妊娠中はセックスできる?どのタイミングでセックスすべきか

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

妊娠中でもセックスしたいというよう欲求は湧きます。しかし心配なのはお腹の赤ちゃんのこと。

赤ちゃんのことを考えるとセックスしないほうがいいのか、でもそうすると愛する相手と1年近くセックスできないことになってしまい、それはそれで辛いもの。

結論から言うと、妊娠中にセックスをしても問題ありません。ただしいつものセックスよりは細かな配慮が必要となります。妊娠中にセックスをする際、注意するべきことについて紹介します。

妊娠中にセックスしていいのか

ignacio-campo-339901-unsplash妊娠中にセックスしても問題ありません。初期・中期・後期と時期によって、セックスしてはいけない期間が決まっているというよりは、そこは妊婦の体調によりけり。

体調的に無理だと思うならセックスはしないほうがいいでしょう。

世の中には妊娠中も変わらずの頻度でセックスする夫婦、妊娠前よりセックスの回数が減る夫婦、まったくしなくなる夫婦と様々な夫婦がいます。妊娠中の夫婦は話し合って、どれくらいの頻度でどんなセックスをするのか決めたほうがいいでしょう。

いつまでやっていい?

産婦人科医は「妊娠中のセックスは問題ない」と回答する人がほとんどです。経過が順調であれば、特段気にする必要はないでしょう。

どうしても不安な人は、妊娠3ヶ月目までは、胎児は不安定な状態にあるので、安定期になるまではしない方が無難でしょう。

場合によっては、お腹が張ったり出血するなどのタイミングでは危険なこともありますので、注意が必要です。

大丈夫なタイミングを理解し、妊娠中も安全なセックスをしましょう。

妊娠してすぐのセックスは危険

妊娠してすぐのセックスなどは非常に危険です。

安定期に入る前の体は非常にデリケートで、場合によっては切迫流産の危険もあります。そういった状況では、妊婦も気が経っていることが多いですから、気持ち的にも無理なことが多いです。

妊娠中にセックスするときの注意点

妊婦の状態を確認する

妊婦の体はとてもデリケート。妊娠の経過や、妊婦の心のバランスを見ながら行いましょう。妊婦のメンタルや体調が落ち着いたタイミングで誘うと良いでしょう。

つわりなどがひどいときに無理にセックスをする必要はありません。体調と相談しながら、無理のない程度に行っていきましょう。

乳首を刺激しすぎない

おっぱい自体を触ることに問題ありませんが、過度な刺激を与えると子宮収縮につながる可能性も。

乳首など敏感な部分を触りすぎないように気をつけましょう。

ペニスが赤ちゃんを傷つけることはない

挿入するとペニスが赤ちゃんに当たってしまうのではないかという不安を持つ人がいますが、子宮口が閉じていれば赤ちゃんを傷つけることはないのでご安心を。

ソフトタッチを心がける

妊娠中にセックスOKとは言え、激しすぎるセックスはご法度。妊娠中の膣は大変デリケート。激しい手マンや道具を使っての刺激は厳禁です。お腹の大きさが目立ってなくても、

体位

妊娠中のセックスでは体位に気をつけましょう。

おなかを圧迫するような体位はご法度。妊婦にもよりますが、比較的ラクな体位は側位です。横向きに寝た女性に対して、男性が後から挿入します。

側位のいいところはバックよりも激しくなりにくいところ、正常位のようにお腹を圧迫しないところです。

妊娠中に中出ししたらどうなる?

精液には雑菌や、プロスタグランジンと呼ばれる子宮収縮を促進する物質が含まれているため、妊娠中のセックスではコンドームをつけることをおすすめします。

コンドームをつけずに中出ししてしまうと、早産や破水する危険性も。

お腹が張っているときは?

alicia-petresc-1144261-unsplash体調や妊娠の経過によっては、お腹が張っていると感じることがあります。そういった場合は、検診で問題なければセックスを行っても構いませんが、余りにも苦しいと感じる時は控えるのが賢明。

張りがあまりにも辛い場合は、誘われてもセックスは控えましょう。少しの心遣い次第で、子供にも母親にもかかる負担が減ります。

一方、お腹が張っているということは、妊娠中はよくあることです。そのため少しの張りで体調が安定しているならば、特に気遣う必要はありません。また、妊娠の期間が長くなるほど、お腹が張る頻度は高まります。そういった際は、お腹の張り具合や大きさ、検診の結果次第でセックスを行っていきましょう。

旦那さんにも理解してもらうことで、スムーズに意思疎通をすることができるでしょう。しっかりと話し合いを行いながらコミュニケーションをとることが大切です。

血が出たら危険

妊娠中のセックスで最も気を付けなければならないのが、出血時です。

生理の時のような出血をすることがありますが、そういった場合のセックスは危険。衛生面などをきれいに保てていない場合や、胎児に問題が生じている場合など出血します。そういった際は気分的にも体調的にもナーバスになっていますので、セックスは避けるべき。無理してセックスをすると流産や胎児に影響を与えてしまうこともあります。

出血は体からのサインですから、セックスを無理に行うのではなく、まずは母子の体の安全を確認しましょう。病院から問題ないと診断されてから、安心な環境でセックスをすることが大切です。

妊娠中の性欲

妊娠中であっても性欲が増す人もいれば、逆に性欲がなくなる人もいます。妊娠中はホルモンバランスの変化が激しく不安定。

妊娠中にセックスすることは変なことではないので、あまり気にしすぎもよくありません。むしろ我慢しすぎると体に毒。

また妊娠が発覚すると旦那が誘ってこなくなったという人もいます。

妊婦を女性として見れないと考え、悲しくなる女性もいますが、そんなことはありません。

旦那はあなたの体を気遣って誘ってこなくなっただけの可能性もあるので、妊娠前と変わらない態度で接してみましょう。

関連した記事

ノーパンで過ごすメリット&デメリット

ノーパンで一日を過ごすという人がいます。叶姉妹など...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

彼氏がエロすぎて困る瞬間:ムラムラしてきたらどうしたらいい?

男性はエッチな生き物です。日中、仕事中にもかかわら...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

生理前のイライラはPMSが原因?彼に会いたくないときの対処法

生理前にイライラしてしまう女性は多いと思います。そ...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

いま話題の記事

特集