台湾の風俗事情:日本人好みの女性が多い?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

ビビアンスーや、ドラマで木村拓哉の相手役をつとめたことで、日本で一気に知名度が上がったリン・チーリンなど、台湾の女性は世界でもその美しさが認められています。

そんな美しい女性が多い台湾ですが、実は風俗産業も日本と同じくらい発展しています。ここでは台湾の風俗事情や、種類、値段などを解説します。

台湾の風俗事情

日本と並び、アジアの風俗をリードする台湾。台湾はどんな国で、風俗産業は日本人にどのくらい人気があるのでしょう。

台湾はどんな国?

台湾といえば、日本人からの旅行客も多く、毎年多くの人が旅行先に選ぶ人気国です。

その理由は色々ありますが、日本に比べて物価が安く、ファッションや美味しいものが沢山あるのが理由のようです。

台湾は、日本の南西に位置し、人口は日本の10分の1にも満たない400万人ほど。面積も日本の九州の大きさとほぼ同じで、日本に比べると国の規模は小さい国です。

台湾風俗の現状

世界では、風俗や売春を禁止している国も数多くありますが、台湾は条件付きで風俗を認めている数少ない国です。

驚くことに、小国でありながら、風俗の規模は日本と同じかそれ以上に発展しています。

また、台湾人の女性はどちらかというと日本人によく似た顔立ちで、日本の男性に人気がある上に、物価が安いことから台湾旅行で日本人が風俗で遊ぶこともメジャーになってきています。

台湾の有名な繁華街の、林森北路には日本式の無料案内所もあり、案内所から無料で店まで送迎してくれるサービスもあります。

台湾の繁華街

台湾の繁華街には、初心者向けと上級者向けに分けて2つの代表的な繁華街があります。

最も有名なのが、台湾の風俗街と言えば誰もが一番最初に名前が出てくる台北の林森北路です。

林森北路は、台湾で最も有名な風俗街で、日本でよく見かける無料案内所もこの林森北路にあります。

特徴は、日本語や英語でも通じる店が多く、日本人が気軽に台湾の風俗を体験できる所です。

また、台湾で一番日本人に人気があるとされている、「台湾キャバクラ KTV」の店が多く並んでいます。

そしてもう一つの繁華街が、台南にある赤崁東路です。

こちらの繁華街は、林森北路より日本語も通じないため、初心者がいきなり利用するにはハードルが高い繁華街です。風俗以外にもクラブなどが多く立ち並んでいる地域になります。

台湾風俗の種類

台湾で現在流行っている代表的な風俗が、「台湾キャバクラ KTV」「ピンポンマンション」「デリヘル」の3つです。

台湾キャバクラ(KTV)

日本でキャバクラと言えば、店舗に女の子がいて、お酒を飲みながら話をするのが基本です。しかし、台湾キャバクラ(KTV)はお持ち帰り専門のキャバクラです。

お持ち帰りまでのシステムは日本と同じで、お酒を飲みながら話をし、その分の料金を支払います。

女の子は気に入らなければ、チェンジもできますし、そのまま帰ることもできます。

気に入った女の子と話をしていると、そのうちに店員から、お持ち帰りについて声がかかるようになっていて、お互いの同意があれば、そのままホテルで本番ができるシステムです。ちなみに、ホテル代などは男性が負担することになっています。

ピンポンマンション

台湾では、台湾キャバクラに次ぐ人気風俗で、日本人にも人気が高くなっています。

ピンポンマンションはマンションと名前がつく通り、女の子がマンションの1室に1人待機しています。

部屋に入る前に、気に入った子を指名して、マンションの1室に入り、コンドームありの本番行為ができるシステムです。

マンションの種類は、きれいなマンションから、古いマンションまであり、古いマンションでは少しみすぼらしい感じがしてしまうことも。

デリヘル、台湾サウナ

台湾にも、日本と同じデリヘルがあります。

基本的な使い方は同じで、自分のマンションや宿泊先に女性を呼んで、性サービスを受ける仕組みです。

もう一つが台湾サウナですが、この台湾サウナはドイツなどにも同じような形態のサービスがある風俗で、日本ではあまり馴染みがありません。

日本でいう、スーパー銭湯を高級にしてかなり小さくしたイメージで、サウナに入っていると女性が声を掛けてくるという仕組みです。

台湾ならではのサービスを受けたい方におすすめなのがこの、台湾サウナです。

台湾風俗の相場

台湾は物価が安く、風俗も安いと思われがちですが、日本の風俗とそれ程変わりがありません。しっかりと金額を理解して遊びましょう。

台湾キャバクラ(KTV)・・・店舗に入り2時間飲み放題で、約6000円程かかります。

そこからお持ち帰りをすると、さらに20000円程かかるので、合計で25000円~30000円程かかります。

ピンポンマンション・・・ピンポンマンションは一律、日本円で23000円ですが、送迎も無料で追加料金は一切かかりません。

デリヘル・・・ホテル代込みで、25000円~30000円程が相場です。

台湾サウナ・・・ホテル代などはかかりませんが、相場が15000円程です。

台湾では風俗が安いと思われがちですが、日本と同じくらいの値段がかかります。

ただ、女の子のレベルは日本人男性でも満足できるレベルなので、楽しむ価値は十分にあります。

関連した記事

オリーブスパにヌキはあるのか?エロい噂が絶えない理由

週刊誌などで、何かと噂がささやかれているオリーブス...

2019年07月04日, 風俗・ハプニングバー

ホテトルとホテヘルの違いは?本番ありが当たり前だった?

派遣型のファッションヘルスであるデリヘル、ホテルで...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

青線とは?赤線との違い・青線地帯の場所とは

かつて日本には半公認の売春地帯である「赤線」となら...

2019年07月11日, 風俗・ハプニングバー