稼げる風俗はどれ?高収入の風俗6選

PARTNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

風俗嬢を対象にした相談事業などを行っている一般社団法人GrowAsPeopleの調査によると、風俗嬢の平均月収は約30万円。

風俗での仕事は、一般的な仕事より単価が高いことが多いです。実際に風俗店で働いている女性たちは「お金を稼ぎたいから」という理由がかなりの割合を占めます。

今回は、風俗の中でもより稼げる業態にはどんなものがあるのかを紹介。これから風俗で働くことを考えている方は、こちらを読んで業種を選ぶ参考にしてみてください。

稼げる風俗形態をランキング形式で

1位:高級ソープランド

高級と名前が付いているだけあって全てが一般のソープランド、ましてやヘルスなどとは違います。ダントツで稼げます。

内容は、潜望鏡(浴槽の水面から男性が男性器を出し、女性がフェラをする)などのような入浴プレイやローションを使ったマットプレイ。そして、もちろん挿入までも含めたベッドプレイといった感じになります。

お客が払う金額は、6万円~10万円といったところが相場。高級店だけあって金額が高いですが、金額が高い=稼げる金額も高いということ。

だいたい90分~100分のコースで4万円ほどが嬢にバックされるのが相場です。その日に3人接客すれば、1日で約12万円。2日出勤すれば、OL並のお金がもらえてしまいます。さらに人気店で指名の多い女性なら、1日でそのくらいの金額が稼げることも。

慣れてきたり、お客に人気が出てロングコースに入ったり指名がつけば金額はもっと上がります。顔やスタイルなど容姿に自信がある女性はチャレンジしてみるといいでしょう。

もちろん高級ソープでは、容姿だけでなく接客やマットプレイなど、求められる基準もかなり高いです。それらを身につける覚悟も必要ですが、「容姿に自信があって、何がなんでも稼ぎたい!」という人には1番おすすめです。

年齢的なことが気になる人は、熟女専門の高級ソープランドもあるので、そういったお店を選ぶのもおすすめです。

2位:高級デリヘル

本番までするのには抵抗があったり、稼ぎたいけどそこまでの勇気はない…という方は、高級デリヘルが良いでしょう。本番行為がない分、未経験者でも働きやすいです。

高級デリヘルの料金の相場は、90分4万円~10万円ほど。そして、一般的なヘルスと比べてバック率ももちろん高く、コース金額の40~60%がバック率の相場。つまり、90分コース6万円のお店でバック率が50%なら、一人のお客さまに90分入ると3万円。1日3人接客すれば10万円近く稼ぐことも可能です。

デリヘルのメリットは、お客様が来るまで自宅や待機場所などで自由に過ごせること。働いている他の女性との関わりもほとんどなく、職場内の人間関係などのストレスが少ないことも特徴です。

あくめで高級デリヘルなので、コミュニケーション力、マナーや一般常識なども問われます。そして何よりも顔やスタイルの良さといったルックスも問われます。常に、女性らしくきれいでいるための自分磨きを怠らないようにする努力は必要となります。

日によって客の入りに波はあるし、指名を増やすための努力は必須ですが、一般的なデリヘルに比べれば稼ぎは断然良いです。

3位:ソープランド

「高級店で働けるほど容姿に自信がない」とか、「もうちょっとカジュアルな感じで働きたい、でも風俗で稼ぎたい」という女性は、ソープランドをおすすめします。

格安のソープランドでなければ、お客様の払う料金の相場は2万5千円~3万5千円ほど。嬢に支払われるバック率の相場は、料金の40%~50%といったところ。たとえば、90分コース3万5千円、バック率が50%であれば、嬢には約1万7千円入ってきます。1日に5人接客すれば、9万円近く稼ぐことができます。

高級ソープに比べればやはりコースや指名料のバック率は低くなりますが(コース金額が安いので)、それでもソープランドは稼げる風俗であることは間違いありません。その分、多くのお客をこなす回転数も必要なので、体力に自信があって風俗で稼ぎたい!そんな女性には向いています。

4位:SMクラブ

SMクラブの仕事内容は、大まかには2種類。M気質なお客さんを責める「女王様」、もしくはSっ気のある男性から責められる「M嬢」のどちらかになります。目隠しや拘束などのソフトSMから、鞭やロウソク責め・緊縛などのハードSMプレイをする/される仕事内容です。

SMクラブのギャラ相場の特徴は、他の業種に比べてハードなプレイが多く、体力的にもハードワークである場合が多いのでバック率も高いところが多い点。

バック率の相場は、60%位であることも多く、例えば60分2万円で60%のバック率なら一人接客すると1万2千円。1日5人接客すると、6万円ほどになります。体力的なことを考慮して週4日出勤でも、月80万円ほど稼ぐこともできます。

人気がある嬢などは、1日10万円以上稼ぐ女性もいます。そして、女王様とM嬢とでは、体力的にハードな分M嬢の方はギャラが高いことが多いです。自分がSかMかはっきりしている女性や、ハードプレイをこなせる自信がある女性はチャレンジしてみる価値があります。

5位:M性感

M性感とは、女性側が男性側を責めるサービスを行う業種のこと。目隠しや拘束、言葉攻め、前立腺マッサージやアナル攻めなどといったプレイが主です。

ヘルスやソープランドのように、キスやフェラ、素股などのプレイはほとんどなく、性病のリスクもだいぶ低いのがメリットと言えます。

M性感の日給の相場は、5万円~8万円と言われています。一般的なヘルスの倍近くの相場です。しかも、M性感は女性側は服を脱いだり、お客から責められたりすることもほぼないため、生理休暇の必要がありません。その分出勤日数も増やせるので、稼ぎたい女性にはこれもメリットです。

なので、仮に週5ペースで出勤した場合、5万×20日=100万円という計算になります。なかなか稼ぐことができる業種、と言えますね。

6位:デリヘル

お客が待つラブホテルなどへ出向いて、サービスを行うデリヘル。デリヘルのメリットは、店舗型ヘルスに比べてバック率が高いこと。店舗型ヘルスのように場所代がかからないので、その分同じ料金だとしてもバック率が高くなります。

バック率の相場は50%ほど。仮に60分1万2千円の料金であれば、1人接客すれば6千円。1日に5人接客すると3万円ほどになります。

そして、営業時間が長いので、店舗型ヘルスより稼げるチャンスが多いのも利点。さらに、店員や他の風俗嬢とコミュニケーションをとる必要などもあまりないので、余計なストレスがかかりにくい、というメリットもあります。

上にあげた風俗よりは多少単価が安くなるのは否めません。なので、デリヘルで稼ぐポイントは、いかに自分にお客様が回ってくるようにするか、そして指名客をつけるか、にかかってきます。

お客が入るたびに移動しなければいけない、という面もありますが、お客とのコミュニケーション力に自信があって、稼ぎたい気持ちが強い女性には向いています。

風俗・ハプニングバーの人気記事

ベトナムの風俗事情:日式カラオケ・連れ出しバーなどバラエティに富む

なぜ女性は体を売るのか?売春婦がいなくならない理由

アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?

ヌキキャバは絶滅した?セクキャバとの違いを解説

大阪のおすすめ出会い喫茶5選:来店状況をネットでチェックできるカフェも