乳首でイケる”チクニ―"のやり方:感じる乳首の作り方とは

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のオナニー(セルフプレジャー)

チクニーとは、「乳首」と「オナニー」という言葉を掛け合わした造語で、乳首を刺激してオナニーすることをいいます。

普通のオナニーといえば、男性はペニス、女性はクリトリスかGスポットを刺激するのが一般的ですが、乳首を刺激することで男女ともにオーガニズムを感じられるのがチクニーです。

「乳首でオナニーってちょっと想像ができない!」という人もいますが、乳首はほとんどの人がまだ未開発の性感帯で、一度チクニーの快感を憶えると、ペニスやクリトリスのオナニーに満足できなくなる人もいるほど。

男女ともに普通のオナニーに加えて、乳首に刺激を与えることで、よりオーガニズムを感じることができます。オナニー中毒者にとっては、上と下を同時に責めながらオナニーができるのも魅力です。

チクニーでイクことができる?

普段、ペニスやクリなどでオナニーをしている人にとって、「乳首でイク」といってもなかなかイメージができない人も多いのでは。ここではチクニーで本当にいけるのか真相に迫ります。

男性はチクニーでイクことができる?

答えは「イエス」です。

チクニーの快楽をあまり信じていない人は、乳首を刺激して、気持ちがよいと感じるは女性だけだと思っているのかもしれません。しかし、男性も女性と同じく乳首は性感帯の一部。

ただ、男性は女性と違い、普段あまり乳首を責められることが少ないでしょう。だからこそ男性の方が乳首を開発する必要があります。

女性はチクニーでイクことができる?

答えは、男性と同じく「イエス」です。

女性は普段、クリや膣を刺激しながら一緒に乳首を刺激して、オナニーをしている人が多いと思います。

しかし、クリを触らず乳首だけでオナニーをしている人の割合は少なく、チクニーはまだ一般的だとは言えません。

チクニーではクリイキとは違ったオーガニズムを得ることができ、実際に乳首が開発されると、いままでに感じたことのない快感があなたの体を包むでしょう。

感じる乳首の作り方

チクニーをする上で、最も大事なことは乳首の開発、つまり「感じる乳首を作ること」です。

「乳首の開発なくして、チクニーなし」と言われるぐらい乳首の開発は大切ですので、参考にしてください。

普通のオナニーと併用してチクニー

チクニー初心者は、まだ乳首が開発されていない状態です。

ですので、ほとんどの人が、いきなり乳首だけでイクというのは無理があります。

そこで、おすすめなのが、「普段のオナニーにチクニーをプラスする」という方法です。

一般的に、ペニスやクリやGスポットを刺激してオーガニズムを迎えるのがオナニーですが、そこにチクニーを足して徐々に慣れていくという方法です。

乳首には、左右で感じ方に違いがあり、左には心臓があるため、左の方が感じる人が多いようです。

自分の感じる乳首を探して、まずは指で乳首を刺激しましょう。

この時、触る強さや角度を自分好みに調整します。

そして、陰部を刺激しながら行い、最後には陰部の刺激を止めて、乳首だけでイクように練習をしてきます。

最初は慣れないかもしれませんが、「開発していく」という意識を持っていると焦ることなく、快楽のポイントを見つけ出すことができます。

道具や物を使って乳首を開発

なかなか指ではイケない人や、徐々に指でのチクニーに慣れてきた人は、次のステップに進み、道具を使ってみましょう。

初心者にオススメなのが、ローターです。

ローターは、クリオナニーにも使える道具ですが、乳首にも問題なく使用できます。

乳首に当てて刺激をすると、徐々に感じるようになってきますので、最初は優しく乳首を刺激してみましょう。

また、おすすめのローターは振動パターンが複数あるもので、自分好みの振動を探すと乳首がより自分好みに開発されていきます。

アダルトグッズAmazon公式

チクニーのやり方

正しいチクニーのやり方をマスターすれば、気持ち良さも倍増すること間違いなしです。自分に合った、気持ちいいチクニーのやり方を憶えましょう。

普段のオナニーの環境に近づける

チクニーをする上で大事なのが、「いきなり違ったことをしないこと」です。

普段、妄想や、AVを見たりしてオナニーしている人が多いと思いますが、いきなり違う環境でチクニーをすると緊張して、上手くイケない事があります。

まずは、普段の環境を意識して、平常心でチクニーをしましょう。

乳首を刺激する方法ですが、最初は指で乳首を刺激します。

普段のオナニーで陰部を触っている時と同じで、強さや、角度で感じ方が違うので、自分が一番気持ち良い所を探すのがポイントです。

服の上から乳首を刺激する

服の上から乳首を刺激するもの、チクニー好きに人気のある方法です。

誰でも一度は経験があると思いますが、オナニーの時に、布の上から刺激すると布がこすれてなんとも言えない刺激を感じることができます。

チクニーも同じで、服の上から乳首を刺激すると、指では感じられない快感を手に入れることができます。

また、それ以上に刺激を求めているときは、ローターやローションを使って服の上から乳首を刺激するとより強い、オーガニズムを得ることも可能です。

チクニーの注意点

チクニーはマスターすると大変気持ち良いものですが、それだけに注意点があることも忘れないでください。

チクニーはやりすぎると、乳首が痛くなったり、黒くなってしまう可能性があります。また、乳首が長く伸びるようになったり、乳首が大きくなりすぎるリスクもあります。

そして、一番のチクニーの注意点は、乳首が感じすぎるようになりすぎて、陰部で快楽を得られなくなることです。

オナニーの場合はこれでも問題はありませんが、相手のいるセックスの場合、陰部が感じないのは相手にとってもセックスが楽しめなくなる原因になります。

チクニ―はとても気持ちいいものですが、やりすぎには注意です。

関連した記事

ウエットトラスト(ウエトラ)の効果と使い方:濡れにくい女性の必須アイテム

セックスの時に濡れにくい。そんな悩みを抱えている女...

2019年07月04日, 女のオナニー(セルフプレジャー)

エロメンとAV男優の違いは?エロメン三銃士のプロフィールを紹介!

女性向けAVに出演しているイケメンAV男優のことを...

2019年07月19日, 女のオナニー(セルフプレジャー)

シルクラボって一体何なの?人気の理由とメリットを紹介!

シルクラボという言葉を聞いたことがあるでしょうか。...

2019年07月01日, 女のオナニー(セルフプレジャー)