SMで使われる拘束具とは?おすすめの拘束具3選

記事の著者:1143867

拘束具と言っても、病院で使うものや刑務所で使うもの、SMで使うものまで幅広い種類があります。今回はその拘束具のなかでもSMに使うものにフォーカスして紹介。

あまり人に聞くことが出来ないSMプレイですが、拘束具に種類があることを知ることでプレイのバリエーションが増えるのでおすすめ。

拘束具とは

拘束具とは、身体の自由を奪い、動きを封じるための道具や衣装を指します。太古では、縄等を用いて罪人を捕まえるために用いられました。

時代が変わるにつれ、縄が木になり後には皮や金属の素材へと変化していきます。拘束具の用途は、犯罪者や囚人の拘束から、病院や介護での利用やSMまでと多岐にわたります。

また、拘束具は捕らえるだけではなく拘束しなおかつ苦痛を与える物もあります。一見人に優しくない拘束具ですが、苦痛を快感と感じるSM愛好者を生み出しました。

拘束具の種類

拘束衣

周囲の人間や自身への危害を防ぐため、身体の動きを制限する物を指します。手足部分が袋状になっており、付属するベルトや鎖で身体を拘束します。

拘束状態では、動きが大幅に制限され身動きが取れなくなります。拘束された状態からの脱衣は不可能です。

猿轡(さるぐつわ)

布などを口内に押し込むか布を噛ませることにより、声を出すことを制限する器具。本来は布を結び、結び目を噛ませ頭の後ろで縛ります。

市販されている商品は、ゴルフボール程度の大きさのボールに紐が付くことにより同様の効果を得ることが可能です。

手錠・指錠

手首に付けることにより、腕の動きを制限する物を指します。指錠は手錠と同様で、手首ではなく親指に付け腕の動きを制限します。

手錠は本来警察官が、犯人逮捕に用います。金属製が多いが、近年では樹脂製のケーブルタイを用いることもあります。

手枷や足枷

拷問器具ではあるが、苦痛を与える物は少なく手や足の動きを制限し逃亡を防ぐ目的に用いられます。手首や足首を繋ぐ事で動きを制限しますが、形態は様々で多少の自由がある物から完全に固定する物まで存在します。

首輪

本来は動物の首に付け、動きの抑制や逃走防止に用います。ファッションとして、チョーカーやネックレスのように装飾品として人間が着用することもあります。

ほとんどが革製であるが、金属製やプラスチック製の首輪も。

貞操帯

女性の貞操を守るための金属製の器具。鍵が付いており解錠しないと外すことは出来ません。古くは、中世ヨーロッパで妻や愛人の浮気防止のために用いられていました。

ロープ

ロープや縄を用いて、身体を縛ることにより動きを制限します。縄は麻縄が多いですが、人間を縛る際には加工を行わないと肌を傷めることがあるので注意が必要です。

おすすめの拘束具3選

拘束具には色々な種類があります。初心者から上級者におすすめの拘束具を3種類を紹介。

2019豪華版 SMグッズ 12点セット

拘束具をはじめとした、豪華十二点セットで初心者から上級者まで満足できる内容です。パートナーとの間でより激しく情熱的にプレイを楽しむことが出来ます。

初心者でも安心できるピンクのカラーで、首輪や手枷などはソフト素材で肌の傷付きにも配慮されています。

セット内容:手枷 足枷 口枷 首輪 アイマスク 拘束ロープ 乳首クリップ 十字型枷 羽 鞭 ローター 収納袋の12点セット

Amazonで拘束具をチェック

M字開脚枷 SMプレイ用 拘束具

手足拘束で身体の自由を奪うプレイは、恐怖心が服従心へと次第に変化しスムーズな調教を可能にします。M字開脚のための、ジョイント式拘束具で縛りたいや縛られたい欲望を満たすことが可能です。

様々な体勢での拘束プレイを楽しむことが出来ます。気になる肌へ触れる部分には、ソフトベロア調素材を用い付け心地も配慮されています。

手枷:長さ26cm、幅5cm
足枷:長さ40cm、幅6cm
素材:リボン/ナイロンウェビング

Amazonで拘束具をチェック

開脚拘束具 SMベルト

強制的なM字開脚から逃れることの出来ない事での屈辱感やドキドキ感を楽しむことが出来ます。フリーサイズで各ベルトの長さ調整が可能な万能拘束具です。

ノーマルプレイに飽きた人や、SMプレイに踏み込めない初心者にも安心して使えます。

ベルト:全長244㎝×幅3cmクッション:長さ36㎝×幅6㎝×厚さ2㎝ 左右12段階調節可能。

Amazonで拘束具をチェック