大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

飲尿プレイを好む理由:尿は飲んでも大丈夫?

PARTNER編集部
公開, 更新 , SMプレイ

飲尿と聞くと、汚いイメージがありますが、世の中には特殊なプレイとしての飲尿や、健康維持のために尿を飲む人が存在します。

飲尿する理由や、飲尿する際の注意点についてみていきましょう。

飲尿とは

飲尿とは文字通り尿を飲むことです。普段は排泄する尿ですが、餓死寸前のサバイバル状況のなかで飲む人、健康療法として尿を飲む人、儀式の一環として飲む人など、世の中には尿を飲む人が少なからず存在します。

飲尿は健康療法?

もっともポピュラーな飲尿は、健康療法としての飲尿です。

この健康療法は、1990年に出版された『奇跡が起きる尿療法』という本で、世の中に広まりました。

また、ヨットで27日間漂流した佐野三治氏が、他の乗組員6人が衰弱死したなかで自分の尿を飲んで生き延びたという話によって、尿は体に悪いものではないという認識が広まったようです。

尿は飲んでも大丈夫?

尿は、細菌だらけの糞便とは異なり、体外に排出されるまでは基本的に体に害になるようなものは含まれていません。98%が水分、残り2%がアンモニア、尿素など、血液を作るうえでの余剰物とされています。

体に害はありませんが、健康に良いとされる根拠も証明されていません。信用できない健康情報に惑わされないように気を付けましょう。

プレイとしての飲尿

アダルトビデオのジャンルや、風俗のプレイには飲尿プレイが存在します。飲尿プレイは主にサドの人間が、相手に自分の尿を飲ませることによって、支配欲を満たすために行われる行為です。

基本的に尿に害はありませんが、塩分を多く含んでいるため、腎臓に負担をかけたり、脱水症状をおこす可能性があります。無理に飲ませる行為はやめましょう。

飲尿のやり方

精液は量も少ないため、頑張ればゴクンと飲み込むことができますが、尿の場合は量が多いです。

また味やにおいもアンモニアの異臭がするため、味わったら吐き気を催す可能性があります。飲尿プレイを行う際は、味あわないように、一気に喉で飲み込んでしまうほうがよいでしょう。