[48手体位]立ち鼎(たちかなえ)のやり方と注意点

記事の著者:1101313

家でセックスをするのもいいけれど、野外など他の場所でもやってみたい方にお勧めの体位が、立ち鼎。立ち鼎は、48手の一つで、場所を選ばずに挿入することができます。

密着感もあり、愛情と快感を得ることの出来る体位でもあります。

立ち鼎のやり方

立ち鼎は、場所を選ばずに気軽に出来る体位。立ち花菱は、クンニの技法ですが、立ち鼎は挿入技です。そんな立ち鼎のやり方は、まず男女お互いに立ち向い、男性が女性の片足を持ち上げていきます。そうすると膣口がむき出しになるため、その膣口にペニスを挿入していけば、立ち鼎の完成。

立ち鼎は、どんな場所でもやりやすく狭い場所や野外セックスも可能です。挿入感はそこまで深くないですが、立ったままの状態で行うセックスは一般のセックスとは違う興奮をします。

それと、腰をすりつけるようにペニスを動かせば女性のクリトリスを刺激できます。

立ち鼎の注意点

立ち鼎を行うときに一番気をつけるべきことは、お互いが倒れないようにすること。女性は特に片足で立つことになるため、バランスを崩しやすいです。しかも体がグラグラしていると、挿入もしにくいためセックスに身が入りません。その時は、男性がしっかりと支えたり、安定しやすい壁際で行うと挿入しやすいです。

それと、女性と男性の身長差が大きいとやりにくい。一番やりにくいケースは、女性が男性よりもはるかに身長が高い時です。そのような時は、男性が何か体勢を安定することのできる土台に乗って行うといいでしょう。