50代のセックス事情:50代夫婦の8割がセックスレス?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セックス

子育てを終え、そろそろ自分たちの時間が持てるようになる50代。

日本は、欧米諸国に比べてセックスの頻度が少なく、結婚してからセックスの回数はどんどん減っていくという調査結果が出ています。50代になり二人の時間が増えてもその傾向にあまり変わりはないようです。

ここでは、そんな50代夫婦のセックス事情や本音について紹介します。

50代夫婦のセックス事情

コンドームメーカー相模ゴム工業が「ニッポンのセックス」という調査結果を発表していますが、50代夫婦の1か月のセックス平均回数は1回~2回だといいます。

ただ、男性、女性の個人で一ヵ月のセックスの平均値を見てみると、男性が1.6回。女性が1.2回と男女の平均回数がばらばらになるという結果になりました。

これは、夫婦がそれぞれ別の人、例えば不倫や風俗で性行為をしている可能性が考えれます。

50代は二人の時間が増えると思われがちですが、40代の頃と比べてもそれ程セックスの平均値は増えていません。欧米諸国より明らかに少ない数字となっています。

50代男性のセックスに対する本音

50代の男性は女性に比べると、まだまだセックスをしたいという気持ちが強いようです。

アンケートの結果によると、50代男性が考える理想のセックス頻度は「週に1回」で、実際のセックス回数に比べると、およそ4倍という数字が出ています。

この結果から分かるのが、男性は50代になってもまだまだセックスがしたいと思っているということ。

男性の体質上、射精をしないとスッキリしないということもありますが、女性の体を求めていることが分かります。

50代女性のセックスに対する本音

一方、50代女性のアンケート結果は、なんと「したくない」が一番多い割合の22.9%を占めています。

また週一回という回答が、18.8%。セックスに興味がないという回答が18.2%もありました。

この結果を見ると、約60%の女性がほとんどセックスをしたくないと思っていることが分かりますが、50代の男性に比べほとんどの女性が、生活の中にセックスを取り入れたくないと思っていることが分かりました。

50代のセックスレスの割合

セックスに対する本音からも分かりますが、やはりセックスレスになる夫婦が多いようです。

50代のセックスレスの割合は8割以上

2016に開催された「性と健康を考える女性専門家の会シンポジウム」では、50代のセックスレスの割合が86%にのぼっていることが明らかになりました。

その原因は、「女性の社会進出に伴う、自由な時間の減少」や「女性の性交痛」などがあげられています。

日本のセックスレスは深刻で、夫婦の関係性を見直した方がよいのではといった声もあがっている程です。

セックスレスが原因で夫婦が不仲に

お互いが自然にセックスレスになる場合は、それ程問題になりませんが、どちらか一方が相手の体を求めている時に拒否が続くと、関係が悪くなることがあります。

特に、女性が性行為を拒否するケースが多いですが、この場合男性は他の女性に欲求をぶつける可能性が出てきます。

俗に言う、熟年不倫や風俗に走る男性も多く、セックスによる不仲が原因で離婚をするケースも少なくありません。

50代夫婦のセックスレスの原因

若い時と異なり、50代のセックスレスの原因には、心と体の両方が関係していることを知っておかなければいけません。

性欲がなくなる

50代に入ると若いときに比べ体力も衰え、毎日の生活に病気や体の不調が出るようになります。

女性特有の病気では、更年期障害が発生する確率が高くなり、さらに閉経も重なることから精神と体のバランスが上手く取れなくなってきます。

その点、男性はこのような病気はありませんが、男性特有の前立腺に関わる病気も発症しやすくなり、セックスに対する気力が湧かなくなってしまいます。

また、セックスより自分の「ライフスタイル」を重視する傾向が強く、若いころにできなかった自分の趣味に時間を使う場合も多くあります。

愛情がなくなる

単に夫婦間の愛情がなくなるパターンです。

50代になると、相手がいて当たり前となり、愛情がない訳ではありませんが、空気のような存在になってくる夫婦も少なくありません。

当然、体を求めあうこともないので、「一緒にいて恥ずかしくなる」「会話が全くない」という夫婦も多いようです。

セックスを継続している夫婦は、常に仲が良く、相手を愛しているという感情があります。

いくら夫婦だからと言って、悪い意味で緊張感がなくなると毎日の生活がマンネリになることがあります。

50代でセックスレスになってしまったら

長年セックスレスだった夫婦が、突然セックスを開始するのは難しいもの。

ただ、セックスレスはお互いの努力で解消できるものなので、夫婦に合った解決策を話しあうことが何より大事。

セックスレスになっているほとんどの夫婦が、お互いの関係性が薄くなっているということが背景にあります。

生活の中で、お互いで努力して会話をしたり、スキンシップをとることから始めましょう。そして、相手のことを思いやることが一番大切。

当然、相手が疲れていたり、無理に強要するのは絶対にしてはいけません。相手の気持ちを考え、相手の状況を理解することが大事です。

性交痛でセックスに対して積極的に慣れないという場合は、性交痛を和らげるジェルを使用するといいかも。リュイールホットは患部に塗るだけで、ジンジンとした温感効果があり、スムーズな挿入をサポート。セックスレス・マンネリ解消におすすめです。

マンネリ解消に。ラブコスメ・リュイールホット

関連した記事

朝セックスは幸福感を得やすい?朝セックスのメリットとデメリット

セックスをする時間帯は決して夜だけではありません。...

2019年07月04日, セックス

70代のセックス事情:夫婦の営みは20%に

70代は、2018年に日本の人口においても多くを占...

2019年07月04日, セックス

タイ人女性のセックスの特徴:セックスに積極的な子が多い?

ほほ笑みの国、タイ。タイは性風俗産業が発達しており...

2019年07月04日, セックス