大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

朝オナニーのメリット&デメリット:朝オナに期待できる効果とは?

PARTNER編集部
公開, 更新 , 男のオナニー

男女関係なくオナニーをしますが、気になるのはオナニーのタイミングです。

多くの場合は、ちょっとしたスキマ時間や夜寝る前のはず。

だけど休みの日となると、朝起きてすぐオナニーをしてしまうこともあるでしょう。男性の場合は朝立ちの状態からそのままオナニーすることもあります。

ただ朝からオナニーすると疲れてしまうのではないかという懸念も。朝オナニーの効果やメリット、デメリットを見ていきましょう。

朝オナニーの効果

朝オナニーで幸福になれる

朝オナニーを行うと、脳内にドーパミンという興奮物質が出るため、エクスタシーを感じたあとは、幸福感を得ることができます。

自分から受け取る幸福感では無く、本能で得られるのです。

また、午前中からムラムラしてしまい、思わず会社のトイレでオナニーをしてしまう癖があるような人は、朝オナニーをしておくとオナニーで業務中席を外すこともなく、仕事に集中できるでしょう。

眠気を飛ばして頭スッキリ

中途半端に眠い朝などは、朝オナニーを行うことで眠気を飛ばす効果が期待できます。眠気が一度飛んでしまえば、その後は通学や出勤準備に取りかかることが出来、普段よりもテキパキと行動することができます。

気分を落ち着かせることもでき、朝早く起きてしまうときは体が緊張状態にあると考えられます。「最近何となく疲れている」と感じたときは、朝オナニーをすると気分が整理され、モヤモヤも解消されるかもしれません。

朝オナニーのメリット

効果が多い朝オナニーですが、そのメリットは何でしょうか。最も大きなメリットは、朝オナニーをおこなう習慣を作ると、生活リズムが変化することです。

朝型人間に

今まではアルコールや惰性で夜オナニーしていたものが、ある意味目的意識を持って朝オナニーを行うことができるため、朝型人間へと変われるチャンス。

朝からオナニーするので、興奮して新陳代謝が活発になっていきます。体温にも変化が訪れ、朝オナニーを行う前と行った後では、朝起きることが辛くないと感じるようになるかもしれません。

女性は、性欲を満たすと食欲が抑制される効果があります。その理由は性欲をつかさどる中枢と、食欲をつかさどる中枢が近い場所にあるので、自ずと朝食を普段より食べずに済み、ダイエット効果もあります。

時間を有効活用

また朝は、通勤通学の時間が決まっているため、限られた時間内でオナニーをする必要があります。いままではオカズを探すために無駄に使っていた時間が、効率よくイク必要があり、長い時間オナニーをしてしまう人にとっては、効果的な時間が使えるようになります。

朝オナニーのデメリット

疲労感、二度寝してしまう危険性

まずオナニーをすると言うことは性欲解消を目的としているので、エクスタシーを感じなければ目的達成にはなりません。

そのため朝オナニーを行ってエクスタシーを感じたら、思いの外疲労を感じてしまい、二度寝をしてしまう可能性があります。エクスタシーを感じた達成感と疲労感で睡魔が襲い、寝落ちしてしまうケースも。

朝からヌイてくれる人がほしい

朝オナニーもいいですが、できれば朝からセックスできる人がいるといいですね。

Jメールは累計会員数600万人を超える国内最大級の出会い系サイト。出会いを求めている人は当然ですが、エッチな欲望をもった女性も多いです。

人には言えない性癖やアブノーマルな趣味をもった人も多いので、手コキやそれ以上の欲求を解消するにはもってこいでしょう。近くに条件に合う女性がいないかチェックしてみて。

Jメールに無料登録(18歳以上)