13秒に1個売れてる「TENGAエッグ」普通のTENGAとの違いは?

記事の著者:1149109

男性なら誰でも知っているTENGAですが、同じシリーズに「TENGAエッグ」というものがあります。TENGAエッグが名前の通り卵型をしていて、サイズも小さいです。

オナホールとして利用できますが、普通のTENGAとの違いはどこにあるのでしょうか。

TENGAエッグとは

TENGAシリーズには主に4種類のオナホールがあり、その中の一つにTENGAエッグがあります。

形はたまご型をしていることから、TENGAエッグと名付けられ、オナホールという点では変わりませんが、形や感触、素材や値段などが異なります。

TENGAエッグのすごい所は、2017年11月までに累計販売が1800万個と、13秒に1個売れているという優れもの。形が小さい割に、どのサイズのペニスにもフィットするのが人気の秘密です。

TENGAエッグの中身は?

TENGAエッグの外見は卵そのものですが、ケースを開けると中からゴム状のオナホールが出てきます。大きさは本当の卵でいえば、Lサイズほどで手のひらに収まる大きさです。

すぐにオナニーが楽しめるよう、卵状のオナホールの中にはローションが入っていて別売りでローションを購入する必要はありません。

その場ですぐに楽しめるのがTENGAエッグに引き込まれる理由です。

また、TENGAエッグの中を見ると分かりますが、ゴム状の波が見えます。この波がペニスを刺激するようになっていて、亀頭にフィットする構造になっています。

さらに、普通のオナホールよりTENGAエッグは縦幅が短い作りになっているのも特徴で、主に亀頭を刺激できる仕様になっています。簡単に持ち運ばるのも嬉しい所で、外出の際には欠かさず持っていきたくなります。

TENGAエッグの素材

TENGAは素材にウレタンを使用している一方、TENGAエッグはストレッチ素材を採用しています。

TENGAはTENGAエッグに比べると、比較的がっしりとしたオナホールで、ペニスを挿入する際に、男性が動いて楽しむこともできるため、伸びる素材は必要ありません。

一方、TENGAエッグは簡単に使えるオナホールが売りになっていて、サイズも小さいことから、素材を伸ばしてペニスに挿入するためストレッチ素材が採用されています。中の構造は、TENGAエッグは簡素なものになっていますが、TENGAはギザギサの突起や、空気の圧を抜いて中を真空状態にするなど、細部にこだわりがあります。

TENGAエッグの価格

TENGAエッグは、単品の価格が500円とお値打ち価格なのに対し、TENGAは一番安いもので750円、一番高いもので1470円と値段に幅があります。

公式のオンラインストアでは、TENGA、TENGAエッグ共にセット販売もしています。

TENGAエッグは、本物の卵のようにパックに包まれて、6個セットで3240円。TENGAはプレミアムTENGAのそれぞれの種類が入った3本セットが3186円で販売されています。

TENGAエッグの使用方法

TENGAエッグとTENGAはオナホールで使用方法はほとんど同じです。

ただ、TENGAには最初からローションが中についていますが、TENGAエッグは付属のローションを自分で出してホールにつける必要があります。

少し違いがあるとすれば、TENGAは中の空気を真空状態にして締め具合を調整できたり、握り具合によって締め付けを強めたり、弱めたりすることができます。

また、TENGAには絞り出し機能が付いているものもあるので、最後まで精子を中に出す感触が味わえます。

TENGAエッグのメリット

TENGAエッグの最大のメリットは、その価格です。他のTENGAのオナホールに比べても、約半額ほどの値段で購入することができます。

また、簡単に使用できるのも他のTENGAシリーズにはない特徴です。TENGAは容器も大きく、持ち運びには不向きです。

しかし、TENGAエッグは手のひらに乗るぐらいの大きさなので、どこに持って行ってもほとんどかさばることがありません。

TENGAエッグはデザインも卵型でオシャレ。家に置いておいてもいやらしい印象がなく、女性が見ても偏見を持たれにくいのも嬉しい所です。

TENGAエッグのデメリット

TENGAエッグのデメリットは、簡素な作りなこともあり、TENGAと比べると感度は劣ります。また、あまり激しい使い方をしてしまうと、破れてしまったりと少し脆く感じることも。

また、TENGAエッグは自分でローションをつける必要があるため、少し面倒くさいと感じる人もいるかもしれません。

用途や、その時の気分によってTENGAの種類を選びたいですが、一回のオナニーを存分に味わいたい人はTENGAがおすすめで、サッと一抜きしたい人にはTENGAエッグがおすすめです。

AmazonでTENGAをみる