風俗で当たる地雷の特徴:地雷を回避する方法とは?

PARTNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

警察庁生活安全局保安課が公表した「風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」というデータによると、平成30年度の店舗型・無店舗型の性風俗特種営業の届出数は、全国で29,139店となっています。

となると、相当数の風俗嬢が在籍していて「当たり」もあれば「ハズレ(地雷)」風俗嬢も多く存在しています。

安くないお金で楽しく遊ぼうとデリヘルを呼んだら、地雷風俗嬢でガッカリ...を防ぐために、地雷風俗嬢の特徴や地雷風俗嬢の回避術などを紹介していきます。

風俗で当たる地雷の特徴

一口に「地雷」と言っても、色んな種類の地雷風俗嬢がいます。

写真やパネルと実物が全然違う

一番多いのが、このケース。「写真では結構かわいかったのに、実際に出てきた嬢はもはや別人!」というパターンです。

今の写真加工技術はかなり進んでいるので、確かに写真と同一人物なんだけど顔や体型がだいぶ違ってショックだった、という経験は風俗を利用したことのある男性なら多いはずです。

写真を全く加工していない嬢の方がむしろ珍しいくらいですが、あまりにも違いすぎたらやはり気持ちも萎えるものです。

見た目が悪い

上と近いケースですが、見た目がとにかく悪い場合です。顔がすごく不細工だったり、極端に太っていたり、逆に痩せすぎていたり...。

なるべくなら自分好みのかわいい子とエッチなことをして遊びたい、というのが男性の本音でしょうから、あまりにも自分の理想とかけ離れた嬢とのエッチは心から楽しめないものです。

ただし、見た目の問題に関しては個人の好みによるところも大きいので一概には言えません。そして、「見た目が悪い」ということをウリにしている風俗店もあります。例えば、鴬谷「デッドボール」などはその好例です。

HPには「レベルの低さ日本一」と謳われていますし、そういったところが好きな男性も一定数います。

そういう風俗店に在籍する分には地雷とはならないので、遊ぶ店舗によって評価は左右される部分でもあります。

不潔

これは、実際に嬢と接してみないとわからない部分ではありますが、かなり地雷度は高いと言えます。口臭や体臭(ワキガ、足が臭い、局部が臭い、タバコ臭い)がきつかったり、肌が汚いなどが代表的。

こういった事で全然勃たなかった経験は、個人的にも何度かあります。風俗も接客業ですし、何より裸と裸なのでより近くで接する事になります。最低限の清潔感がない風俗嬢は、かなりの地雷と言えるのではないでしょうか。

性格・態度が悪い

会った時にまともに挨拶もできなかったり、プレイが極端に事務的だったり、男性側の気持ちなどを気にせず一方的に会話やプレイをしたり...といったことも「地雷度」が上がります。

中には基本プレイすら嫌がってちゃんとしようとしない嬢もいたりします。男性側としては決して安くないお金を払っているので、地雷を通り越して腹を立ててクレームになるレベルです。

地雷風俗嬢の回避術

上にあげたような地雷風俗嬢には、できることなら当たりたくないと思うのは当然のこと。男性側でも事前に対策できることはいくつかあります。

写真だけでなく動画もチェックする

気になった店舗があれば、まずは店のHPを見てどんな店なのかをチェックしますよね。その時に、出勤している風俗嬢の写真やプロフィール、プレイ内容などを見るのが大体のパターンです。

もしそのHPに目当ての風俗嬢の動画もあれば、そちらもチェックするようにしましょう。これは「パネルマジック」を防ぐためです。

実際の動画は、体型など見た目のごまかしがききにくいので、実際の顔や体型をイメージしやすいです。

お腹周りや顔の気になる部分は隠していたり見えにくい角度で撮影していたりという風に店側も工夫はしていますが、写真だけの判断よりもだいぶ精度が上がり地雷を防ぎやすくなります。

口コミや評判もチェックする

そして、実際に利用した方の評判や口コミもチェックしましょう。風俗総合案内サイトや、掲示板などで見ることができます。

どんな部分が良かったのか、性格はどんな感じか、得意なプレイはなんだったのか、など良い点も悪い点も書かれているので、貴重な参考資料になります。

ただ、100%全てが本当とは言い切れないので、その点は注意が必要です。

なるべく指名をする

「誰でもいいです」とフリーで入ると、その時に空いている嬢に当たります。お客に人気の嬢は指名で埋まる事が多いので、あまり人気のない嬢、ひいては地雷に当たる可能性が当然ながら高まります。

第1希望の嬢が入れない場合でも、第2希望、第3希望まで視野に入れてなるべく指名をした方が、地雷に当たる確率は下がるのでおすすめです。

こちらの状況を伝えすぎない

例えば、「出張でこの土地に来たんですけど」というようなことを店側に伝えるのはあまりおすすめできません。なぜなら、店側が「もう来ないだろうからいいや」と地雷風俗嬢をあてがわれる可能性があるからです。

もちろん良心的な店もあるので全てそうとは言い切れませんが、店側としてはやはり常連客になりそうな人を優遇したい面があるのは否めません。

なので、こちらがどういう状況で来たか、などは言わない方が良いし言う必要も特にないでしょう。

値段の安さだけで店を選ぶのは避ける

値段の安さには、それなりの理由があります。特に多い理由は、風俗嬢が外国人(仮に源氏名が日本名だとしても)だったり、在籍嬢のレベルが低い(見た目がよくない、年齢層が高めなど)ということです。

地雷を避けたいなら、値段の安さを判断基準にするのはとても危険なので避けましょう。ただし、前述の「デッドボール」のように「地雷級と遊んでみたい」という方は、この限りではありません。

風俗・ハプニングバーの人気記事

ベトナムの風俗事情:日式カラオケ・連れ出しバーなどバラエティに富む

なぜ女性は体を売るのか?売春婦がいなくならない理由

ヌキキャバは絶滅した?セクキャバとの違いを解説

大阪のおすすめ出会い喫茶5選:来店状況をネットでチェックできるカフェも

アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?