セックスライフを充実させる4つのポイント

記事の著者:1221563

人生100年時代に突入しようとしている今。この先何歳までセックスできるのだろうかと不安になる人も多いでしょう。

性欲は人間を司る重要な欲求の一つ。恥ずかしがらずに、パートナーとともに、どうすればセックスライフが充実するか考えていきましょう。

人生におけるセックスライフは何歳まで?

コンドームメーカー「ジェックス」が調査した日本のセックスサーベイによると、「この1年間に1回以上セックスした割合」は以下の通りとなりました。

50代男性 58.5%
50代女性 38.3%
60代男性 50.5%
60代女性 38%

ジャパン・セックス・サーベイ(2017)

調査では70代以降のデータは不明ですが、最近はバイアグラの普及や、健康年齢の上昇により、70代以降でも定期的にセックスしている人は増えていると考えられています。

体力的にセックスを諦めてしまう人も多いですが、残りの人生においてセックスライフを充実させるためには、どのような意識が必要なのか見ていきましょう。

充実したセックスライフを送るコツ

コミュニケーションを欠かさない

結婚生活が長くなっても、夫婦における何気ない会話は大切。セックスの回数が減ってきても、何気ない会話をすることできっかけになります。

まったく会話がない夫婦は得てしてセックスレスになりがち。

細かいことでも、あなたの感情における喜びや、不安などを伝えることで、お互いが素直になれます。まずは自分の性欲を認め、相手に理解してもらうことがセックスライフを充実させる第一歩です。

定期的に触れ合いを

日本人は欧米諸国の人と比べて、触れ合いをしない民族と言われています。

文化的な差異もありますが、定期的に触れ合うことで愛情を伝えることができます。

言葉だけでなく行動でも愛情を伝えていくことが大事です。

相手の話に耳を傾ける

自分のことだけでなく、相手を慈しむ気持ちが大切です。もしパートナーの肉体に勃起不全などの障害が出ていたとしたら、親身に相談に乗りましょう。

夫婦に大切なのは対話です。セックスライフを充実させるには、相手の言葉に耳を傾ける必要があります。

相手を思いやる態度

一番大切なのは、相手を思いやる態度です。相手はあなたの態度を敏感に感じています。

自分一人で楽しもうとしてないか。初めてのセックスで不安になってないか。二人で一緒にセックスを楽しもうとしているかどうか。

そういうことをしっかりと観察していて、あなたの態度次第で相手も気持ちや行動を変えます。

セックスにおける態度に関して、特に女性が敏感になるのは、問題が起こった時です。

例えば女性側がまだ準備ができていないのに挿入しようとしたとします。その様子を見た女性は「この人は自分のことしか考えていない男性だ」と認識します。

問題が起きたときは、あなたが相手のペースに合わせましょう。そうすることによって女性はあなたに気遣われていると認識し、またセックスを求めるようになります。自分一人の快楽におぼれないで、パートナーと一緒にセックスを楽しむことを念頭に、より充実したセックスライフを送りましょう。