大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

亀甲縛りは意外と簡単?やり方や歴史を解説

PARTNER編集部
公開, 更新 , SMプレイ

SMの緊縛といえば、有名なのが「亀甲縛り」です。亀甲縛りは、名前の通り亀の甲羅のような六角形が美しい縛り方ですが、意外とその歴史ややり方は知られていません。亀甲縛りは縛るだけじゃなく、見た目も美しい一種のアートともいえるでしょう。

亀甲縛りとは

亀甲縛りとは、SMプレイにおける縛り方の種類の一つです。

亀甲という名の示す通り、亀の甲羅のように六角形の縄模様になります。縛り自体を楽しむというよりは、見た目の美しさが珍しがられることが多いようです。また菱形に縄を這わせるのは、菱形縛りといい、亀甲縛りとは区別されることもあります。

亀甲縛りの歴史

亀甲縛りの歴史は古く、もとは米俵を縛るために用いられたといいます。普通に縄を交差するだけでは安定性に欠けるため、菱形や六角形のような複雑な縛り方が普及しました。

また江戸時代には囚人を護送する際にも、用いられたようです。性別・身分・罪を縛り方によって分けていました。また術を用いて抜け出そうとする忍者対策のために複雑な縛り方が発達しました。実際に人を縛る方法は、手錠が普及する明治時代まで続いたといいます。

現在では性的嗜好を満たすために緊縛が普及しており、世界的にも日本の亀甲縛りは支持されています。

縛りの種類

乳房縛り

縦に入った菱縄を、横の縄で引っ張ることで、乳房を強調する結び方。乳房を絞り出すことによって形を変形させ、それが猥褻性を強調します。

股縄

股縄とは、名前の通り、股に縄を通す緊縛方法。結び目を作り女性器を刺激することもあります。下腹部や恥丘が強調されます。

亀甲縛りのやり方

用意する縄は、その人の身長の10倍くらいあると余裕が出るでしょう。

まずは縄を半分に追って二重にします。そして八の字結びを複数作ります。縄の端をもって、輪っかの先端に通します。通した縄を左右に流し、輪に通して、縛りあげます。

そのまま縄を裏に持ってきて交差し、再び前に持ってきて輪っかに通します。このとききれいな六角形になっていれば亀甲縛りの基本が完成です。あとはこれを繰り返すだけです。