寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

PARTNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

セックスでは色々な体位を試してパートナーと、より快感を求めたいもの。バックは男女ともに野性的な気分になれることから人気の体位です。

そのバックの派生系が「寝バック」。

寝バックは、女性がうつ伏せになり、その上から男性がペニスを挿入する体位です。普通のバックよりも快楽を得ることができるため、多くのカップルに人気。

ここでは、寝バックが気持ちいい理由や、やり方、注意点を解説します。

男女別!寝バックが気持ちいい理由

寝バックは、男女が楽な姿勢で挿入を楽しめて、さらにお互いが快楽を得られる最高の体位です。

男性が寝バックで気持ち良くなれる理由

男性にとっての寝バックのメリットは、ズバリ「膣の締め付け」です。

寝バックで挿入すると、女性の膣が正常位や騎乗位より締め付けられるため、いつもより女性の穴をきつく感じることができます。

さらに、膣壁と小陰唇がペニスにしっかりと絡み、膣の中でペニスが何とも言えない快楽を感じることができます。

また、寝バックは女性の背中に男性が乗るため、女性の背中やお尻の柔らかさを体感できるのも醍醐味の一つです。

女性が寝バックで気持ちいい理由

女性の場合、普段のセックスではほとんど膣イキできない人が、膣イキできてしまうことにあります。

寝バックでは体位の関係上、正常位や騎乗位と比べると、男性のペニスが完全に中まで入りません。

しかし、それが逆に女性のGスポットを亀頭が刺激しやすくなり、膣イキしやすくなります。

また、女性は体の構造上、足をピンと伸ばした体勢(足ピン)をとるとイキやすくなるといいます。寝バックはこの足ピン状態になりやすいため、通常の体勢よりも簡単にイキやすい体位といえます。

寝バックならお互い恥ずかしさがない!

寝バックのもう一つの利点は、お互いが顔を正面から合わさないことにあります。

寝バックは、正常位や騎乗位と比べると、相手と顔を正面から合わせるという体位ではありません。

そのため、気持ちよくなっている顔を見られることがないので、恥ずかしさを忘れて思う存分セックスすることができます。

また、男性は後ろから女性の耳元でそっと囁いたりできるので、女性もゾクゾク感を思う存分味わうことができます。

女性が喜ぶ寝バックのやり方

寝バックはやり方によって、気持ち良さが変わってしまう体位です。正しいやり方を確認して、お互いが気持ちよくなりましょう。

寝バックへの流れを考える

よほど慣れ親しんだ相手じゃない限り、いきなり寝バックでの挿入は避けた方が無難です。

寝バックへの流れの基本は、正常位⇒騎乗位⇒バック⇒寝バックと段階を踏んで体位を変えていくことで、女性も無理なく受け入れることができます。

女性を喜ばせるためにも、体位の順番は大事です。

基本は女性に寝てもらってから挿入

寝バックはその名の通り、女性が寝ている状態で、男性が後ろから挿入する体位です。

寝バックは以下の流れで行います。

  1. 女性に寝てもらい足を45度くらい開いてもらう
  2. 男性は女性の上にまたがる
  3. 男性は足を開き、女性のお尻部分に乗る
  4. ペニスを挿入する

ペニス挿入後は、いきなり激しく腰を動かすのではなく、女性が慣れるまではゆっくりと腰を動かします。

その後、Gスポットを刺激して膣イキさせるために、ペニスの挿入角度を30度~45度にして激しく腰を動かしていきます。

また、寝バックには女性が足を閉じる場合や、男性が覆いかぶさる場合、女性のお尻を少し上げて行うという方法もあります。

色々なバリエーションを試すと、未知の領域を開拓できるかもしれません。

寝バックの注意点

寝バックは正常位や騎乗位と違い、少し変わった体位です。そのため注意点を確認して上で本番にトライしましょう。

男性がイキやすくなる

寝バックは、女性の膣が正常位や騎乗位より締まるため、いつもより強い快感を感じることができる体位です。

そのため、男性は射精するのが普段より早くなってしまう人もいます。

これでは女性は満足できないということになり、「寝バックはやめて!」と言われる事態にもなりかねないので、なるべく最初は我慢できるぐらいの動きにしましょう。

また、普段との射精のタイミングが狂い、出すタイミングを間違えて中で出してしまうという恐れもあります。

自信がない人は、最初はコンドームをつけることをおすすめします。

ペニスが抜けやすい

寝バックはペニスが膣の中にあまり入らないので、通常の体位に比べると、ピストン時にペニスが抜けやすい体位です。

女性は、「すぽん!」とペニスが抜けると、一瞬冷めてしまう人も多く、ムードが壊れてしまいます。

特に膣イキしそうな時にペニスが抜けると、その場の雰囲気が一気に冷めてしまうものです。

男性は、膣にペニスを挿入する角度や、動き方には注意が必要ですし、特にペニスが短い人にはあまり寝バックはおすすめできません。

膣が痛むことがある

膣の形や、位置によってペニス挿入時に、男女ともに痛みを感じることがあります。

また、寝バックは後ろから激しくつくので、そのことも痛みを強くする要因になると考えられています。

男性器と女性器には、形や大きさの「相性」があるので、何度か試しても痛みがある場合はプレイを控えた方が無難です。

痛みの原因は、ペニスで突く角度や、膣の濡れ具合にもあります。痛みがある場合は、ペニスの挿入角度を変えてみたり、前戯でしっかり女性器を濡らすようにしましょう。

体位・四十八手の人気記事

69体位のやり方:横向きシックスナインについても解説

しみけん氏が提唱する最強体位”ロールスロイス”とは

まんぐり返しとは?まんぐり返しのやり方とプレイ内容

寝バックで膣イキを実現する方法:密着する快感を味わおう

対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!