久しぶりに妻をセックスに誘う方法:断りやすいサインを決めておく?

PARTNER編集部
公開, 更新 , ED・セックスレス

子育てや、仕事が忙しいなどが原因で、セックスの頻度が減ってしまい、気づいたらどうすれば、妻を誘うことが出来るのかわからなくなってしまうという男性は多いようです。日本人は奥手な男性が多い傾向にあるので、妻が何とも思ってないのに、なぜか誘えないと思ってしまうようです。

セックスを長年しないことによって、セックスレスになり、最悪の場合は離婚さえも考えられます。夫はセックスをしたい、妻もセックスをしたいと思っているならすればいいのです。もう一度、夫婦仲を円満にするためにも、セックスをして関係を戻していきましょう。

久しぶりに妻の誘う方法

結婚したからといって、妻は女性でなくなるわではありません。もし一度セックスを断られたことがあるなら、夫の怠慢が原因である可能性が高いです。知り合ってからの時間が長ければ、長いほど、夫も変化のある行動をしなければなりません。

新鮮味のある行動や、ロマンチックな雰囲気やムードを大事していない、いつもど同じという理由から、妻は夫からの誘いを断ることがあるようです。付き合っていたころと同じように、またはそれ以上に妻を女性としてみればいいのです。愛しているから結婚したのですから、ムードや雰囲気があれば、またあの頃に戻れる可能性は非常に高いです。

雰囲気づくりを大切にする

雰囲気やムードを作らないで、ベッドに入った瞬間に誘っても断られる可能性は非常に高いです。夫からしても、久しぶりなのに急に誘うのは、ハードルが高いです。ベッドに入る前から、雰囲気を作っておけば、誘いやすいです。

例えば、雰囲気のいいレストランで食事をしたり、二人で思い出に浸るような会話をするのがいいです。毎日のようにセックスしていたのであれば、そのころのデートでどこに行ったなど、楽しかった思い出を二人で、お酒を飲みながら話してみてはどうでしょうか?

雰囲気を盛り上げることで、夫側も誘いやすいですし、妻も断る理由がなくなります。結婚したからといって、女性でなくなるわけではありません。結婚しても、妻を大切に、女性として扱って上げるのが雰囲気を作る重要なポイントと言えます。

妻の体を優先してあげる

夫側が今日したいからといって、雰囲気をどれだけ作っても、妻の体が疲れていたり、生理であれば、その夜にセックスをすることはできません。もし、その日に無理をしてセックスをしても、妻は不満がたまるだけです。不満がたまってしまうと、前のような関係になりたいという夫の希望は砕け散ってしまいます。

夫側としても、準備をして雰囲気を作った後に、「今日はできない」といわれれば、気持ちが下がってしまいます。ただ、女性は家事をしたり、子育てをしたりと、あなたよりも疲れているという事を覚えておきましょう。仕事に休みはあっても、妻の休みはないのです。

このような優しさを持って、毎日を過ごしていれば、妻の顔を見ただけで、「今日は疲れているのか?」ということもわかってくると思います。自分だけの欲望だけではなく、思いやりや優しさをもって、妻に接することが、よりいい関係になってための重要なポイントと言えます。

二人の気持ちが一緒なら合図を決めておく

セックスの頻度が減ってしまうことを避けたいのであれば、二人の間で合図などを決めておくのがおすすめです。例えば、何気ない日常の中で二人でできるサインを決めておくのです。メールを送ったり、秘密の言葉を決めておくことで、お互い答えやすくなります。

また、このようなルールを決めておくことで、コミュニケーションにもなります。セックスをして、関係を戻したいと思っている理由としては、イチャイチャしたいというのが本音でしょう。セックスをすることも重要ですが、日々のコミュニケーションをとることも重要です。

断りやすいサインが良い

例えば、ベッドい入って体を触って、OKならば拒否しないというサインはおすすめできません。あまりにも直接的ですし、妻も断りにくいです。また夫も断られたときのショックも大きいです。触るという動きに入っている時点で、夫はセックスするつもりでいる可能性が高いでしょう。

サインや合図はわかりやすくも、断りやすい、直接的でないものがいいと思います。軽いスキンシップの中に隠すのがおすすめ。ベッドに入る前に、手を触ったときに特定の指を動かすなどを決めておけば、わかりやすいです。この行動自体も軽いスキンシップになりますし、ちょっとしたゲーム感覚で遊ぶこともできます。

マッサージからの流れもおすすめ

妻が家事などで疲れているなら、マッサージをしてあげるのもおすすめです。マッサージをすることで、お互いのスキンシップにもなりますし、なによりも妻は癒されることになります。マッサージをしてくれる夫に感謝をすることもあるでしょう。そのまま、エッチな会話に持っていくことができれば、誘い方としては完璧です。

「気持ちいいと思う感情」は基本的に一つなので、マッサージによる気持ちよさもセックスによる気持ちよさも感度は違いますが、感じ方は同じです。マッサージを行うことができる時点で、セックスの入り口に入っているということです。

また夫からしても「セックスしたい」という言葉より、「マッサージしてあげる」といった方が、ハードルも低いです。マッサージからセックスの流れを作っておけば、妻がマッサージをお願いすることがセックスOKのサインにすることができます。

強制的なプレイは控える

サインを決めておくことで、誘うことは簡単になります。ここで覚えておいてほしいのが、誘ったからといってセックスができると思わないことです。セックスがしたいから夫も誘うと思いますが、疲れているときや、体調が悪い時は妻だってしたくありません。あなたが嫌いで拒んでいるのではないと覚えておきましょう。

また、マッサージの最中で寝てしまったときも、そのまま寝かせてあげるのもやさしさです。セックスをしたいという気持ちはわかりますが、妻も疲れてしまって寝ているのですから、思いやりも重要です。優しくすることで、妻も色々なサービスをしてくれるかもしれませんよ。

ED・セックスレスの人気記事

熟年夫婦の性生活事情:若い頃のようにセックスを楽しむには?

マカの効果・成分・持続時間まとめ:精力増進したいED気味の方必見

旦那としたくないと思う理由13選:セックスレスの原因は?

夫・彼氏がED(勃起不全)になったとき妻ができること:原因と5つの対処法

新婚でセックスレスになる原因と解消法:男性はストレスに弱い?