裏風俗とは?東京にある裏風俗4選

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

裏風俗とは一般的に無許可営業の風俗店のことを指します。ソープランド以外の風俗では本番行為はできないため、男性がセックスしたければ、高い金を払って吉原などのソープランドに行くか、裏風俗を探すしかありません。

裏風俗は表立って営業しておらず、HPがないところもあります。客引きのお兄さんに聞くか、ネットの口コミを信用してお店に突撃するしかありません。

しかし裏風俗は無許可営業であり、本番行為が見つかってしまうと警察に摘発されるリスクもあります。

裏風俗とは?

裏風俗とは性風俗の特殊営業許可の届け出をせずに営業している風俗のことです。

日本の風俗ではソープランドのみ本番行為が暗黙の了解として認められていますが、デリヘルやピンサロでは、本番行為は禁じられており、店側も張り紙を出すなどして対策を講じているのが一般的です。

しかし無許可で営業している裏風俗の中には、本番行為を売りにしているお店がほとんど。

裏風俗は大々的に宣伝できないため、路上での客引き行為や、出会い系サイトの掲示板で募集をかけます。

裏風俗におけるトラブル

無許可営業の裏風俗はバックにヤクザや半グレ組織が関わっている場合があります。

そのため不法に高い額を制球されたり、条例に反した未成年を雇って行為に及ばせるお店もあるでしょう。

また客引きで本番行為があると匂わせてきても、必ずしも本番行為ができるわけではありません。

オプションをつけて、どんどん高額な料金になっていくパターンもあります。

裏風俗を利用する場合は、リスクを認識して行動しましょう。

東京にある裏風俗

錦糸町のたちんぼ

錦糸町にはアジア系の裏風俗が多く、たちんぼも多いです。

もともとは新宿や池袋にいたたちんぼですが、取締の強化にあい、今は錦糸町に流れてきています。

中国人やタイ人も多いですが、最近増えているのはミャンマー人。中国人やタイ人よりも日本人に似ている顔立ちのため親しみやすいです。

錦糸町駅のマルイの裏あたりに立っていることが多いです。

相場はホテル代別で1万5000円~2万円ほど。値切り交渉も可能です。

連れ出しスナック

連れ出しスナックとは、スナックの形態で営業していますが、店内で自由恋愛して、ホテルまで女の子を連れ出せるスナックのこと。

連れ出しスナックも表立った営業をしているわけではないので、客引きのお兄さんに聞くしかありません。

相場はショート(1時間)で2万、ロング(一晩貸し切り)で4万円程度です。

ハプニングバー

ハプニングバーは会員制バーの形態をとって営業していますが、店内では自由恋愛が推奨され、男女が意気投合できればセックスできるプレイルームが設けられています。

必ずしもセックスができるわけではないですが、意気投合すれば、カップル交換や、3P4Pが実現することも。

男性は5000円~1万、女性は無料で入れることもあります。単独男性はちょっと高くなります。

裏オプありのリフレ

リフレはマッサージ店であり、風俗店ではありません。

しかしリフレのなかには裏オプションで本番行為を設けているところもあります。

リフレはたいていの場合JKリフレ、制服リフレと名乗っており、18歳~22歳くらいの若い子が多いです。

風俗店ではないため、あくまでこちらから「裏オプはあるの?」と交渉をする必要があります。相場は手コキ・フェラで1万円、本番は3万円が相場。

それ以外にマッサージの料金を8000円程度支払わなければならないため、ソープやデリヘルよりは割高ですが、その分若くて可愛い子が多いと評判です。

関連した記事

立ちんぼとは?サービス内容や相場・交渉の仕方などを紹介

公には認められていない、いわゆる「裏風俗」の代表的...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

はじめてのイメクラ:妄想シチュエーションで楽しめる

イメクラとはイメージクラブの略称で、女性がコスチュ...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

はじめてのピンサロ:ピンサロの料金・システムについて紹介

世の男性のなかにはサクッと風俗に行ってみたいとき、...

2019年07月29日, 風俗・ハプニングバー