包茎だけどセックスしたい!包茎の人がセックスするとき気をつけること

記事の著者:編集部

多くの日本人男性が悩んでいると言われる「包茎」。日本人男性の約6割が仮性包茎または真性包茎と言われています。

仮性包茎は勃起すれば皮が剥けるので問題ないですが、勃起しても皮が剥けない真性包茎の人は、セックスのとき自分に自信が持てないばかりか、セックスが物理的にできない可能性もあります。また真性包茎の人は性感染症に感染する恐れも。包茎の人がセックスする際にどのような点に注意すればいいのでしょうか。

包茎の人がセックスするときに気をつけるべきこと

すぐにイクのを防ぐ

包茎の人は普段からペニスに皮が被っているので、包茎ではない人に比べて刺激に弱いです。そのため、セックスの最中に挿入すると、すぐに射精してしまう早漏気味の人が多いです。

対策としては、ピストン運動をゆっくり行う、休み休みピストンする、自分が感じにくい体位で行うなどです。

男性としては激しいセックスがしたいと思いがちですが、スローなセックスを好む女性もいます。

コンドームが外れるのを防ぐ

包茎の人は男性器先端のカリ部分が小さい人が多いようです。通常であればこのカリの部分がコンドームが外れるのを抑えるストッパーの役割を果たしてくれますが、引っ掛かりが小さいとコンドームが外れやすくなります。

そのため、ピストン運動の最中に止まってしまったり、激しい動きができず、セックスに集中できません。

コンドームは望まない妊娠や性病を防ぐには欠かせないものなので、きちんと根本までゴムを装着し、外れないよう注意しましょう。

自信がないなら前戯を長めにする

包茎の人は自分に自信がない場合が多いです。そのためセックスに消極的になってしまうことも。

しかし女性を満足させてあげたいという気持ちはあるはずなので、その分前戯を長めに設定しましょう。

前戯が長くて嫌だという女性は少ないです。キスや手マン、クンニなどをたっぷり行うことで、むしろ女性の満足度はアップするでしょう。

まず前戯を丁寧に長く行うことで、自分の射精のタイミングを後ろにずらすことができます。

ローションを使用する

包茎の人は皮のせいで、コンドームの装着やピストン運動に違和感を覚える人も。そんな人はジェルが多めに付いているコンドームやローションを使用しましょう。

ローションを使うことで滑りがよくなり、ゴムの装着や挿入がスムーズになります。

包茎のニオイに注意

皮を被っている部分には汚れが溜まりやすく、ひょっとすると悪臭を放つこともあります。

仮性包茎であれば自力で剥いて洗うことも出来ますが、真性包茎だとそもそも洗うこともできません。

細菌が溜まってしまうと、陰茎がんや、その他の性感染症にもなりやすいので、然るべき手術を受けましょう。

陰毛を剃る

包茎の人は、コンドームを装着する時に陰毛が絡まりやすく、場合によっては痛みを伴うこともあります。

最近では男性もVIOの毛を脱毛する人が増えています。衛生的になるだけでなく、毛をなくすことによって自分のペニスが大きく見える効果もあるので、毛が気になる人は思い切ってカットしてみましょう。

思いきっておもちゃを使用する

自分が包茎で自信が持てないのであれば、思い切って大人のおもちゃを使用してみましょう。バイブやローター・電マなど、最近のアダルトグッズは、見た目も可愛く、女性が一人でする時に使うこともあります。

自分のプレイに自信が持てなくても、おもちゃの強力な振動を武器にすることで彼女を満足させることができます。