、前戯にも長い時間をかけたいものです。そのような体位が、江戸時代から伝わる48手にも存在します。それが、二つ巴です。二つ巴なら長い夜のセックスを盛り上げてくれるに違いありません。

二つ巴のやり方

二つ巴は、お互いの性器を舐めあう体位。そのため、女性と男性お互いが気持ちよくなることができます。そんな二つ巴のやり方は、男性がまず床に寝た体勢をとります。女性は、男性の方にマンコを近づけ、顔がペニス付近にいくように配します。

イメージとしては、寝た男性の上に女性がぶさるような感じです。その体勢になった後、お互いの性器を舐め合たり、吸い上げたり、手でしごいたりして刺激していきます。

男性は、女性のクリトリスを舌で舐めなめしたり、指を使って膣を上下に攻めていくと女性が感じやすいです。

二つ巴は、通常のシックスナインよりも疲れにくいため、長い時間楽しみたいときに最適です。

二つ巴の注意点

二つ巴は、フェラとクンニをお互いにしていく行為のため、これらのスキルを高めておくと満足度も高くなります。

フェラの場合だと、一般的に気をつけるべきこととして歯をペニスにあてないことです。ペニスに歯が当たると結構痛いからです。それと、男性は腰を動かしたりして女性の喉を傷付けないように心がける必要があります。

クンニをする際には、男性がきちんと相手の気持ちのよいポイントを知っておく必要があります。そうでないと、相手の女性は気持ちよくなりません。

マンコを刺激して相手が気持ちよくなりすぎると体勢が崩れてお互い怪我をする恐れがありますので、クレグレも気をつけてください。