ガールズバーの楽しみ方:ガールズバーで良いお客さんと思われるには?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

男性なら一度はガールズバーに興味をもったことがあるはず。しかし、どうしても入りづらいと感じて行くことに抵抗がある人も多いでしょう。ここではガールズバーのシステム・良いガールズバーの特徴を説明します。

ガールズバーで店員と仲良くなるコツや会話術も説明していきます。

ガールズバーのシステム

genessa-panainte-453277-unsplash

ガールズバーは「バーテンダーが全員女性のバー」です。普通のショットバーと基本的には同じでカウンターにいるのが女性というだけです。料金も一回の来店で5,000円~とリーズナブルとなっています。

しかしあくまでも「バー」なので、「お触り」や「同伴・アフター」は基本的にはありません。キャバクラとの違いは「接待ができない」ことです。

キャバクラは風俗営業、ガールズバーは深夜酒類提供飲食店営業という違いがあるため業態も異なります。店によっては悪徳な営業をしている場合もあるので、店選びは重要です。

いいガールズバーの特徴

ガールズバーで風俗店のような接客をさせるお店は違法なお店です。そもそもガールズバーではありません。良いお店の特徴を知って楽しみを増やしていきましょう。

1.お店の内装が綺麗にされている。

トイレやキッチンなどの水回りが綺麗に掃除ができていない店は要注意です。特にトイレが汚いお店はありえません。お客だけでなく従業員も利用する場所が汚いと、気持ち良く働けない環境だといえます。

キッチンを見ることはなかなかできませんが、グラスが少し汚れている、テーブルについている水滴がしっかりと拭けていないといったチェックはしておきます。良いお店はスタッフへの教育が行き届いているので、目立たない場所でも掃除ができおり、従業員の責任感があると言えます。

2.アットホームな空気を出しつつ常識もある

初めて来たお客に温かく迎えてくれる感じを出すお店は非常に良いと言えます。女性にもな人がおり、学生からOLさん、タレントの卵もいます。

フランクに話しかけつつも、常識的な対応、客との一線を超えないことも重要です。妙なため口だったり、失礼なことを言うようであれば、いいガールズバーではありません。

3.男性スタッフの対応

男性スタッフがお客さんの対応だけでなく他のスタッフにどのような対応をとっているかでそのお店の良し悪しがわかります。

女性スタッフや立場が下のスタッフに対して横柄で厳しい、ましてや暴力をふるっている店はいずれ潰れます。

ガールズバーの店員に好かれるコツ

mickael-gresset-435324-unsplash

お客様は神様ではありません。横柄な対応をとっているとお店から追い出されるだけでなく、最悪警察を呼ばれることとなり損害賠償請求なんてこともあります。

無駄なトラブルを避けるために店員さんと仲良くなってお互いに楽しめる空間づくりをしていきましょう。

1.店員には優しく接する

ガールズバーで働いている女性は学生が多いです。お客さんである大人の男は、若い女の子にとっては普段の生活では出会わない憧れの的になることも。優しく、余裕を持ってすることが大事です。

酒に飲まれてセクハラをする、愚痴を永遠に語る、熟睡して店員に迷惑をかけると言ったことが無いようにしましょう。こちらが気分よくなりたいのであれば優しい態度で店員さんと接することが双方楽しくなるコツです。

2.聞き上手でいること

基本的にはこちらが話したい事を話すべきです。働く女性たちも仕事だと思って話を聞いてくれます。しかし、女性は話を聞いてくれることが大好きです。女性の話を聞く空気を作りましょう。

女性も気を遣ってくれているんだなと思い、ほとんどのお客さんは自分の話しかしないので特別なお客さんだと接客してくれます。自分にしかできない「特別感」を醸しだせるようにします。

3.手土産を持ってくる

お土産を持ってガールズバーに行くと、すごく喜んでくれます。働いている女性たちと仲良くできてお店側も「良いお客さん」と認識してくれます。お店から歓迎してもらえるような空間はとても居心地が良いです。

女性の情報網は非常に広いので来店した時にいなかった女性も、別の機会に来店した際、丁寧な接客をしてくれることになります。

ガールズバーにおける会話術

priscilla-du-preez-234138-unsplash

コミュニケーション能力が乏しいからガールズバーには行けないという人もいます。お笑いコンビの「オードリー」若林さんは人見知りを治すためにガールズバーに行き少しずつ克服したとテレビで発言していました。

女の子と普段喋り慣れてない、コミュニケーションスキルをアップしたい人は、ガールズバーに行って会話能力を高めましょう。

1.服装や小物を褒める

ガールズバーで働いている女性は自分で服装を決めていることが多いです。女性がお店のコンセプトに合わせて服を選んでいるのですが一目見て「かわいい」、「センスある」と言った一言を添えることが第一歩です。

服装だけでなく、ピアスやネックレスといった小物にも着目しましょう。「どこで買ったの?」と聞いてみることで聞役にも自然となることができます。

2.贔屓をしない

ガールズバーは好みの女性と一対一で接客しません。様々な女性が交代で相手をしてくれます。選り好みをしても相手にとって失礼になり、自分もつまらなくなってしまいます。

情報交換は女性同士で必ず行われているので、「あのお客さんは態度が悪い」というレッテルを貼られてしまう可能性があります。

ガールズバーで働いている女性はフランク且つ素直なので、女の子全員と仲良くなるのは難しくありません。仲良くなる人が少ないより多い方が楽しいです。

3.スマホばかり見ない

適当にお酒を注文して、会話をしないなんてことはNGです。そもそも話さないひとがガールズバーに来るのは非常にもったいないです。宅飲みをしていたほうがお金も時間も無駄にならないです。

お店にいるにもかかわらずスマートフォンを触っていたら目の前の女性はどうすることもできません。ちゃんとコミュニケーションをとりお互い楽しく会話をしましょう。

関連した記事

上野にあるストリップ劇場の名前は?乳首やマ●コは見れる?

上野と言えば動物園、遊園地、JRAなどの娯楽施設が...

2019年07月05日, 風俗・ハプニングバー

ホテヘルとは?ホテヘルのシステムと遊び方・デリヘルとの違い

デリヘルやホテトルは男性であれば良く耳にする言葉で...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

”売り専”とは?ゲイ向け風俗店のシステムと遊び方

風俗といえば一般的に女性が男性に対してサービスする...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

いま話題の記事

特集