皮オナニーのやり方:ハマりすぎると皮が伸びてしまうことも

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 男のオナニー

皮オナニーとは包皮を使ったオナニーのことを指します。包茎の男性でよく見られるオナニー方法ですが、女性でも皮オナニーはできます。女性の場合はクリトリスを剥かずに隠れた状態で行い、男性はペニスの包皮の上からチンコを間接的にしごくことになります。

皮オナニーのバリエーションは多く、その気持ち良さにハマってしまう人が多いです。

なぜ皮オナニーにハマってしまうのか

なぜ皮オナニーにハマってしまう人が多いのでしょうか?真正包茎でも仮性包茎でも気持ち良くなれるのが皮オナニーです。特に皮と亀頭の摩擦によって得られる気持ちよさが忘れられずに、何回も皮オナニーを繰り返してしまいます。

皮を剥いた状態でのオナニーは、直接手を使って摩擦するためストロークがあまりできません。一方で、皮オナニーは皮の長さ分しごくときのストロークが長くなります。このストロークの幅の違いによって気持ち良さが変わってくるのです。皮オナニーは一度覚えてしまうと辞められない人が続出します。

皮オナニーのやり方

ペニスの皮だけを掴んでしごく

まずは皮だけを掴み、しごいて気持ちよさを楽しみましょう。皮が伸び切る分ストロークが長いので、先っぽから根本までをゆっくり上下しながら皮とペニスが擦れ合う気持ち良さを感じられます。

途中で射精感があるかもしれませんが、その時はいったんストップして、射精感が引くのを待ちます。射精感が引いたら再びしごき始めます。

カウパー液を分泌して摩擦を楽しむ

徐々に先っぽからカウパー液がにじみ出てくると思います。透明な液体が出始めたら、皮の間に入れて潤滑油として代用します。ヌルヌルの摩擦がかなり気持ちよく感じますので、もう一度射精感が襲ってくるでしょう。

しかし、まだ出すのは我慢して、カウパー液を十分に出してあげます。ここまで射精感を我慢することを2回続ければ、3回目に強烈に気持ちいい射精ができます。

カリへの刺激も加える

カウパー液がたくさん出てきたら、今度はカリへの刺激もくわえていきます。人差し指と親指で輪っかを作り、ストロークの際に皮の上からカリに引っかかるようにしごいてあげると、ほどよくカリを刺激することができます。

ここまで来たら射精感が再び襲ってくるので、最後は思いっきりしごいて精子を出してあげましょう。

皮オナニーのリスク

皮オナニーは大変気持ちの良いオナニー方法ですが、毎日のように行うのはさすがにリスクがあります。どんなリスクがあるのか、1つずつ見ていきましょう。

皮が伸びてしまう

若いうちから皮を引っ張ってオナニーをしていると、大人になってからかなり皮が伸び切ってしまうことになります。

伸びきってしまった皮は元には戻りません。そうなると、セックスのときに恥ずかしい思いをしたり、皮が邪魔になったりしてセックスを楽しめなくなってしまうかもしれません。皮が伸び切ってしまうリスクをしっかり把握しておきましょう。

早漏になる

皮オナニーは早漏になってしまうリスクもあります。なぜ早漏になるのかというと、ペニスには直接触らずに皮の上から触ることで刺激に慣れにくくなるからです。

実際に皮の上から触った場合と、直接皮を剥いて触った場合では刺激の感じ方がかなり違います。普段から皮オナニーをしていると、皮の上からの刺激だけに慣れてしまい、皮を剥いた状態での刺激に対して弱くなってしまうのです。

セックスをするときは自然と皮がむけた状態になるため、刺激に敏感になり早くイってしまうという事態になります。

ペニスが成長しない

皮オナニーばかりしていると、皮の伸びる範囲でしか勃起できないため、ペニスの成長は止まってしまいます。

包茎の男性は勃起したら、皮のせいでパンパンに張ってしまいますよね?皮がペニスの成長を邪魔してしまうのは勿体ないことです。しっかり剥いてからオナニーをした方が、ペニスに十分に血液がいきわたり少しづつ大きくなることも期待できます。

すぐには大きくなりませんが、皮を剥いて十分な勃起を繰り返していれば、勃起力も向上し女性を満足させられるペニスに育つことでしょう。

関連した記事

寸止めオナニーが気持ちいい理由:やりすぎると射精障害のリスクも

寸止めオナニーをしたことがある男性は多いでしょう。...

2019年07月04日, 男のオナニー

TokyoMotionの動画をダウンロードする方法・ウイルス感染のリスクはある?

男性なら誰でも無修正のエロ動画には興奮するもの。し...

2019年07月04日, 男のオナニー

PornHubはどんなサイト?ダウンロードの方法・ウイルス感染の危険性をチェック!

PornHubは世界でも有数のアダルト動画サイトで...

2019年07月23日, 男のオナニー