ダンサーのセックス事情:ダンサーとセックスする方法は?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , セフレの出会い方

ダンサーと言えば、セクシーな格好でクールに踊っているイメージがあります。最近はK-POPなどの流行からダンスを習い始める若い男女も多いです。

そんなダンサーとセックスしたいと思う人は少なくありません。

今回はそうしたダンサーのダンサーのセックス事情やダンサーとセックスする方法について迫っていきます。

ダンサーのセックス事情

ダンサーの持つ鍛え抜かれた肉体には男女を問わず大きな人気があり一度はダンサーとセックスをしたいと考える人も少なくありません。

ここではそんなダンサーのセックス事情をご紹介します。

一晩に何度も楽しめるスタミナ

ダンサーは日々のトレーニングによって、インナーマッスルや下半身の筋肉が発達しており、長時間踊り続けることができるスタミナもあります。

インナーマッスルとは身体の軸となる筋肉のことで、この筋肉は特に女性がイキやすくなる膣の締まりにも関係するため、セックスの際には重要なものとなります。

一晩で2回戦、3回戦と何度もセックスを楽しむことができ、ガツガツとした激しいセックスを求めている人には抜群のパートナーとなるでしょう。

ただし、あなた自身も夜通しのセックスに応えるだけのスタミナが必要となるので、ダンサーとセックスをしたいなら日頃から体力を付けるなどを意識しておいた方が良いです。

ピストンや騎乗位など下半身の動きが格別

ダンサーは身体の軸となるインナーマッスルや下半身を鍛えることにより、キレのある動きや長時間踊り続けることができるスタミナがあります。

セックスの際にはこの鍛え抜かれた筋肉やスタミナによって、激しいピストン運動や騎乗位を長時間行うことができるのです。

女性であればピストンによる中イキがしやすくなったり、男性であれば騎乗位によって正常位とは違った締め付けを味わうことができるでしょう。

また、引き締まった腹筋やくびれたウエストなどはセックス中に視覚でも興奮させてくれます。本能的でダイナミックなセックスを味わうことができることもダンサーの魅力です。

膣の締まりが良い

インナーマッスルは身体の軸となる筋肉ですが、女性の場合はこの筋肉を鍛えることにより膣の締まりがよくなります。

インナーマッスルは意識しなければなかなか普段の生活の中では鍛えることができません。また、女性の約半数は出産を経験すると膣が緩くなってしまいそれが元で夫婦のセックスレスや浮気へと繋がってしまうということも少なくありません。

しかし、ダンサーの女性は普段のトレーニングの中によって締まりの良い膣である可能性が高いです。

ダンサーとセックスする方法

ジムに通う

ダンサーとの出会いが期待できるものに、ジムに通うという方法があります。

ダンサーは職業柄、厳しいトレーニングで身体を鍛えているため日常的にジムへ通う人が多いです。

コナミスポーツクラブやスポーツクラブルネサンスなど全国展開を行うジムであればトレーニング設備やお風呂などの設備もしっかり整っているため利用するダンサーも多いです。

大型のジムが最寄りにない場合は市営の体育館などでも格安で設備を解放している所が多いためそうした場所を狙ってみるのもよいでしょう。

ジムであればちょっとした休憩時間に自然と話しかけることができるので、うまくコミュニケーションを取ることができれば距離も近くなりセックスへと持ち込める可能性が高まります。

ダンススクールへ通う

現在では義務教育でダンスの授業が取り入れられる影響もあり、大人も通うことのできるダンススクールも多いです。

現役のダンサーや過去に大会で実績を残したダンサーから直接指導を受けることができるため、初心者でも安心してダンスを習うことができます。また周りにはダンサーを目指す生徒たちもいるため、幅広い出会いを期待することができるでしょう。

東京や近畿圏であれば東急スポーツオアシスという大手ジムがダンススクールを開催しており、仕事帰りのサラリーマンやOL、主婦やシニア層まで幅広い世代が参加しています。

こうした場所に通いダンサーと仲良くなればセックスをすることも可能ですが、あくまでもダンススクールですので、しつこい誘いは止めましょう。

合コンや相席屋に行く

合コンや相席屋で、ダンサーとの出会いを求めるという方法もあります。

しかし、必ずしもダンサーと会えるわけではないので非効率です。

ダンサーと出会ったら、仕事に理解を示すことも重要です。

プロのダンサーともなれば年収が1000万円を超える人も少なくないため結婚相手としても人気がありますが、厳しいオーディションを通過する必要があったり、怪我をしてしまえば仕事ができなくなってしまうというリスクもあるため、そうしたダンサーの仕事への理解を示し支え続けるという姿勢をアピールすることが大切。

また、ダンサーは身体作りのために食事に対して気をつかう人も多いです。料理好きな一面や栄養の知識があることもアピールできれば、他のライバルに対して差別化を図ることができるでしょう。

関連した記事

宮崎でセフレをゲットできるアプリ&スポット10選

宮崎でセフレを見つけるにはどうしたらいいのでしょう...

2019年07月19日, セフレの出会い方

看護師とセックスする方法:夜勤明けが狙い目

看護師はエロい人が多いという噂がまこしやかに囁かれ...

2019年07月19日, セフレの出会い方

合コンからセフレを作る方法:連絡は日を空けすぎないのがベター

初対面の男女が食事をし、お酒を楽しみながら、新しい...

2019年07月01日, セフレの出会い方