人間がセックスをする意味:子どもを作る目的以外の意味とは

記事の著者:ペン・ルーン

人がセックスする意味とはなんでしょう。セックスがそんなに好きじゃないという人にとっては、子どもを作る以外にセックスする必要があるのか考えてしまうもの。

セックスには快楽以外にも、癒し・愛情表現・性欲の解消など、肉体的、精神的にさまざまな意味があります。答えがない問いではありますが、人間がセックスする意味について考えてみましょう。

セックスをする肉体的な意味とは

愛のあるセックスで子供をつくりたい

科学の進歩により、将来的に遺伝子操作で生まれてくる子ども出てくるでしょう。実際、精子バンクや精子提供によって、セックスがなくても子どもは作られています。

近い将来、妊娠、出産に対する考え方は変化するはず。しかし、愛のあるセックスで自分の子供をつくりたいという気持ちをもっている夫婦は多いでしょう。

愛のあるセックスで子供を作ることができたら、子育ての大変さにもきっと耐えることができます。

魅力的な異性との肉体的快楽

人間が生きていくうえで、快楽は欠かせないものです。セックスが子づくりだけのものではないことが、人間の人間たる所以でもあります。

道をはずさなければ、魅力的な異性との肉体的快楽は、セックスの大切な側面です。

活発な行動を起こす原動力

男性ホルモンや女性ホルモンは、あらゆる活動の源です。男性に多いテストステロン、女性に多いエストロゲンは、セックスによって活発に分泌されます。

女性や男性の肉体的特徴、「らしさ」と呼ばれるものはも、ホルモンが活発に分泌されることで形成されるものです。

セックスをする精神的な意味とは?

ストレスの軽減

セックスの緊張と弛緩のリズムは、心地よい睡眠をもたらせてくれます。また、それによって気力の充実や食欲増進など体調が整うことで、精神的なストレスも軽減できます。

相手を楽しませてあげたいという気持ち

ふだん自分の欲望だけに目がいきがちですが、セックスの場面では相手がいる以上、相手とともに楽しむことが絶対条件です。そのとき、相手を楽しませてあげたいという思いやりが生まれます。

セックスによる思いやりの気持ちは、直接相手に響くものなので、二人の生活全体にプラスの影響を及ぼしてくれるでしょう。

孤独感が和らぐ

相手との満足がいくセックスを経験できると、心がひとつになったような深い喜びを感じることができます。この時間は、他では得られない、孤独感が和らぐ時間になります。

セックスすることに意味はある

相手を思いやり、お互いに満足できるセックスを経験することは、人生において重要な意味を持つでしょう。子どもを作るだけでなく、お互いの愛情を肉体で感じることができれば、その分人生も味わい深いものになります。

どうすればいいセックスができるかを追求することで、人生がさらに豊かなものになるでしょう。

この記事の執筆者・監修者

ペン・ルーン

40歳男性。元カメラマン。前職時代の親交があったスタイリストからの紹介で古着卸と知り合い、古着ネット販売の世界へ。「出会い系」遊びはテレクラからの時代からと長い。有益な「遊び」の情報をお伝えできればと思います!