女性が喜ぶ乳首責めの方法10選

記事の著者:ペン・ルーン

彼女をセックスで満足してもらうためには、乳首責めは欠かす事ができない愛撫のひとつです。

これから女性が感度を上げられるようなちくびぜめの方法をいくつか紹介していきます。

女性に喜ばれる乳首責めの方法

ゆっくりと時間をかけて触る

女性により感じてもらうためには、じっくり時間をかけて乳首を責めることです。

そのためにはいきなり乳房を揉んだり、乳首を触ったりしてはダメ。キスからの首攻め、耳攻めを経て、気持ちが高まったタイミングで、胸を触るのがおすすめ。

いきなり直接胸を触るのもNG。まずは服や下着の上から優しく揉んでください。彼女が官能的な表情を浮かべたり、声をあげるようになったら、ゆっくりと下着を外しましょう。

いきなり乳首に触れず、下乳あたりを優しくマッサージするように揉んでみて。横乳のあたりにはスペンス乳腺と呼ばれる乳房の性感帯があるので、そこをマッサージするのもおすすめ。十分に優しく揉んだ後、いよいよ乳首を触ります。

乳首はソフトタッチが原則

乳首は特に感じやすい性感帯であるため、神経が集中しています。刺激に敏感な部位なので、いきなり強い刺激を与えてはいけません。

まずは指先でソフトタッチしたり、指で軽くつまんでみます。興奮してくると乳首が勃ってくるはずなので、親指、中指、人差し指、小指と、指のバリエーションを増やしながら、触るのがおすすめ。

原則として優しい刺激を細かく与えていきましょう。

舌使いが重要

指で十分に刺激を与えたら、次は口に含みます。いきなり激しく吸うのではなく、まずは乳首周辺に入念にキスをします。

乳首に当たるか当たらないかの際どいラインを重点的に責めることで、女性を焦らすことができます。

まずは舌を使い、乳首の先端を軽く舐めます。このとき女性の目を見ながら舐めるのが効果的。自分の乳首が舐められているという羞恥心を感じさせることができます。

軽く舌で転がしたら、口に含みます。そのときはなるべくヨダレを出しておくのがベター。摩擦を減らして、女性に感じてもらうためです。吸うときは歯を立てず、優しく吸いましょう。そのとき軽く空気も吸い込み、音をたてると、より官能的な気分に浸れます。

バストのGスポットを刺激する

女性に乳首攻めで感じてもらう方法の一つとして、バストのGスポットと呼ばれている部分を刺激するというやり方があります。

脇と横乳の間にあるスペンス乳腺を優しく愛撫しながら乳首を責めると効果的。

乳首はサイドから責める

乳首は先端部分が一番感じると思われがちですが、実は乳首の周りが一番感度が高いです。

なので先端ばかり責めず、乳首の横側を重点的に責めましょう。親指と人差し指でつまんだり、二本指で乳首を撫でると、適度に刺激を与えられます。

目隠しして責める

目隠しをするという方法も、実は有効なテクニックです。

人間というのは、五感を奪われると刺激に敏感になります。目隠しをすると視覚が奪われ刺激に敏感になっているので、乳首を普通に攻めただけでも感じやすくなるはず。

目隠しは家にあるネクタイなどでも代用できるのでトライしやすいでしょう。いつ触られるか分からないドキドキに、彼女も興奮すること間違いなし。

刺激には強弱をつけよう

女性の乳首はとても敏感なので、いきなりひねる、つねるなどの愛撫は刺激が強すぎます。ですが、女性の興奮が充分に高まり、体の準備が出来たのであれば、少し強めに刺激するのも有効です。

前戯においては一辺倒の刺激ほどつまらないものはありません。彼女の様子を見つつ、強弱と緩急をつけて優しく刺激しましょう。

氷を口に含んで吸ってみる

普段とは違う、トリッキーな技で乳首を責めてみてはどうでしょう。どこの家にもある「氷」を使った乳首攻めもそんなトリッキーな技の一つ。表面はツルツルで、ヒンヤリとした氷を一欠を口に含んで、彼女の乳首を吸ってみましょう。

いつもは温かい口の中がヒンヤリしていることで、別の刺激を与えることができます。

ポイントは、少し表面が溶けた氷を使うことです。冷凍庫から出したばかりの氷は皮膚にくっつきやすいので、ある程度溶かしてから使いましょう。

また長時間の攻めもよくないので、あくまでワンポイント、ササッと攻めて感度をあげるくらいがちょうどよいです。

赤ん坊のように吸ってみる

本来、女性の乳首は授乳のために存在しています。ですが授乳と性的な愛撫はまるで刺激が違います。

乳首自体が感じやすい性感帯なわけではなく、性的興奮によってドーパミンが放出することで、乳首が感じやすく変化するのです。

あえて、赤ん坊になったつもりで彼女の乳首を吸ってみるのもおすすめ。乳首の先端だけでなく、乳輪も含めた全体を刺激する感じで愛撫します。

女性の母性本能をくすぐる方法を試してみましょう。

言葉責めを交えながら愛撫

乳首をただ責めるだけでなく、乳首の状況や、今どういう風に責められてるかということを言葉にして伝えてあげる方法です。

乳首を攻められて感じている、ということを客観的に言葉にして聞かされることで、より一層「乳首を攻められている」ということを自分自身で認識してしまうはずです。

「きれいな乳首だね」という見た目の話でもいいですが、「乳首が固くなっている」「ビンビンだよ」という状態を伝えてあげることで、女性の興奮度はよりアップします。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!