大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]
    意外な落とし穴も?彼女とラブホにいく前に知っておきたいこと

意外な落とし穴も?彼女とラブホにいく前に知っておきたいこと

PARTNER編集部
公開, 更新 , セックス

カップルであれば一度は行く機会があるであろう、ラブホことラブホテル。

ですがラブホは普通のホテルと異なり、独特なシステムや意外な決まりがあるところも多いです。

このことを知らずにラブホで失敗してしまった経験がある、というカップルは意外と多いです。

この記事では彼氏とラブホに行く前に準備することやラブホ特有のプレイや遊び、ラブホでやってはいけないことなどを紹介します。

彼氏とラブホに行く前に準備すること

彼氏とラブホに行くことになった際、事前に彼女側が準備しておいた方がいいことにはどんなものがあるのでしょうか。

彼氏と素敵な時間を過ごすために、ラブホに行く前に準備することを紹介します。

ムダ毛の処理

彼氏とラブホにいくのであれば、ほぼ確実にセックスを行うでしょう。

そのためムダ毛の処理は、絶対に忘れてはなりません。

ラブホでもお風呂に入るしその時にでも…と考えるかもしれませんが、ラブホのお風呂は大きいため折角なら二人で入ろうかとなることも多いです。

その時にムダ毛の処理があるからダメ!などと拒んでしまっては、折角の雰囲気が台無しです。

ムダ毛の処理は必ず、自宅で済ませておくようにしましょう。

ホテルのリサーチ

ラブホテルは比較的、設備などが整っている所が多いです。

アメニティとしてスキンケア用品一式を貸してくれたり、中にはお化粧用品を貸し出してくれるというホテルまであります。

ただ良いサービスばかりでもなく、ラブホテルは一度入室してしまうと以降は外出ができないといったホテルが非常に多いです。

そのためうっかり何も買わずに入室し、後からあたふたする羽目になる場合もあります。

ホテルによってルールやサービス内容は様々なので、自分たちが行こうとしているラブホテルについてある程度チェックをしておいた方がいいです。

事前に確認をしておけば無駄な出費や荷物を減らすことができます。

彼氏とラブホでしかできないプレイや遊び

心置きなく声を出してのセックス

普段のセックスではご近所を気にして、カップルは声を抑えてセックスをせざるを得ません。

しかしラブホでは、そんなことを気にすることなく思い切り声を出してセックスをすることができます。

恥ずかしがらずに普段より大胆に声を出せば、彼氏も興奮すること間違いなしです。

ぬるぬるマットプレイ

マットプレイというと風俗やソープのイメージが強いかもしれませんが、意外と男性側はロマンに感じている人が多いです。

とはいってもマットを敷いてのプレイは、広い浴室ではないと不可能。

ラブホは大抵がお風呂は広めに作られているので、折角ラブホにきているなら試す価値はあります。

道具を使ってのセックス

ラブホテルには大人の玩具やコスプレ衣装など、普段はちょっと手が出しにくいものが多くあります。

折角ラブホテルにきたのであれば、思い切ってそういったもので遊んでみるのもいいでしょう。

彼氏とラブホに行ったときにやってはいけないこと

ラブホテルはお手軽ながらも程よく非日常感が味わえるため、気持ちが浮かれてしまう女性も多いです。

しかしラブホでの行動によっては、彼氏の気持ちが萎えてしまうこともあります。

彼氏とラブホに行ったときにやってはいけないことには、どのようなものがあるのでしょう。

来たことがあることを匂わせる

現在の彼氏と初めてのラブホということであれば、以前もラブホを使ったことがあることをあからさまに匂わせる言動は避けましょう。

それなりの年齢の男女なのだからと考えるかもしれませんが、やはり過去の男の影が見えるような言動は彼氏としては面白いはずがありません。

折角これから甘い時間を過ごすのですから、いかにも慣れていますという雰囲気は出さないようにしましょう。

ホテルを雑に使う

洗面台周りに水をまき散らしてそのまま、お風呂の排水溝に髪の毛を流しっぱなし、退出時に片付けをしない…。

ホテルの使い方は、普段の生活の仕方を表していると言っても過言ではありません。

ホテルだから、お金を払っているのだからといって雑にホテルを使うと、彼氏は彼女に対して生活感がないガサツな子だという印象を抱くでしょう。

彼氏とラブホに行くときのお会計は?

彼氏と初めてのラブホにいくという際、つまづいてしまいがちなのがこの会計に関する問題です。

支払方法やそもそもホテル代の支払いの比率はどうするべきなのかなど、ラブホテルの会計に関する疑問を解説します。

ラブホテルの料金システムについて

ラブホテルの料金設定というのは特殊であり、最初は自分たちはいくら払うことになるのかいまいちわからないということも多いです。

基本的にラブホテルの料金は一人いくらという設定ではなく、一室の料金となっています。

また休憩と宿泊でそれぞれ値段設定をしているホテルがほとんどであり、時間や料金は各ホテルで違うので事前にチェックをしておきましょう。

ラブホでお会計する際

近年では様々なタイプのラブホテルが出てきていますが、基本的にラブホテルはフロントでスタッフと顔を合わせてチェックインやチェックアウトの手続きをしないところが多いです。

そういったホテルでの会計は、お部屋にある自動精算機で行います。

基本的には料金は後払いですが、外出が可能なホテルは前払い形式をとっている所もあるので事前に確かめておきましょう。

ラブホテルといえばエアシューター払いというイメージがあるかもしれませんが、実は現在ではほぼ使われなくなっています。

支払いの男女の比率

ラブホテルを満喫しいざ支払い…この時になって多くの女性の頭によぎるのが自分はお金を出すべきなのか、という問題です。

彼氏の性格にもよりますが、ホテル代は基本的に彼氏側に任せて大丈夫でしょう。

ホテル代を女性に出させるというのは、男性側としても恰好がつきませんので大抵の場合は出してくれます。