風俗で身バレする原因:身内にバレないための対策とは

PARTNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

初対面の男性と割り切って性行為をする仕事と言えば風俗業です。風俗店で働くとなれば、見知らぬ男性に全裸で性サービスをおこなうことは必須となります。しかし、そのこと以外に心配なのが身バレです。この記事では、風俗で働いているときに身バレする原因と対策について説明します。

風俗で身バレする原因

風俗店で勤めようとする時に最も不安な事柄は、風俗店で働いていることが身内や知り合いにバレることです。ただ実情から言えることは、風俗店に在籍している女性の大半は身バレなどすることなく働いています。

ところが、順調に稼いでいたにも関わらず身バレしてしまい店を辞めていく女性がいます。身バレするときのパターンは様々ですが、自ら原因を作ることもあるのです。それでは、その身バレする原因を幾つか挙げていきます。

話し方や立ち振る舞い

本人は気付くはずありませんが、その女性を日頃から知っている人間からすれば、明らかに話し方や立ち振る舞いの変化に気付きます。風俗という職業は特殊ですが高度な接客業です。誰にでも継続できる仕事でもありません。

不特定多数の男性と相対しながら、裸で接客サービスを施す仕事です。色んなタイプの方々と接客しますので、本人が意識しなくても応対力や会話力などのスキルが培われてきます。ですが、そのスキルが身バレする要因となります。

いつも持ち物が多い

勤める風俗店の場所と同じエリア内に住んでいる知り合いが多い場合は、街中でバッタリ会うこともあります。特にデリヘルで働いている女性は、いつも持ち物が多かったり大きいバックを持っている印象を与えがちです。

持ち物の中には、バスタオルやローション、着替えのパンツやパンストなど色々と入っているのです。近隣に住む同じ知人に何度か見かけられれば、いつも持ち物が多いので風俗勤めの噂が流れて結果的に身バレとなります。

外見や服装が変わる

アルバイトとして風俗店に勤める形でも、普通の女性であれば一般的なアルバイトでは到底もらえないほどの給料を稼げます。そうなれば、今まで抑制していたことにもお金をかけ始めます。その典型的な例が着る服装です。

傾向としては目立つ服装や露出度の高い服装になります。女性によっては高額なブランド品を次々と購入したり、髪型を変えて装飾品を身につけたりするのです。その外見の変化から風俗で働いているという疑念を抱かれます。

お金の使い方に注意する

風俗店にコンパニオンとして勤める女性の給料形態は、マットヘルスやホテヘルなどの店舗型やデリヘルなどの無店舗型でも日払制になっています。つまり普通に仕事をこなせば当然お金の巡りは良くなり出費も増えるのです。

昼間は正社員として働きつつ、夜は風俗店で週3日程度のシフトでアルバイトする女性もいます。相当レベルが低くない限り臨時的に日銭が入ってくるため、お金使いが派手になりがちですので周りからは不自然に映るものです。

風俗で身バレしないための対策

先ほども触れましたが、風俗店に在籍している女性の殆どは身バレしません。風俗店に勤めていることが身バレする場合は、上記のように本人自らが発端となっています。お店が原因で身バレしたというケースは皆無に近いのです。

ですが、絶対や完璧というものはありません。ちょっとしたことでも身バレに繋がりそうなことは未然に防いでおく必要があるはずです。

お店で使う画像加工の強化

風俗店では店舗型であればパネル、デリヘルならネット上の動画像で女性を宣伝します。お店によっては在籍の女性が顔出しするところもありますが、その画像の大半は加工されているモノであることは周知の事実と言えます。

そこで万が一のことも考えて、顔出しするお店に勤める場合お店側に頼んで画像の加工修正を強化してもらいます。それか、顔をモザイクで隠して表示するお店を選んで勤めるべきですが、普段着る服での画像は避けましょう。

日頃の会話に配慮する

意外にも日常生活でボロが出てしまって、結果的に身バレしてしまうケースもあります。何気なく普通に話していてるつもりでも、無意識の内に風俗で働いていると疑われるような内容が含まれていたりするのです。

風俗で働く女性は普通の職業と少し異なりますので、仕事の悩みや愚痴を言う機会が滅多にありません。ですので、日頃の会話で盛り上がったときに思わずボロが出たりします。面倒ですが常に配慮して会話しましょう。

プロフィールに気をつける

現在ではデリヘルに限らず店舗型の風俗店でも、オフィシャルホームページで在籍する女性の動画像やプロフィールを掲載しています。身バレするリスクを少しでも回避するためには、この部分に十分な配慮をするべきです。

動画像に関しては、店側がフォトショプなどを用いて加工修正しますが、気をつけるべき点はプロフィール欄です。年齢や血液型は当然ですが、趣味や前職などの項目についても正直に入力しないよう店側に伝えておましょう。

写メ日記の投稿に注意する

風俗店の大半は営業手段として各風俗専門サイトで在籍女性を宣伝します。そして、お客様の関心を店側に引き寄せるのですが、各風俗サイト内に写メ日記を投稿する枠があります。その写メ日記の投稿欄は最も反響があるのです。

お店が掲載する女性の画像より、サイトの写メ日記欄に女性が投稿する画像のほうがリアルな一面を確認できるので必須枠と言えます。しかし、ここで注意すべき点は自分の部屋や普段着が写り込まないようにすることです。

風俗・ハプニングバーの人気記事

ベトナムの風俗事情:日式カラオケ・連れ出しバーなどバラエティに富む

なぜ女性は体を売るのか?売春婦がいなくならない理由

アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?

ヌキキャバは絶滅した?セクキャバとの違いを解説

大阪のおすすめ出会い喫茶5選:来店状況をネットでチェックできるカフェも