早漏改善トレーニング”セマンズ法”のやり方

PARTNER編集部
公開, 更新 , 男のセックスの悩み

男性にとってペニス、すなわち生殖器周辺の悩みは尽きないもの。

大きさ、包茎(仮性包茎)、ED、勃起力、などなど。人それぞれに何かしら悩みを抱えているはずです。今回はそのなかでも、「早漏」を解決するための方法について取り上げてみましょう。

セマンズ法とは何か?

早漏には医学的に明確な定義はありません。ですから、「男性が自分の意思よりも早く射精をしてしまった場合」「女性がもっとセックスを続けたいのに射精されてしまった場合」、つまりそれぞれ個人の主観によって「早い」と感じれば「早漏」と判断されることになります。

可能であればなるべく長くパートナーとのセックスを楽しみたいもの。そこで「早漏改善のためのトレーニング」が考え出されました。

早漏改善トレーニングは大きく分けてふたつあるのですが、そのひとつが「セマンズ法」。

セマンズ法は1952年、アメリカ・デューク大学の泌尿器科医、ジェームズ・H・セマンズ博士によって提唱されました。

セマンズ博士は「ヒトは学習行動によって早漏になる」と考えたのです。学習行動とは習得的行動とも表現され、「生物が生きてきた過程での、経験や学習によって形作られた行動」という意味です。

つまり早漏の男性は「セックスで性的刺激を受けてすぐに射精する」という経験をしたことがあり、脳がそれを覚えていて、無意識のうちに「セックス=すぐに射精するもの」と認識する、という結果を生み出します。身体の機能以前に「心理的早漏」になってしまっているのです。

ですから「セックスをしながら射精を我慢できるようにして、自分の望んだタイミングで射精が可能なように学習しなおせば、早漏は治せる」と考え、セマンズ法を考案したといわれています。

セマンズ法のやり方

セマンズ法はパートナーに協力してもらい実践することが推奨されています。ひとりでも出来ないわけではないですが、セマンズ法には第一段階から第四段階まであり、段階を踏んで徐々に早漏の改善を目指していきます。

第一段階で耐えられたら第二段階へ、第二段階で耐えられたら次の段階へ……というようにトレーニングを進めていくのですが、ひとりでセマンズ法を行なう場合は第一段階の訓練しか実践出来ず、十分なトレーニング効果を得ることが難しくなっています。

セマンズ法の第一段階

男性のペニスをパートナーの女性が手で刺激(手コキ)します。手コキの性的刺激はペニスを膣に入れるより大きいですが、心理的な興奮は一般的に膣への挿入より劣ります。心理的な興奮を少なくすることでペニスへの刺激に慣れていく段階です。

1.パートナーの女性が男性のペニスを手コキをします。その際、ローションやオイルを使用しても良いでしょう。

2.射精しそうになってきたら女性に手コキを止めてもらいます。

3.男性の射精感がおさまるまで待ち、再度刺激を与えられても大丈夫な状態になったら手コキを再開します。

4.上記の工程を4~5回繰り返す。

どうしても我慢できない場合最後に手コキで射精しても構いませんが、できるだけ射精はしない方が早漏の治療には効果があるそうです。

これは、どの段階でも同じとなります。射精を我慢する訓練ですから、可能な限り射精はしない方が良いとされているのです。

セマンズ法の第二段階

ここからは女性の膣にペニスを挿入してのトレーニングとなります。

男性は後側臥位(男女とも同じ方向を向いて横になり、男性が女性の後ろになる)で女性の膣にペニスの挿入をして下さい。

この体位では女性の顔や胸、陰部があまり見えず、視覚的な刺激は抑えられます。ペニスを挿入してもなるべく興奮をしないようにしながら、膣からの刺激に慣れる段階です。

工程は基本的に第一段階と同じとなります。

1.ペニスをピストン運動させ、射精感が高まったら一旦止めて下さい。

2.射精感がおさまったら再度、ピストン運動を行ないます。

3.どうしても耐えられない場合は、一度ペニスを膣から抜いて下さい。

4.上記の工程を5回程度繰り返す。

セマンズ法の第三段階

この段階では正常位でペニスの挿入を行ないます。

第二段階では見えなかった女性の表情や胸など上半身のほぼ全てが視界に入りますので、性的刺激は増すでしょう。その刺激に慣れ、射精を耐えることが目的です。

工程は第二段階と全く同じ。ペニスを挿入してピストン運動を行い、射精しそうになったら止めます。射精感が引いたら、再度ペニスの挿入とピストン運動を行なう、ということをやはり5回程度繰り返しましょう。

セマンズ法の第四段階

ついに最後の段階です。今まで男性が主導権を持って膣への挿入やピストン運動をしていましたが、この段階では女性主導。つまり、前騎乗位で早漏トレーニングを行ないます。

第三段階で見えていた女性の上半身に加え騎乗位では下半身も視界に入り、また、ペニスが膣へ出入りする様子も全てが見えるのです。これにより、心理的な性的刺激は最高潮に達するでしょう。

第二段階、第三段階と同じように、ピストン運動をし射精感が高まったら止める、落ち着いたら再開する、を繰り返します。

ただし、第三段階までと違い女性がピストン運動を主導しているので、男性側が止まって欲しいタイミングでは止まらない場合もあるかもしれません。

ですが、それを我慢することこそセマンズ法の心理的早漏改善トレーニングです。第四段階でも自分の射精感と射精をコントロール出来るようになったなら、その後は通常のセックスでも射精のタイミングはあなたの意のままになるでしょう。

トレーニングに根気強く付き合ってくれたパートナーに感謝することを忘れずに、早漏のときには得られなかった深い快感と強い満足を伴ったセックスを楽しんで下さい。

男のセックスの悩みの人気記事

勃起しない・させない方法:コントロールってできるの?

ビンビンに”フル勃起”させる方法:最近勃起しにくいと感じる人必見

高校生で包茎は大丈夫?自分でできる対処法8選

”竿あり玉なし”の意味:ニューハーフはなぜ竿だけ残すのか?

クリトリスの皮の剥き方:刺激をアップするための注意点とは?