対面上体立位のメリットとは?早漏男性の悩みを解決する体位!

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 体位・四十八手

早漏でも長時間のプレイができる体面上対立位。すぐにイってしまうことで悩んでいる方には試していただきたい体位ナンバーワンです。そこで今回は体面上対立位のやり方やメリット、その他早漏防止の体位を紹介していきます。愛のある長期戦を目指しましょう。

対面上体立位とは

対面上体立位とは正常位に似たセックスの体位の1つです。正常位と同じように挿入をしますが、男性は体を前屈みにはしません。女性の体に対して垂直をキープした上体で腰を振ります。

そのため若干ピストンしにくく、ペニスが奥まで入りません。男性は快感を得ることが難しくなるため、早漏の人におすすめの体位といえます。長期戦のセックスをしたい方や、女性の表情をしっかりと見たい人におすすめです。

対面上体立位のメリット

対面上体立位は一見すると不自然な体位です。しかし一部の人からは支持されてます。それは早漏の人たち。対面上体立位のメリットに迫っていきましょう。

早漏でも長くプレイできる

ペニスが奥まで入らず腰も振りにくい対面上体立位。男性側に強い刺激がないため、どちらかといえば気持ちよさを求める体位ではありません。射精するのは中々難しいといえます。

その特性こそが対面上体立位のメリット。対面上体立位は早漏の人でも長時間のプレイが可能です。普通にセックスをすると女性が満足する前に絶頂してしまうような男性でも、奥まで入らず腰が振りにくいため長持ちします。

さらに対面上体立位では男性の重心が後ろに行くことでペニスが斜め上を向くため、膣の中の性感帯を責めることが可能です。

難しいテクニックは必要なし

セックスでは気持ち良さを求めるあまり無理な体位になったり、下手に筋肉を使って疲れてしまいがちです。しかし対面上体立位は正常位の派生のため、難しいテクニックは必要ありません。普通に挿入した後、男性側が姿勢に気をつけるだけでOKです。

そのためすぐにセックスに取り入れられますし、入れ方が分からずに雰囲気が壊れることもありません。女性からすれば少し変わった正常位のため、早漏であることを隠すこともできます。

体位変更がしやすい

対面上体立位で長時間プレイをして、そろそろフィニッシュしたいとなったときは簡単に体位変更できます。元々正常位に近いため、そのまま前屈みになって腰を振るだけでも射精に至ることが可能です。

さらに挿入したまま上下を入れ替えて、騎乗位・側位などに変更することもできます。フィニッシュまでの流れもかなりスムーズです。上手くやれば早漏でも同時イキを狙えるでしょう。

女性のリアクションがよく見える

男性側にとって嬉しいメリットともいえるのが、女性の裸体とリアクションを楽しめるところです。垂直をキープしてあるため、揺れる胸や感じている表情もしっかり見ることができます。抱え込む体位にはないメリットですし、エロい姿を拝めるため中折れの心配もありません。

さらに早漏の人にとっては、自分とのセックスで満足げにしている女性の表情は大きな自信に繋がります。メンタル面が原因の早漏を改善する効果も期待できるため、対面上体立位をやらない手はありません。

早漏を防止できる他の体位

対面上体立位は早漏の男性にとってメリットが多いですが、他にも早漏を防止できる体位はたくさんあります。バリエーションを増やして長く気持ち良いセックスをしましょう。

対面座位

向かい合って座るような形の体位です。密着度が高いことで女性が好きな体位ではありますが、実は男性にとっては快感の少ない絡みになります。その理由は動きにくさです。ペニスはずっぽり入っていますが、体重も掛かってくるため上下に動く難易度はかなり高いといえます。

グリグリと動かすような責め方でも男性側が射精に至る可能性は低いため、早漏にとっては安心して臨める体位です。その一方女性は対面座位が好きなため、満足度はアップします。

まさにWin-Winな体位の1つなので、セックスする際はやるようにしましょう。初手に持ってくるのもおすすめです。

寝バック

うつぶせになっている女性に上から覆い被さるようにして挿入する寝バック。こちらも腰振りがしにくく、長さによっては奥まで入らない体位になります。膣の圧迫も感じないため射精コントロールもしやすいです。

さらに女性側はGスポットを刺激されるため、中イキしやすいというメリット付き。一歩間違うと女性に体重が乗ってしまって苦しい思いをさせますが、布団に手をついて力を逃がしてあげれば心配ありません。

側位

側位とは横向きに寝転がった状態で挿入する体位です。ペニスは比較的きちんと入って腰も振りやすいですが、男性側は射精コントロールがしやすいという特徴があります。

また、体重が掛からない分強い刺激がこないため、早漏の男性でも頑張れば長期戦が可能です。寝バックの前に側位を挟むなどしましょう。

抱え込み騎乗位

女性が上になって主導権を握る騎乗位。そのまま男性側に倒れ込むと早漏でもイキにくい体位になります。なぜなら視界におっぱいといった興奮材料が入ってきませんし、腰を動かしにくいからです。

さらに女性側が主導権を握っているため、上から激しい刺激をしない限りは射精を防ぐことができます。入れた状態でしばらく抱き合うなどして時間を稼ぐのもおすすめです。

しかし1つ注意点があり、普通の騎乗位になってしまうと早漏男性は絶えきれません。杭打ちやグリグリとした刺激には弱いので気を付けましょう。

関連した記事

顔面騎乗のやり方とメリット:M男が喜ぶ方法とは

顔面騎乗は、「顔騎」とも略されるプレイのひとつです...

2019年07月04日, 体位・四十八手

[48手体位]碁盤攻め(ごばんせめ)のやり方と注意点

セックスのバリエーションを増やすなら、江戸時代から...

2019年07月04日, 体位・四十八手

四十八手を完全網羅!セックス体位のバリエーションを増やそう

四十八手とは元は相撲の決まり手のことを指します。江...

2019年07月26日, 体位・四十八手