出っ歯の女性が上手にフェラする方法:痛みを感じさせないテクニックとは?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 女のセックスの悩み

女性の中には「フェラのときに歯が当たって痛い」と言われたことのある方もいるでしょう。そう言われたことによって、フェラを苦手に感じている女性は意外と多いかも。

パートナーがフェラ好きだからしてあげたいけど、なかなか上手にできず悩んでいる...そういった女性のために、出っ歯の女性が上手に気持ちよくフェラするための方法や、男性がペニスの中でも気持ちよく感じる部分を解説していきます。

日本人に出っ歯は多い

出っ歯は、日本人特有の不正咬合(悪い噛み合わせ)のひとつ。日本人は欧米人と比べて、上顎のアーチが狭いため、起こりやすい現象です。

また、小さい頃の指しゃぶりや舌などで、歯を前方に押し出しているなどの癖によっても出っ歯になることもあります。さらに、遺伝的な出っ歯なども原因としてあり、遺伝は3割ほどを占めています。

ペニスに歯が当たると痛みを感じやすい

女性が考えているよりも、ペニスは痛みや刺激に敏感です。たとえば、まだ濡れてもいないのに女性器を強くいじったり、クリトリスを強く刺激したりすると、女性は気持ち良いどころか、不快な痛みを感じます。

ペニスもそれと同じで、歯が当たったりすると強烈な痛みを覚えます。フェラが気持ちよくて勃起していたペニスが、歯が当たった痛みで一気にしぼんでしまった...そんな経験をしたことがある男性も多いはずです。

それと同様に、ペニスの皮を引っ張りすぎたり、ペニスを強く擦りすぎても痛いだけです。中でも、やはりフェラのときの歯が当たる痛みは相当なもので、出っ歯の女性は細心の注意を払わなくてはいけません。

出っ歯の女性が覚えるべきペニスの気持ちいいポイント

亀頭やカリ

「亀頭」とは、ペニスの先のキノコのように出っ張った部分。「カリ」とは亀頭の根元の一番横に広がっている部分を指します。

フェラのとき、ここを唇や舌で刺激されると気持ちいい、という男性も多くいます。

裏筋

ペニスの裏の部分には、1本の筋状の線があります。これが「裏筋」で、ここを舌で舐めると男性はとても気持ち良く感じます。

竿

ペニスの、亀頭より舌の「棒」の部分です。フェラは、基本的に亀頭から竿にかけてのストロークが主な動作になりますが、中には竿の根元部分までフェラさせる「イラマチオ」に興奮を覚える男性も多いです。

陰嚢

精子が作られている部分、別名「玉袋」のことです。ここを舐められたり口に含まれるのが好きな男性も多くいます。

尿道口

亀頭の先の分かれている部分、尿や精子を排出する部分。ここを舌先でチロチロと刺激されるのを好む男性も多いです。

出っ歯の女性がフェラする方法

日本人は骨格的に出っ歯が多いと言われているので、「出っ歯でフェラが苦手」という女性は意外に多いのです。

出っ歯の女性は「フェラのストロークのときに、ペニスに歯が当たってしまう」「上手く咥えることができない」「歯が当たらないように気を使って顎が疲れる」など、フェラのときの悩みは尽きません。

出っ歯の女性がフェラを上手にするには、どのようにすれば良いのか以下に紹介していきます。

口を大きく開ける

いざフェラをするとき、ペニスを咥える前にまず口を大きく開けてから咥えるように心がけましょう。

確実にペニスに歯が当たらない大きさにまで口を開けたら、ペニスを咥え、そこから唇だけをすぼめるようにします。

ここで注意することは、口ではなく「唇だけをすぼめる」ということです。そうすることで、出っ歯がペニスに当たるのを防ぐことができます。

上唇で歯を隠してフェラする

フェラするときに上唇で出っ歯を覆うように隠してフェラするようにすると、直接歯がペニスに当たることがありません。下の歯は、舌でカバーできるのでそれほど問題ありません。

舌や手も一緒に使う

とはいえ、ペニスを咥えてストロークするだけではかなり疲れます。動きや刺激も単調になりやすく、発射まで時間もかかります。口も大きく開けているので、顎も疲れてきてしまいがち。そこで、舌や手での刺激も組み合わせるようにしましょう。

フェラの魅力のひとつは、やはり舌の感触の気持ち良さ。竿を舌で舐めたり、カリや亀頭を舌でペロペロ舐めまわしたり、陰嚢から裏筋を舌で舐め上げたりと、バリエーションを加えていくと、いろいろな刺激を与えられるので、男性も射精しやすくなります。

または、ペニスを咥えたまま口の中で舌を動かして刺激するのも良いでしょう。ストロークはしなくてもいいので、まだ慣れないうちはこの方法もおすすめです。

さらに、舌で舐めながら手でやさしく竿をシゴいてあげると気持ち良さも倍増。滑りが悪いようであれば、ローションなどを使うのも良いでしょう。視覚的にもその仕草のエロさで興奮度も増します。

食べ物を使って練習する

出っ歯の女性が歯が当たらないようなフェラをマスターするまでは、時間もかかります。毎回パートナーのペニスを使って練習するわけにもいかないケースもあるでしょう。そんなときは、食べ物を使って練習するのがおすすめです。

たとえばバナナやフランクフルトなどを使って、歯が当たらないようにフェラの練習をしてみましょう。食べ物なら歯が当たっても痛がられる心配がないので、心置きなく練習できます。

慣れてきたら、歯が当たらないようなフェラを長時間できるようになります。何と言っても「フェラは慣れ」です。

出っ歯を矯正する

それでも、どうしても出っ歯が当たってしまう...という方は、思い切って歯並びを矯正する、という手もあります。

「ブラケット」と呼ばれるワイヤーのような器具を歯に取り付けたり、マウスピースで矯正するなど、いろいろな方法があります。多少時間はかかりますが、根本的に出っ歯が矯正されればフェラのときに歯が当たる問題も解決されるので、「練習しても難しい」という方は、考えてみても良いでしょう。

関連した記事

友達とセックスして気まずくなった時の対処法

全然そんなつもりはなかったんだけど、流れで友達とセ...

2019年07月04日, 女のセックスの悩み

セックスで2回戦する方法:男女別の悩みを解決!

気持ち良いセックスは2回でも3回でもしたいもの。そ...

2019年08月28日, 女のセックスの悩み

膣キュンする瞬間7選:女子の子宮がときめく瞬間とは?

何気ない男性の仕草や言葉で膣や子宮が反応する膣キュ...

2019年08月21日, 女のセックスの悩み