人妻とバレずにセックスする方法:欲求不満な人妻をセフレにするには

PARTNER編集部
公開, 更新 , セフレの出会い方

男性はある程度の年齢を超えてくると、人妻に魅力を感じます。他人の妻だからこそ興奮する、そういう背徳感にそそられる男性は多いです。

しかし、人妻とセックスをするということは、すなわち「不倫」になるということ。旦那にバレてしまえば、慰謝料を請求されたり、最悪裁判沙汰になるケースもあります。

この記事では、人妻とバレずにセックスする方法をお伝えします。

人妻とのセックスは最高

人妻とのセックスは最高です。人妻は、すでに人のものであるため、人のものをこっそり楽しむという点で、この上ない背徳感が味わえます。

また人妻ならではの包容力、気遣いも素晴らしいです。

旦那や子どもを育てているため、若い独り身の女性にありがちなワガママは少ないですし、ひとによっては男性を上手に立てることもできます。

自分の彼女や嫁では味わえないセックスを楽しめるのが人妻の魅力です。

人妻とセックスするメリット

人妻とセックスするメリットは、2つあります。一つは、セックスまでのハードルが意外と低いことです。人妻の中には夫とセックスレスになり、欲求不満になっている場合があります。

セックスレスは1ヶ月以上パートナーとセックスしていないことを指しますが、夫婦の4組に1組がセックスレスだと言われており、年齢があがるとともにその割合は高まります。

若い女性は、自分の若さを武器に巧みに良い条件で男性と寝ようとしますが、人妻にはそのような駆け引きは少ないです。

もう一つの人妻のメリットは、関係を切るのが楽という点。

未婚女性とセックスした場合、向こうがいつの間にか本気になってしまい、なかなか関係を終わらせることが出来ないというケースが多いです。無理やり別れを切り出しても、家に押しかけてきたり最悪ストーカーになったりするリスクもあります。

しかし、人妻の場合には旦那がいるので、関係をすぐに終わらせられるのが特徴。人妻の方も旦那にバレるのはまずいため、こちらから別れを切り出せば、割とすぐに納得して、関係を終了してくれます。

人妻とセックスするデメリット

人妻とセックスするデメリットは、ずばり不倫になること。人妻とわかっている上でセックスをしてしまうと、旦那バレしたときに慰謝料を請求される・場合によっては裁判沙汰に発展することもあります。

また、人妻と会うときややり取りをする際も細心の注意を払わなければなりません。

コソコソと会うような日々が何日も続くので、あまりそういうのが好きではない、得意ではないという場合は、人妻とセックスしないほうがいいでしょう。

人妻とバレずにセックスする方法

「相手の旦那バレしないように慎重に行動出来る!」「隠れてセックスするほうが興奮する!」このように考えている人もいるでしょう。では、人妻とバレずにセックスするにはどうしたらいいのでしょうか?

人妻との出会い

まずは相手が大事です。人妻相手にセックスする場合の第一条件は口が固いこと。

関係をバラされてしまえば、自分の生活にも実害が出ます。

ただし、口の堅さは付き合ってみないと分かりません。

その場合、自分の情報を最低限に押さえられる、新しい相手との出会いがいいでしょう。

知らない人妻を探すなら出会い系サイトがおすすめです。

出会い系サイトには欲求不満な人妻がたくさん登録しています。Twitterと違い、身分証明書登録をしないと登録が出来ないのでサクラや詐欺に引っかかることはありません。人妻を掲示板で検索し、目当ての人がいたらメッセージを送ってみましょう。

自分の情報は最低限しか開示せず、うまく人妻とやりとりをすることで、バレるリスクを抑えられます。

そのためにはあらかじめ目的がクリアなほうがいいので、出会い系サイトのアダルト掲示板を活用しましょう。ここには20代の人妻から50代の人妻まで幅広い層が書き込みをしています。

メールを送って、返信をもらえたら会う約束をしましょう。旦那にバレないよう細心の注意を払う・きちんと避妊は行うといった内容のメールが、女性にも信用してもらいやすいです。

アダルト掲示板機能がついている出会い系サイトは複数ありますが、特にアダルトに強い掲示板をもつのがJメールです。

Jメールは累計会員数600万人を超える、国内でも規模の大きい出会い系サイトです。

JメールにはOL、人妻、女子大生などが登録しており、日常では満たせない欲望を満たそうと日夜書き込みをしています。

登録は無料。メッセージには1通50円がかかりますが、出会うまでにメッセージは1,000円もかからないはずなので、コスパがいいと言えます。

Jメールに無料登録(18歳以上)

人妻をセフレにするときの注意点

人妻とのセックスは、背徳感溢れていてかなり興奮しますが、一方で数点注意すべきことがあります。これらを頭の中に入れておかないと後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるので、注意してください。

派手な男は嫌われる

https://otonanozizyou.com

既婚者である人妻はなるべく男関係を派手にしたくないと考えています。ちょっとでも疑われてしまうと、周りからの評価や旦那からの印象が悪くなってしまうためです。

そのため浮気するにしても、口が硬そうな、一見地味な男を選びます。

イケメンで派手な男は、女関係も派手。トラブル回避のため敬遠されます。

人妻に近づくときは、なるべく信頼のおける真面目な態度で望むとよいでしょう。

連絡するなら昼の時間帯

特に専業主婦は、昼の時間帯に暇しています。出会い系サイトの掲示板に書き込みが増えるのも昼の時間帯から、買い物に出かける夕方の時間帯にかけてです。

そのため人妻にアプローチするなら昼の時間帯を狙って即レスするといいでしょう。

相手は暇していることが多いため食いつきがいいです。

また夜の時間帯は旦那が帰ってくるため、あえて携帯の通知をオフにしています。そういう意味でも昼の連絡がコツです。

丁寧な連絡を心がける

人妻の不倫は常にバレるリスクを負っています。最悪離婚にもつながるため、人妻は慎重に行動します。当然相手の選び方も慎重になります。

粗暴な男や、連絡が適当な男はまず連絡が返ってきません。

不倫であればお互い身元を明かす必要はありませんが、相手を安心させる意味でも、なるべく自分の価値観や性格は自己開示したほうがいいでしょう。

そして最初はなるべく丁寧なテキストコミュニケーションを心がけ、「この人だったら会ってみてもいいかも」と思わせるのがベターです。

避妊はしっかり行う

当たり前ですが、避妊はしっかり行いましょう。人妻を万が一妊娠させてしまった場合、旦那バレは避けて通れません。また、修羅場になること間違いなしなので、そういったリスクを考慮して避妊は必ず行ってください。

コンドームは破れないようにしっかりと。万が一破れてしまったときのために、女性側にアフターピルを用意してもらうように頼みましょう。避妊をした状態でセックスをすれば、最悪のリスクを避けることが出来ます。

個人情報を教えない

次に、相手に個人情報を教えないようにしましょう。氏名・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・LINEID…これらを全て教えてしまうと、旦那に不倫がバレたときの証拠材料になってしまいます。相手の素性がわかっていれば慰謝料請求も出来てしまうので、そういったリスクを防ぐためにも個人情報は絶対に教えないようにしましょう。

やり取りはバレない方法で

人妻とやり取りをする際は、バレにくそうな方法でやるようにしましょう。なるべくなら出会い系サイト経由で連絡をしたほうがいいですが、大抵の人は「お金がかかるから面倒くさい」という理由で、メールかLINEでやり取りしようと考えます。

しかし、メールやLINEはやり取りの履歴が残りやすいので慎重に行うようにしましょう。メールに関してはキャリアメールではなく、GmailやYahooMailなどのフリーメールがおすすめです。

女性側にも、やり取りが旦那にバレないような連絡手段でやってほしいという旨をあらかじめ伝えておきましょう。

セフレの出会い方の人気記事

エロい女の特徴21選:仕草や見た目でエッチな女を見分けよう

女性とセックスしたい!今すぐセックスする方法7選

同僚とセックスしたい!会社でセフレを作る方法とは

フェラが好きな女性心理:フェラ好き女の見分け方・特徴を紹介

力士のセックス事情:相撲取りとセックスする方法とは?