大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

”筆おろし”とは?彼氏を筆下ろしするときの3つのポイント

PARTNER編集部
公開, 更新 , 童貞

付き合った人が実は童貞だった。初めての人になれるのは嬉しいけれど、「エッチが下手で楽しめないかも」などと心配になります。童貞を初めて相手にすることを「筆下ろし」と言います。筆下ろしをすることで、一歩男に近づくことが可能です。記念すべき彼氏の筆下ろしを成功させる3つのコツを紹介。

筆下ろしとは

筆下ろしとは、本来新品の筆を使用可能な状態にすることを指します。新品の筆は毛先に糊がついているため、いきなり墨汁を含ませることはできません。

書き始める前に、筆をほぐして使いやすい状態にします。この意味が転じて、童貞の男性がアソコを初めて使うこと=初セックスを「筆おろし」と言います。

ちなみに女性の場合は「秘め始め」と言います。

彼氏を筆下ろしするときに気をつけること

彼氏が自らムードを作れるように育てる

はじめは童貞の彼氏を、あなたがリードしていかなければいけません。セックスにつながる雰囲気を作っているのもあなたでしょう。

しかし、これをいつまでも続けていると、彼氏はセックスしたい気持ちを自分から表現しなくなり、「誘わない男」へと変貌します。数回セックスをしたら、あなたからは誘わないようにしましょう。

何事もはじめが肝心です。うまくムードが作れる彼氏になれるように、見守ってあげてください。

我慢の限界だと言う人は、マッサージしてみると彼に言ったり、セックスをする前の過程でお互いに抱きしめ合ったりするのがよいかもしれません。

本当に気持ちいい時しか喘がないようにする

童貞の彼氏が頑張っていると、心優しいあなたは感じている演技をしてあげることがあるかもしれません。

しかし、それは絶対にNG。彼氏の気が大きくなり、テクニックを磨かなくなります。あなたの反応を見て、あれこれ試す姿勢を覚えさせましょう。

あなたからのアドバイスは必須

右も左もわからない童貞彼氏は、愛撫の強弱や挿入のタイミングなど、あなたが望むものとは程遠い事をしてくるでしょう。

しかし、呆れたり怒ったりするのはグッと堪えて下さいね。常にビクビクしながら手探りでセックスに挑んでいる彼氏は、簡単に傷つき打ちのめされてしまいます。

愛撫が痛い場合や、もっとしてほしいと思った時は、可愛らしくおねだりしましょう。あなたからの的確なアドバイスで、彼はあなた仕様のセックスをマスターしてくれますよ。