一人暮らしのセックス事情:行為中の声が気になる?

一人暮らしのセックス事情:行為中の声が気になる?

PARTNER編集部
公開, 更新 , セックス

就職・進学などで実家を出て一人暮らしになるという人は多いでしょう。

自分一人で炊事・洗濯・掃除をしなければならないという大変さはありますが、その分親に介入されることなく好き勝手に過ごせるというメリットがあります。

一人暮らしになれば実家ぐらしと違い、恋人やセフレを連れ込み、思う存分セックスも可能。

しかし、実際に一人暮らしをしていると、家に連れ込んでセックスするにはどうすればいいか分からないという人もいるでしょう。今回は、そんな人向けに一人暮らしのセックス事情や注意点について詳しく解説していきます。

一人暮らしの人のセックス事情

実家と違って親や兄弟・姉妹が行為中に入ってくるというリスクがないので、気兼ねなく恋人やセフレを連れ込んでセックスをしている人は多いです。

またラブホと違って料金はかからないので、仕事終わりや学校終わり・暇な時に連れ込むというケースがほとんどです。

一見実家と比べると、かなりセックスがしやすそうですが、一人暮らしゆえのデメリットも生じてきます。例えば掃除。今までは親が知らぬ間にやってくれていましたが、一人暮らしとなるとそうはいきません。恋人やセフレが来る前に自分で掃除をしなければなりません。

また避妊具の準備も必要です。実家ぐらしで恋人やセフレとセックスをする場合、大抵の人はラブホに行きます。ラブホは基本的に避妊具が常備されているため、自分で買わなくてもいいですが、一人暮らしの場合は自腹で用意しなければなりません。

またゴム自体も1箱あたり1000円とやや高め。自分で収入を得ている社会人ならまだしも、お金があまりない学生からしたら痛い出費です。

一人暮らし=セックスし放題とは安易に考えないほうがいいでしょう。

一人暮らしのセックスのメリット

それでも、実家ぐらしと比べると一人暮らしでセックスするメリットは意外と多いです。

親や兄弟が入ってくるリスクがない

一番のメリットは、親や兄弟が入ってくるというリスクがないというところです。実家で恋人やセフレとセックスをしようとなると、色々と気を使うこともあります。

親や兄弟がいない時間を見計らって恋人やセフレを呼び、シャワーも浴びずに急いでセックスをする・いつ親や兄弟が入ってくるか分からないため、セックスに集中できない…など。

しかし、一人暮らしの場合そういった不安を抱くことはありません。自分の好きなタイミングで、気を使うこともなく思うがままにセックスが出来ます。シャワーやお風呂だってゆっくり浴びることが出来ますし、セックスも余裕を持ってしやすくなります。第三者が介入してくるリスクが少ないのが一番のメリットです。

ただ、その分「恋人やセフレが来る前に部屋をキレイにしておく必要がある」「コンドームなどを自腹で用意しなければならない」「近所迷惑にならないようにする」といった配慮も必要になってきます。

好きなプレイがしやすい

一人暮らしだと好きなプレイがしやすいというメリットもあります。実家の場合、家族に気を使ってワンパターンなプレイしか出来ませんが、一人暮らしの場合は好きなプレイがしやすくなり、セックスのワンパターン化を防ぐことが可能です。

近所迷惑にならない程度のプレイであれば問題はありません。SMプレイやイメプレといった、ちょっとマニアックなプレイが出来るのも一人暮らしならではのメリットです。

ラブホやレンタルルームと違い、お金がかからない

実家暮らしでセックスをしようとなると、必然的にラブホやレンタルルームを利用します。しかし、毎回利用するとなると料金がかなり高くなってしまいがちです。金銭的な問題からなかなか恋人とセックスが出来ず、そのまま別れてしまうというケースもあります。

ですが、一人暮らしの場合はラブホやレンタルルームと違って時間ごとにお金がかからないので安価で利用することが可能です。家賃やその他生活費さえ払わなければなりませんが、その分ラブホやレンタルルームより安く利用出来ます。

セックスをするためのお金がかからないのも、一人暮らしのメリットです。

一人暮らしでセックスするときの注意点

実家と比べると、一人暮らしの方がセックスしやすいが、その分注意すべきこともあります。

コンドームを常備しておく

一人暮らしでセックスをする際は、必ずコンドームを常備しておきましょう。いざセックスをしようとしたときに、コンドームがないと雰囲気が壊れてしまい、一気に萎えてしまいます。また、コンドームなしでセックスをしてしまうと妊娠や性感染症になる可能性もあるので、そういったリスクを防ぐためにもしっかりと常備しておいてください。

万が一のときに備えて単品より箱買いがおすすめです。最近では箱買いしたほうが安い場合もあるので、事前に購入しておきましょう。

Amazonでコンドームをチェックする

シャワールームは清潔に

次に、いつ恋人やセフレがきてもいいようにシャワールームは清潔にしておきましょう。シャワールームが汚いと相手からもドン引きされてしまいます。せっかくセックスで気持ちよくなったのに、シャワールームが汚いとあなた自身の印象も悪くなります。ですので、しっかりと掃除をしておきましょう。

近所迷惑になるので、大声は出さないようにする

一人暮らしのセックスで盲点になりがちなのが、声の大きさです。防音性の高い部屋の場合は問題はありませんが、防音性の低い部屋の場合あまり大きい声を出してしまうと近所迷惑になることもあります。

セックス中の声を近所の人に聞かれるのは誰でも避けたいので、なるべく声を自重する・窓を全部閉め切って声が聞こえないよう対策をしておきましょう。

関連した記事

セックスシーンが印象的な洋画7選

洋画のセックスシーンは邦画に比べて過激な描写が多い...

2019年07月04日, セックス

ピロートークで盛り上がる話題は?愛情を深めるピロートーク

ピロートークは、ベッドの上でパートナーと話すことで...

2019年07月04日, セックス

[相手別]エッチする夢が持つ意味

好きな人や、好きじゃないけど顔見知りの人とエッチす...

2019年07月04日, セックス