セックスすると情が移ってしまう女性心理5選

記事の著者:ペン・ルーン

特に好きでもない人と流れでセックスしてしまった。なのに翌日からその人のことが気になって仕方がない。

そんな経験をしたことのある女性は多いでしょう。なぜ女性はセックス後に情が移ってしまうと考えるのでしょうか。

セックスすると情が移ってしまう理由

原因と結果を勘違いするから

これまで全然好きという感情がなかった相手とセックスした後に、急に気になり出す女性は多いです。

理由の一つは、原因と結果を勘違いしている可能性があります。

女性は「好きになってからセックスした」と思いたがるものです。「セックスしたい」が先に来てしまうと、自分でセックス大好きな女だと認めてしまうことになるから。セックスが大好きな女は何も悪くなく、むしろ普通だと言えますが、女性とは元より本音と建前を使い分ける生き物です。

建前としては「セックスしたいわけではなく流れでなんとなくしてしまった」なのですが、実際のところは「(正直言うと)セックスしたかった、そしてセックスしてみたら好きになった」が正しい解釈と言えます。

2.快感を愛情だと勘違いしている

セックスをすると脳にドーパミンと呼ばれる物質が分泌されます。ドーパミンは脳内麻薬とも呼ばれる物質で、強い快感を引き起こします。

基本的に人は快か不快かを選べと言われたら、ほぼ快を選びます。これは動物的本能を持つ人間の宿命です。

脳には報酬系と呼ばれる神経があります。セックスをすると報酬系と呼ばれる部分が活発化します。

セックスには非常に強い快感が伴います。愛情がないとセックスができないと思われていますが、理論上は愛情がなくてもセックスすることで強い快感を得ることが可能です。

報酬系が強化されると、より強い刺激を求めます。つまりもう一度セックスしたくなるのです。女性はこの報酬系の強化を愛情によるものだと勘違いしている可能性があります。

3.物語のヒロインになりきっている

セックスをした後に男性に対して情が移ってしまう女性の心理として、その女性がドラマや映画のヒロインになりきってしまっているという場合があります。

これはあくまで例えですが、要は「恋に恋をしている状態」。

付き合っているカップルであれば、愛情表現の延長としてセックスしますが、出会ってすぐに一夜限りの情事を重ねてしまうと、なにか運命的なものを感じて、気分も盛り上がってきます。その結果その相手の男性に対して情が移ってしまう事があります。

4.セックスの相性が良かった

相手男性とのセックスの相性が良いと、情が移ってしまいがち。

たとえば今の彼氏や元彼と比較したとき、セックスが上手ければ、「この人は初めてなのに私のことを分かってくれている」と考えます。

人間は自分のことを理解してくれている人に対して感情を持ちやす生き物なので、セックスにおいても同じことが言えるかもしれません。

5.現在孤独を感じているから

現在独り身で、寂しい生活を送っている人はセックスした相手に対して感情を持ちやすいでしょう。

自分の寂しさを埋めてくれることを、愛情だと勘違いしているフシがあります。

孤独なとき、人は精神的に弱ってくるので、そんなときに優しい声をかけられると一発で好きになってしまうのは男女問わず同じ。

セックス後に情が移ってしまうのは仕方のないことです。自分の気持に正直になって行動しましょう。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!