大人の恋愛とセックスを学ぶためのメディアPARTNER[パートナー]

SMの元祖「緊縛」の魅力とは?歴史や技術について解説

PARTNER編集部
公開, 更新 , SMプレイ

緊縛と言えば、アンダーグラウンドなSMショーで行われているイメージがあります。

緊縛は最近できたものではなく、古くは室町時代から存在していたといわれています。そんなディープな緊縛の世界を覗いてみましょう。

緊縛とは

緊縛とは、縄で人体を縛る行為を指します。主にアダルトビデオのSMプレイなどで見られる行為で、相手を拘束し、自由を奪います。

緊縛が発達した背景

緊縛は、元は囚人を護送するために発達した技術だと言います。

いかに罪人が暴れず、身動きがとれないようになるか、研究の結果が、現在の緊縛のベースになっています。江戸時代は市中引き回しの刑というのがあったので、いかに結び目がほどけないか、という技術が重要だったと推測されます。

また結び方によって、身分・性別・罪の重さなどを分けていました。

明治時代になって手錠が普及すると、徐々に人を縛る機会が減りました。一方、縛り絵と呼ばれる、縛られた女性の錦絵が性的に興奮すると愛好家の間で広まり、そこから現代のSMプレイにつながったとされています。

現代にも緊縛師・縄師と呼ばれる、縄で人を縛る専門の技術者が存在します。

緊縛の技術

一般人が縄で手首を縛ろうとしても、うまく縛れないはずです。縛ったとしても簡単にほどけてしまうため、絶対にほどけない技術が必要となります。またきつく縛った状態で、数時間~数日放置すると、血流が止まり壊死することもあります。捕縛・緊縛は、人を殺さないための技術でもありました。そのため関節だけを縛る、縄が解けることを防ぐため身動きが取れないように縛るなどの技術が発達したと言います。

緊縛で使われる縄

一般的にはSMプレイなどで使われる縄は、麻縄が多いです。SMプレイには伸縮性が少ないほうが好まれます。麻は縄の表面がケバ立つため、なめしという、縄を煮る技法で、縄を柔らかくし、ケバ立ちを防いで相手の皮膚が傷つくことを防ぎます。

緊縛で主に使われる縛り方

緊縛の種類は150~300と言われています。

手錠縛り

手首を縄でグルグル縛りあげるだけの、いちばん簡単な緊縛方法です。

後手胸縄縛り

上半身を縛る縄を2本使うポピュラーな縛り方。手首を後ろに回して、肘より高い位置で縛ります。手首と胸の上に1本、胸の下に1本結びます。

海老責め

座禅を組んだ状態で頭と足を固定する結び方です。体をエビのように曲げる必要があることから、その名がつきました。江戸時代の拷問でも使われていたようです。

亀甲縛り

亀の甲羅のように縄で六角形を作って結ぶことからついた縛り方。見た目も美しく、一般的にも広く知られています。