大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

すぐ濡れるのは彼のことが好きだから?濡れやすい彼女の特徴5つ

PARTNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

セックスのときに濡れにくい女性と濡れやすい女性の2つのタイプがいます。

男性としては、できれば濡れやすい女性の方が、自分のテクニックで濡れいると実感できたり、挿入時の気持ち良さも違ってきます。

女性としてもセックスのときに濡れないのは、彼とのセックスがよくないみたいでプレッシャーになってしまうこともありますよね。

そこで今回は、セックスのときに濡れやすい女性の特徴をお教えします!

濡れやすい女性の特徴とは?

キスしてちょっと触られただけでビショビショになってしまう子もいるでしょう。

なぜ濡れやすい子と濡れにくい子がいるのでしょうか?そして濡れやすい子には特徴があるのでしょうか?

まずは濡れやすい女性の特徴を紹介します。

1.セクシーなファッションを好む

胸元がパックリと開いたような服や太ももが露わになるようなファッションを好む女性というのは、セックスアピールが強いので性欲も旺盛である事が多いです。

そして、自分でも気付かないうちに肌の露出が多いファッションをしている女性も性欲が強く、性欲が強い女性というのは濡れやすい傾向にあります。

2.ご飯をよく食べる

濡れやすい女性の特徴の1つとして、ご飯をよく食べるという特徴があります。

食欲と性欲を感じる部分というのは、けっこう似ている所あるので、ご飯をたくさん食べたいとか美味しいものを食べたいという風に、食に対する欲求が強い女性ほど性欲が強い場合がおおいので、濡れやすいといった傾向にあります。

3.控えめで大人しい女性

セックスの時に濡れやすい女性の中には、普段は控えめで大人しいといったような人たちがいます。

日常で人と接している時には、恥ずかしがり屋な性格のために、控えめで大人しい印象を持たれますが、一旦心を許せる男性とのセックスとなると今まで抑えていた感情を一気に開放する傾向にあるので、濡れやすい女性が多いです。

4.巨乳の女性

セックスの時に濡れやすい女性は巨乳であるといった特徴があります。

おっぱいの大きい女性というのは何事にも好奇心旺盛で、いつも明るく元気でアクティブな性格の女性が多いのでセックスに対してもとても積極的な傾向があります。

そして、ホルモンの分泌も盛んに行われているので濡れやすい体質である事が多いです。

5.お酒が弱い子

濡れやすい女性の特徴の1つとして、お酒がが入っている状態があります。

お酒を飲んで酔っ払ってくると開放的な気分になるので、性欲が湧いてきてセックスしたい気分になってくる事も。

そして、お酒を飲んでいる事によって血液の流れも良くなっているので、その状態でセックスをするとすぐに濡れてしまったりします。

そのため、お酒に酔いにくい子よりも、お酒に酔いやすい子の方が濡れやすいのです。

濡れやすい彼女を彼氏はどう思っている?

セックスする雰囲気を感じてしまっただけでも濡れてしまう女の子も中にはいるでしょう。

しかしすぐビショビショになってしまうことに、彼氏がどう思っているかとても気になるし、毎回セックスするとき不安ですよね?

そこで濡れやすいビショビショ彼女を彼氏がどう思っているのか紹介します。

1.エロい

濡れる=感じてくれている=俺はテクニシャンだ!と考える男性は非常に多いです。

そのため全く濡れない彼女とセックスするよりも、いつもビショビショに濡れてくれる子とセックスをする方が、エロさを余計も感じて、より気持ち良くなれるものです。

「淫乱、慣れてるって思われないかな」と思う女性もいるかもしれませんが、そんなことはありません。男性がセックスをしているときは、自分のことしか考えていない人がほとんどです。

2.嬉しい

男性はセックスで「気持ちよくなりたい!」と考えるのと同じくらい、彼女に気持ちよくなって欲しいと考えているものです。

そのため、ビショビショ彼女に対して「嬉しい」と感じることがほとんど。逆に濡れていなかったときの方がショックを感じるでしょう。

3.いじめたい

ビショビショ彼女を見たときには、ほとんどの男性が「もっと恥ずかしがってるところが見たい!」という気持ちになります。そのため「いじめたい」と感じるのです。

彼氏を興奮させるためにも、すごく恥ずかしがってみてはいかがでしょうか?

なんでこんなに濡れちゃうの?濡れるのを防ぐ方法

濡れるといっても毎日1日何回も下着を取り替えないといけないほど、濡れる訳ではないのであれば、病気ではありませんし、心配することはありません。

生理周期や体調によっても愛液の量は変化します。自分ではコントロールできるものでもありません。

そんなときは、おりものシートで濡れを防いだり、セックスのときはローションを使用したり、お風呂でエッチするのがいいかもしれません。