セックスでイケない原因:オナニーのやり方に注意

記事の著者:ペン・ルーン

オナニーでは毎回イケるのに、セックスでイケるのは半分程度という女性が多いようです。男性に体を愛撫されること、男性器が自分の中に挿入されることは気持ちよく感じても、最後までイク感覚とは何かが違うという意見がほとんどです。

オナニーではイケるのに、セックスではイケないことにフォーカスして、理由が何にあるのか考察してみます。

セックスでいけない原因はオナニー?

shutterstock_1092508055

女性がセックスで中々いけない原因として、心理的な面と肉体的な面があります。心理的な面で言えば、緊張している、相手に対して不安を抱いているなどです。

肉体的な面だと、男性のセックスが下手か、女性がオナニーをしすぎているということが考えられます。

足ピンオナニーは気持ちよすぎてやばい?

足ピンオナニーをご存知でしょうか。名前の通り、足をピンと伸ばしたままの状態でオナニーすることです。足を伸ばすことによって膣により圧力がかかり、快感度がアップします。このやり方でオナニーをし続けていると、その快感に体が慣れてしまい、通常のセックスでイきにくくなります。これは男性も同様で、男性も足ピンオナニーをすることで膣内射精障害になる人もいます。

対策としては、足ピンオナニーをやめることです。座った状態になるなど、足を曲げた状態でオナニーを行うと快感度は高くありませんが、その状態でイクことになれないとセックスでもイクことができません。時間はかかりますが、少しつづ体を慣らしておくことが大切。

おもちゃの使いすぎ

まだ振動の強いバイブやローターでの刺激に慣れてしまうのも問題。最近のアダルトグッズは高性能のため、人が愛撫するよりも気持ちよくなっています。

そのためオナニーでアダルトグッズを多用する人が多いですが、使いすぎも考えもの。強い刺激は、時に人を不感症にしてしまうのです。

相手のセックスが下手?

男性のセックス経験が少ないと、十分にオーガズムを得られないことも。また多くの男性はアダルトビデオの影響を受けています。

アダルトビデオのセックスは演出のため激しく行われていることが多いです。そのため実際のセックスにおいて見よう見まねで行ってみても、女性サイドは気持ちよくないことも。その場合は、男性をうまく誘導し、自分の気持ちいいと思う場所を触ってもらう必要があります。

恥ずかしくてイケない

女性のなかにはイった時の無防備な姿を彼に見られたくないという思いを少なからず持っている人がいます。そのような思いが強すぎるとセックスに集中できなくなり結果としてイクことができなくなってしまうのです。

これを克服にはセックスする相手を信頼することが大切。男性はセックスをする時、愛する女性が感じる姿を見たいと考えています。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、相手を信頼してありのままの自分を見せてあげると関係性もより深まります。

女性が自分から動く

shutterstock_692587345

セックスでなかなかイケない場合は、自分から動いてみることも大切。いつもリードを男性に任せている場合は、たまには自分から主導権を握ってみて。

自分のからだのことをよく知っているのは自分自身。男性にどこが気持ちいいのかを伝えることも大切です。

セックスはひとりで気持ちよくなっても仕方ありません。お互いが気持ちよくなれるからこそ、一緒に行う意味があるのです。女性が自分から動くことで、男性との信頼関係が深まります。

どうしてもイケないという人は性感ローションに頼ってみてもいいでしょう。リュイールホットは患部に塗るだけでジンジンと温まる温感効果があります。女性だけでなく男性も気持ちよくなれるので、マンネリ解消にもおすすめです。

マンネリ解消に。ラブコスメ・リュイールホット

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!