おっぱぶはどこまでできる?おっぱぶのプレイの流れ・料金システムを解説

PARTNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

おっぱぶとは正式名称を「おっぱいパブ」と言い、お酒を飲みながら、キスをしたりおっぱいを触ることができるお店です。お店によっては女性器を触らせるサービスもありますが、キャバクラなどと同じ飲食店と同じ種類になります。

今までおっぱぶに興味があったがシステムなどが分からず行くことを躊躇していた、どんなところか行ってみたいという方に、おっぱぶのプレイの流れや料金などを紹介致します。

おっぱぶとは

おっぱぶはセクキャバの一種

おっぱぶは、広義の意味でセクキャバのくくりに入ります。セクキャバはセクシーキャバクラの略で、「いちゃキャバ」や「2ショットキャバクラ」と呼ばれているお店もありますが、コンセプトによって呼び方は異なります。

いちゃキャバとの違い

「いちゃキャバ」と「おっぱぶ」はサービスが違います。イチャイチャしながらお酒が飲めて、上半身にお触りできるのはおっぱぶと同じ。しかしいちゃキャバは服の上からしかお触りができません。それ以上のサービスが期待できるかは、女の子やお店次第。事前にチェックを忘れないことが大切です。

いちゃキャバはサービスがソフトなぶん、コスプレやミニスカといった衣装にこだわりがあるお店が多く、王様ゲームなどみんなでワイワイと楽しめるようなお店もあります。職場の人たちや友人と合コン気分で楽しみたい方にはいちゃキャバがおすすめです。

おっぱぶとピンサロの違い

ピンサロもお酒を楽しめますが、どちらかというと「ヌキ」がメインのお店です。お酒ありきのサービスですが、お客さんが女性キャストへの下半身を触ることが可能でフィニッシュまでしてくれます。

おっぱぶとの一番の大きな違いは、お客さんが射精するかしないの部分にあります。

おっぱぶはどこまでOK?禁止行為は?

おっぱぶはお酒を飲んでイチャイチャする場所

おっぱぶは基本的に、お酒を楽しみながらイチャイチャする場所です。男性がおっぱいを触ることと、キスが出来ること以外には性的なサービスがありません。女性キャストへの下半身を触ることは基本的にNGです。

おっぱぶを運営するには「飲食店営業」と「風俗営業」の許可が必要です。営業許可は、女性キャストがお酒を提供して接客することが可能となります。

おっぱぶは気軽に楽しめる

気軽に遊べてストレスを発散できるのがおっぱぶの魅力です。おっぱぶには「抜き」がありません。そのためムラムラしてしまい、終わったあと悶々としてしまうのでは?と疑問に思う人もいるでしょう。

おっぱぶには射精をさせてくれるピンサロやヘルスとは違う楽しみ方があります。

女性キャストとイチャイチャし、「膝の上に乗っていい?」と聞いてくるドキドキ感や、一線を越えることがないため、仕事の付き合いで行っても、問題なく利用できるでしょう。

また勃起や射精に自信のない男性が、癒やされるために利用するケースも増えています。

おっぱぶのプレイの流れ

https://otonanozizyou.com

お店の説明を聞く

おっぱぶは基本的に予約は必要なく、そのまま来店して大丈夫です。時間帯や曜日によっては混雑していることもあり待たされます。

おっぱぶに来店した際、まずお店の人から説明があります。お店によってルールが違い、どんなことがOKでなにがNGか説明してくれます。テーブルに案内されたら女性とあいさつをします。ドリンクをオーダーし、お酒を飲みながら少し会話をたのしみます。

体を触る以外はディープキスもOK

キャバクラはお触り禁止ですが、おっぱぶでは最初からぴったりとくっついて女性キャストの体を楽しめます。

会話を楽しむことも大事ですが、常に女性キャストを触ることができるお店の場合、時間をムダにはしたくないのであれば、少し会話をした後、ディープキスをして盛り上げます。

おっぱぶ独自のシステムとして、ダウンタイム(DT)というものがあります。

これは部屋が真っ暗になり、BGMの音量があがるタイミングのことで、その時間だけ、女性のおっぱいを生で触れるということも多いです。

ダウンタイムはお店によってはないところもありますので、事前にスタッフに確認しましょう。

またほとんどのお店ではディープキスは基本OKですが、NGなお店もあるので中してください。

おっぱぶの料金相場

おっぱぶの料金相場は都内で、40分6000円が相場。価格帯は4,000円~10,000円程度となっています。

しかしほとんどのお店では初回割引がHPなどに記載されており、だいたい5000円前後で遊ぶことができます。

セット時間が終了すると、自動的に延長料金になります。

いいお店であればスタッフが時間を確認してくれますが、殆どの場合は、確認してくれないので、時間には気を配っておく必要があります。

おっぱぶでは風俗同様、指名することもできますが、必ずしもずっと隣にいるわけではなく、別のお客さんから指名が入ってしまうと移動します。

またオッパブ嬢からドリンクを要求されることもありますが、1杯1000円以上はするため、安く済ませたいなら、心苦しくても断ってください。

風俗・ハプニングバーの人気記事

ベトナムの風俗事情:日式カラオケ・連れ出しバーなどバラエティに富む

なぜ女性は体を売るのか?売春婦がいなくならない理由

ヌキキャバは絶滅した?セクキャバとの違いを解説

大阪のおすすめ出会い喫茶5選:来店状況をネットでチェックできるカフェも

アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?