セックスをおねだりする方法9選:小悪魔アピールが効果絶大

記事の著者:ペン・ルーン

無性に彼氏とセックスしたくなるとき、自分から誘いたくても照れなどがあって誘いづらいと思ったことはありませんか?

女性からアピールしないと、男性もその気にならないときがあります。どういう風におねだりしたら、自然にセックスできるのでしょうか。

セックスをおねだりする方法

shutterstock_407642968

彼氏をじっと見つめてからキス

彼女の思わせぶりな視線が集中すると、さすがに鈍感な彼氏でも何かを察することでしょう。

じーっと見つめてからキスをすると、それが始まりの合図となることがあります。したい気持ちを溜めて、とろんとした目で見つめることがポイントです。

彼氏に甘えた声で「欲しくなっちゃった」

欲しくなっちゃった…と甘えた声で言われると、その気にならない彼氏はいません。

回りくどい言い方は逆に恥ずかしくなってしまうので、ストレートに表現しましょう。セックスしたいという気持ちをストレートに表現することで、平常心だった彼氏もすぐに興奮します。

ベッドに座って、彼氏の手を引く

先にベッドに座って、彼氏の手を引いてベッドに導いてあげることによって、セックスしたい気持ちを伝えます。先にベッドに座っていることが、準備はOKという意味です。

何もしてこないようなら、導いた手をあなたの身体に触れさせると良いでしょう。

一緒に寝ながら、くっつく

becca-tapert-357529-unsplash

彼氏と同じ布団に寝ているとき、何にもされないと淋しいですね。そういう時は、彼氏にくっつくことで、こちらのセックスしたい気持ちを汲み取ってくれるでしょう。

鈍感な彼氏に対しては、胸を押しつけるとその感触で理性が静かに崩れていきます。

彼氏にセクシーな下着を見せる

shutterstock_367106954

セクシーな下着をまとった彼女の姿を見ると、彼氏は興奮せずにはいられません。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってセクシーな下着姿を彼氏に見せつけましょう。男性は女性以上に目による性欲喚起をするので、とても有効な方法です。

お酒を飲んだ勢いでセックス

恥ずかしくておねだりできないという人は、お酒の力を借りるのもひとつの方法です。

お酒があなたを大胆にして、普段なら恥ずかしくて言えないようなおねだりもスムーズにできます。赤らんだ頬が、興奮して恥じらっているように見えるのもポイント。

彼氏に触ってほしい部分を、触って見せる

より大胆にセックスをおねだりしたいときは、触ってほしい部分をみずから触って、彼氏に見せる方法があります。

積極的におねだりしている姿に、彼氏は自分の手でその部分を触りたくて仕方なくなるでしょう。積極的に気持ちを出しつつ、恥じらう様子を見せられたら最高です。

彼氏の性感帯を責めてセックス

shutterstock_1195993129

彼氏の性感帯を責めて、セックスをおねだりしましょう。最近はスマートフォンの普及もあって、男性の性感帯がどこにあるのか、インターネットで簡単に調べることができます。

責めるといっても乳首や耳を舐めたりするわけではありません。それは前戯になってしまいます。耳もとで小さな声で話しかけたり、胸に顔をうずめて、セックスしたいという気持ちをアピールしましょう。

いやらしい手のつなぎ方をする

いつもの恋人つなぎとは違う、いやらしい手のつなぎ方で彼氏にセックスしたいという気持ちを伝えてみましょう。手だけでなく手首までつなぎ、密着度を高めたり、手のひらを愛撫してみましょう

手のひらの触り方としては、指の腹でそっと触ったり、指先でカリカリといやらしく触るのがベストです。実は手のひらは性感帯が集まりやすい部分の一つです。そのため、彼氏にセックスしたいという気持ちを精神的にも肉体的にもアピール出来ます。

積極的におねだりできる彼女は愛される

男性は狩りが好きな性別だとはいえ、毎回自分から誘うのも気まずいと思っている側面もあります。女性から積極的におねだりすることで、2人のマンネリも解消できるでしょう。

可愛くセックスをおねだりできる女性は少数派のため、手放したくないと考える男性も多いです。

しかしどうしても自分からアピールするのは恥ずかしいという方には、彼にバレずにセックスに誘う方法があります。

169b89c072d92d9fe5f7ca73d05df167

ベッド専用香水「リビドーロゼ」は、ベッドに一振りするだけで、男性の本能を刺激し、衝動を起こさせる魅惑の香水。累計35万個も売れている大ヒットラブコスメ。

関係がマンネリ化している、彼から誘ってこないなどお悩みの方にとくにおすすめで、嗅覚を使って男性の脳を直接刺激することで、男性がムラムラする可能性が高まります。もちろん普通の香水としても使えるので、いつも冷め気味の彼氏から誘ってくることがあるかもしれません。

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!