セフレと喧嘩したときの対処法:仲直りするには?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セフレとの悩み

セフレは割り切った関係と言えますが、ときどき思わぬことで喧嘩が勃発します。セックスはするけど、付き合ってはないという微妙な距離感から、男女の間ですれ違いが生じるようです。

ただ、お互いにとって都合のいい関係であるセフレと、喧嘩が原因で関係が終わるのは避けたいでしょう。セフレとの喧嘩してしまう理由から、仲直りの方法をみていきましょう。

セフレと喧嘩する理由

セフレと喧嘩する原因は、恋人との喧嘩と同じようなものです。気持ちのすれ違いが主な原因といえるでしょう。男と女ですから、考え方に違いがあるのは当たり前です。

ヤりたいときだけ連絡してくる

男性側は「ヤリたいから連絡する」という行動に出ることが多いです。普段は女性側がどれだけ連絡をしても、返事がないのに、自分がセックスをしたいときだけ連絡をしてくると、女性にとってはストレスになります。

他にも相手がドタキャンばかりするパターンもあります。セフレという気の許す間柄であっても、連絡がなかったり、会う機会が少ないと「興味ないのかな?」と感じてしまいます。

毎日連絡する必要はありませんが、連絡があったときは返してあげたり、定期的に会話する機会を設ければ、喧嘩をすることなく、仲良くセフレという関係を続けることができます。

相手の事を考えない

「セフレだからなにしても許される」と考えてしまう男性は多いです。女性側の体調がすぐれない時や、セックスをしたい気分でもないのに、セックスを強要することで、女性はストレスになってしまいます。

他にも、病気や妊娠のリスクを考えず、生で中出しをするという自分勝手な男性もいます。女性側からすれば、妊娠や病気は精神的なダメージとなります。

自分勝手な欲望を吐き出すために、セフレはいるのではありません。お互いにとっていい関係でいるためには、相手の事を考える思いやりも必要なのです。

嫉妬してしまう

男女に限らず、他の異性と会っているという事を知ってしまうと嫉妬してしまうことがあります。セフレという関係なので、浮気ではありませんが、自分が後回しにされているような気持ちになってしまうのです。

セフレという関係上、セックスがしたいときに出来なければ意味はありません。遊びに誘っても、他の予定を優先させすぎると嫉妬をしてしまい喧嘩の原因となってしまいます。

他にパートナーがいる場合でも、できるだけセフレには関係を隠した方がいいです。定期的に会う約束をしていれば、このような不満も解消できるので、定期的に、セフレと会う時間を作るようにしましょう。

好きになってしまった

セフレとセックスをしていて、好きになってしまったということはよくあります。相手の事を好きになってしまうと、今までのように軽い気持ちで会えなくなり、一つ一つの行動が気になってしまうのです。

嫉妬にも似ている部分ですが「昨日はなにしてたの?」「次の休みの日は何してるの?」など、詮索をされてしまうと、楽な関係であるセフレに束縛されているように感じてしまいます。

お互いの気持ちのすれ違いが発生してしまう事で、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。相手の事を好きになってしまったのなら、気持ちを伝えてみるのも一つの選択肢と言えます。

セフレと仲直りする方法

セフレと喧嘩する原因が分かっていれば、ある程度気持ちを抑えることができますが、それでも喧嘩をしてしまう事はあるでしょう。相手にわかってほしいからこそ、喧嘩をしてしまうのです。

相手の気持ちを知りたいから言い合いになってしまうのです。いい関係を続けていくために、冷静にセフレと話し合うということも時には重要です。

デートに誘ってみる

セフレと会う場所はいつもホテルという人は、デートに行くことで、気持ちがリセットされることがあります。普段と違う付き合い方をすることで、知らない部分を知ることができるかもしれません。

また、デートに誘うことで反省しているという気持ちを行動で示すことができます。セフレに直接謝るのは恥ずかしいという人におすすめです。

そして、デート後にいつものようにホテルに行くと違う感覚でセックスを楽しむことができます。新鮮さを感じることもあるでしょう。喧嘩をしていなくても、定期的にセフレとデートをすることで、良い関係を続けることができます。

少し時間を空けてから連絡する

喧嘩になってしまう原因は様々ですが、嫉妬や異性関係で喧嘩となってしまったときはどちらも悪くありません。恋人ではないので、他にパートナーがいてもセフレには怒る理由がありません。

このような原因で喧嘩となってしまった場合は、少し時間を空けてお互いが冷静になる必要があります。時間を空けすぎると、最悪関係が終わってしまうので、1~2日後に謝罪の連絡を入れましょう。

「自分は悪くないから謝らない!」という子供の考えはやめて、大人の対応で謝るようにしましょう。時間が経っているので、相手の気持ちも落ち着いています。先に謝まることで、相手の気持ちもより落ち着くといえるでしょう。

恋人との仲直りを参考にする

セフレという関係に縛られるから、仲直りの方法がわからないのです。周りから見れば、セフレは恋人関係と何ら変わりはありません。男女関係のトラブルなのですから、恋人との仲直りのようにすればいいのです。

LINEで軽く謝ったり、何事もなかったかのように食事に誘うのもいいでしょう。ただ、無神経な人と思われるとややこしいので、食事に誘うときは相手が行きたいと思う言葉を添えた方がいいです。

「おいしいレストランを見つけた」「給料入ったから奢るよ」などの相手にとって得になる要素を含ませてあげましょう。この方法で誘うことで「悪いと思っているから誘ってくれた」と勝手に解釈してくれることもあります。

セフレ関係だけでなく、恋人との仲直りとしても使える方法です。仲直りの方法が分からないし、今更謝れないというときにおすすめの仲直り方法といえるでしょう。

関連した記事

「セフレになってほしい」と言われたときの対処法・男性心理とは

「セフレになってほしい」 女性にとっては嫌な...

2019年07月04日, セフレとの悩み

セフレからデートに誘われた!デートに誘う男性の本音とは?

ひょんなことでセックスしてしまった相手からデートに...

2019年07月24日, セフレとの悩み

彼女がいるのにセフレを作る男の傾向:セフレにされやすい女性の特徴とは?

彼女がいる男とセフレの関係になってしまった。そんな...

2019年07月24日, セフレとの悩み