[48手体位]絞り芙蓉(しぼりふよう)のやり方と注意点

記事の著者:1101313

世の男性のなかで、女性の体が嫌いな人はそういないはず。セックス中でも女性の体を触っていたいという願望がある人におすすめの体位があります。それが、「絞り芙蓉」です。

絞り芙蓉では女性の体に絶えず触れながらセックスができます。

絞り芙蓉のやり方

絞り芙蓉は、乳首やクリなど女性の体を触りやすい体位です。背面座位の一つでもあります。絞り芙蓉は、まず男性の上に女性が座るような形になります。その後、ペニスを膣口に挿入。そして、ピストン運動を繰り広げていきます。ここでは、女性と男性が同じ方向を向いてください。絞り芙蓉(しぼりふよう)では女性が主体となりピストン運動を行います。

絞り芙蓉は、男性の両手が空くため女性の体を触り放題できます。乳首やクリトリスや愛撫しながらセックスすることで女性の快楽が増します。

絞り芙蓉の注意点

絞り芙蓉は、挿入感が浅くなるのがデメリット。そのため、男性にとってはピストン運動による快感は正常位に比べて減少します。

女性は、男性から乳首やクリトリスを攻められるため挿入以外の快感を得ることができますが、男性はピストン運動以外の刺激がありません。この体位は、女性の体を味わうためにあるものなので、そこは割り切るしかないでしょう。

それと、ペニスにある程度の長さがないと難しいので、腰を振りすぎるとペニスが抜けてしまいます。

女性も興奮するとピストンが激しくなり、体勢が崩れることもあるため気をつけましょう。