セックスで使える手技:相手をイカせる手クニック集

PARTNER編集部
公開, 更新 , セックスのテクニック・プレイ

セックスにおいて「手」の使い方は非常に重要です。ピストン運動だけでは相手を完璧に満足させることはできません。今回はセックスで使える手のテクニックを中心に紹介。セックスの手技が上手い人は、相手を離れられなくする効果があるので、しっかり覚えて自分のものにしましょう。

男性のセックス手クニック

女性はセックスよりも前戯が好きという方が目立ちます。そのため挿入だけではなく、しっかりと手で気持ち良くさせることが重要です。

手マンにおけるクリトリス責め

手マンのやり方をAVなどで学ぶ男性は多いですが、あれはAV女優だから激しくできる場合もあります。AV女優は毎日セックスしており、ある程度耐性がありますが、一般女性は激しく手マンされると辛いだけ。

まず覚えておきたい手クニックは、すぐに指を入れないこと。キスや乳首を愛撫し、濡れてきてから女性器周りを攻めていきましょう。表面を撫でたり、少しクリトリスを剥いてこねくり回したりしてください。摘まむ・弾くなどもおすすめです。

セックス経験が浅く開発が済んでいない女性でもクリトリスは深く感じる方が多く、外イキのハードルは低めです。ついついすぐ膣に指を入れたくなりますが、まずは十分に外側を責めましょう。

撫でるような手マン

クリトリス責めが終わったら指を入れていきます。女性の膣は非常にデリケートなため、爪が尖っていたり清潔でなかったりするのは手クニック以前の問題です。整えておきましょう。

指を奥の方まで入れたらそのまま動かさないでキープします。すると膣が指に馴染んでくるので、締りを感じたら動かしてください。これだけで女性の痛みや不快感はグッと抑えられます。挿入のときも同様です。

その後は出し入れをする刺激の仕方ではなく、膣壁を優しい手つきで撫でるような手マンをします。女性のリアクションが良ければ多少激しくするのもOKです。Gスポットや強く感じる部位を見つけることができれば、中イキさせることもできます。

緩急のある乳首責め

前戯の段階だとついつい手マンやクンニが注目されますが、乳首責めも重要なポイント。上手く愛撫できるとビクン!という反応をします。さらにやり方は手マンと比べると非常に簡単です。

まずは下着の上からでも良いので全体を軽くほぐすように揉みます。握るというよりかは円を描くような動きをイメージしましょう。

その後は不規則な責めへ。優しく乳首を弾いたり、少し強くつねってみたりしてください。ローションを使い、手の平を乳首の上で滑らせるような刺激方法もおすすめです。

コツとしては序盤に一定のペースにならないこと。変化がないと飽きてきてしまい、せっかくオンになった性欲スイッチも切れてしまいます。後ろから責めたり、Tシャツ越しに触ったりするなど工夫をしましょう。それだけでワンランクの上の愛撫になります。

女性のセックス手クニック

男性を気持ち良くさせる手クニックを覚えておくとプレイの幅が大きく広がります。さらに彼を虜にさせることもできるため、セックスを楽しみたいなら習得しておきたいところです。それでは女性の手クニックを見ていきましょう。

亀頭グリグリ

男性が腰抜けするほど感じてしまい、潮吹きまで導ける手クニックが亀頭グリグリです。やり方は非常に簡単で、手の平で亀頭を転がすように刺激します。円を描くような動きをイメージしてください。利き手逆でペニスを握り、利き手でグリグリするスタイルがおすすめです。

手コキと交互にやったり、緩急をつけたりするとより気持ち良くなってもらえます。「はぁはぁ」と言い始めてからも続けると男性でも潮を吹きますが、無理に出させる必要はありません。

男性が悶絶するほど気持ち良い亀頭グリグリですが、ローションが必須アイテムになります。使わないと中途半端な気持ち良さになってしまい、痛みを覚えてしまう可能性があるので注意しましょう。

スロー愛撫

直接的な刺激を与えずに彼のペニスをギンギンに勃起させる手クニックもあります。それがスロー愛撫です。やり方は彼の体を撫でていく、という単純なものですが、少しコツがいります。

流れとしては彼の頬を撫で、徐々に上半身から下半身へ移動。そのままペニスを触ると思いきや乳首を摘まんだり、太ももを優しく触れたりしましょう。彼からすると「早く手コキして欲しい」という気持ちを焦らされるのと、色気あるタッチで触れられるゾクゾクとした快感に溺れます。

最後は優しくペニスを握ってあげて、そのまま手コキへいきましょう。スロー愛撫のコツとしては、それほど手に力を入れないことです。まるで男を弄ぶ女のように優しくもしっかりと触れる感じをイメージしましょう。

裏筋を撫でる手コキ

手コキはペニスを握って振っていれば良い感じがありますが、それだけでは虜にできません。手コキをより充実させるためには、さまざまな責めをするのが大切です。例えば両手で振ってみたり、先ほど紹介した亀頭グリグリをしてみたりしましょう。

そして手コキの際にやっておきたい手クニックとしておすすめしたいのが裏筋を撫でるです。玉袋から亀頭に掛けて指でなぞっていくと、ただ擦るだけでは得られない快楽を覚えます。

あまり力を入れる必要はないので、ただ当てる感じでなぞりましょう。その後は逆手で手コキをする、緩急をつけるなどがおすすめです。しかし挿入前に射精してしまっては萎えてしまうので、きちんと手加減しましょう。

前戯だけで射精して終わりのプレイであれば、最後はペニスを優しく握った状態で激しく振って絶頂へ導いてください。

セックスのテクニック・プレイの人気記事

超気持ちいいセックスを実現したい!相手を最高に満足させるコツ14選

乳首をビンビンにする気持ちいい触り方:胸への愛撫・舐め方を紹介

首絞めが気持ちいい理由!首絞めセックスを試したい方必見!

リューブゼリーとは?効能・使い方・口コミを徹底解説

キスで男性がイク方法:キスしながら射精はヤバいほど気持ちいい?