Airbnbでセックスするときの注意点:ホスト側で気をつける問題とは

Airbnbでセックスするときの注意点:ホスト側で気をつける問題とは

PARTNER編集部
公開, 更新 , セックス

現在、世界中の旅行者に人気の民泊と言えばAirbnb。マンションタイプや一軒家など様々な種類の家をチョイスできるので、カップルにも好評。

カップルで旅行する際は当然セックスすることもありますが、Airbnbだからこそ気をつけるべき点があります。Airbnbでセックスする問題点や注意点、泊める側であるホスト側にとっての問題点について解説。

Airbnbとは?

「Airbnb」とは、民宿や宿泊施設などを貸し出す人、宿泊したい人向けのウェブサイト。

2008年にアメリカ・サンフランシスコで誕生し、現在は世界192ヵ国33,000の都市で80万以上の宿を提供しています。日本では2011年にサービスが開始され、日本支社も設立されています。

通常のホテルや旅館だけでなく、「持ち家や所有している空き部屋などを貸したい」という人と、「部屋を借りたい人」とを、結びつけるマッチングサイトです。

近年の「モノを所有せずに多くの人でシェアしていこう」というシェアリングエコノミーの考えの広まりによって、Airbnbはぐんぐんと勢いをのばしています。

今までのように、旅行先などでホテルや旅館を探すとなると高額だったり予約がなかなか取れなかったりと不便を感じるようなこともありましたが、そこを解消したのがAirbnb。

ユニークなコンセプトの部屋が安く借りられたり、宿泊先で自炊ができる宿も多く、新しい宿泊の形として注目を集めています。

Airbnbでセックスするときの注意点

カップルの旅行でAirbnbを利用する、という方もいるでしょう。当然、カップルで泊まるとセックスもするのは自然な流れ。そんなとき、ホテルや旅館とは違うAirbnbの宿では多少の注意点もあります。

部屋の盗撮には要注意

Airbnbの宿では、ホテルや旅館のような独立した宿泊施設だけでなく、貸す人が所有しているマンションやアパートの1室や一軒家を貸し出していたり、といケースも多々あります。

当然部屋の安全性にはAirbnbでも気をつけてはいるでしょうが、そうはいっても中には悪質な貸主も少数ですがいる場合もあります。

以前、カナダのトロントで部屋のデジタル時計の中に隠しカメラが設置されていた、という事件がありました。宿泊客が発見して何事もなく済みましたが、気づかないまま宿泊してセックスをして、その様子が撮影され動画としてSNSで拡散されたり...という危険性も考えられます。

基本的にAirbnbのホスト(貸主)には貸す部屋があれば誰でもなれてしまうので、悪質なホストも紛れ込むことも可能です。

部屋を借りるときは、少なくともホストのレビューなどもチェックして信頼が置けるホストかどうかを見極めるようにしましょう。

極端に安い部屋は音が丸聞こえ

「安い=お得」とも限りません。特にカップルで宿泊してセックスする場合は、安さだけで選んだ部屋がアパートの1室で壁が薄く、隣の声がまる聞こえ...ということもあります。

こういった部屋でセックスすると、セックスの様子がまるごと他人に聞かれてしまい、後で顔を合わせて恥ずかしい思いをしてしまう場合もあるので注意しましょう。

部屋を汚さない

ベッドのシーツやまくら、ソファーなどを精液や愛液などの体液で汚してしまわないようにしましょう。体液は時間が経つと固まってしまい、洗濯をしても落ちにくくなってしまいます。

Airbnbでは宿泊者にもレビューが付けられます。あまり部屋を汚くして帰ると悪いレビューを書かれて、次に利用するときに最悪宿泊を拒否される場合もあります。さらに、あまり部屋の備品を汚してしまうと、後から請求がくることも考えられます。

普通にセックスするのは問題ないですが、愛液が多い人などはタオルを敷いてセックスするなどの配慮も必要でしょう。

コンドームは用意しておく

Airbnbの宿はラブホテルではないので、コンドームは常備されていません。もし必要であれば、ドラッグストアなどで購入するなどあらかじめ用意しておきましょう。

Airbnbで部屋をカップルに貸すときの注意点

旅行先などで、気軽に宿泊できるラブホテル感覚でAirbnbで宿泊先を探すカップルも増えてきています。そういったカップルの中には、残念ながらマナーのなっていない人も少なからずいます。

シーツやベッドなどの汚れ

セックスの際の体液や、生理などの血液などで部屋やベッドなどを汚されてしまうと、きれいに戻すのがなかなか大変です。

体液や血液は落ちにくいですし、そういったものが付着したままでは、次のゲストに部屋を貸すわけにもいきませんし、交換するにしてもコストが高くついてしまいます。

キッチンの油汚れや生ゴミ

Airbnbの宿では、キッチンがついていて自炊できる宿も多いです。中には、自炊後の油汚れや出た大量の生ゴミなどをそのまま放置して退室するカップルもいます。

油汚れは放置すると掃除も大変ですし、生ゴミの匂いがひどくてすぐ次のゲストに部屋を貸せない、ということもありえます。

外国人カップルによる風習の違い

日本に旅行に訪れる外国人もとても増えました。Airbnbで宿を探して宿泊する外国人カップルも多いです。

外国人は、当然日本とは文化や風習が違うので、部屋の使い方に関してもギャップが出てくることもあります。ゴミの散乱や備品の破損、散らかし放題で一切片付けずに退室する、などの問題もあるようです。

上記したようなことを防ぐためには、部屋をきれいに使うよう張り紙や注意書きなどで喚起する必要があります。外国人も多く宿泊するような宿では、複数言語での注意書きも用意しておくといいでしょう。

また、Airbnbでは宿泊者側にもレビューがつきます。宿泊予約がきた際はゲストのレビューをあらかじめチェックしておく、というのもおすすめです。

セックスの人気記事

皇族の性処理はタブー?天皇のセックス事情

セックスの後とにかく眠い!眠気の原因と対処法

[年代別]理想のセックスの頻度

新婚のセックス頻度の平均回数は?新婚でもレスに陥るパターンも

平安時代の性行為のやり方・特徴7つ:キスはダメだけど、夜這いはOK?!