アメリカの風俗事情:売春は違法だが隠れて運営している店が多い?

P
PAETNER編集部
公開, 更新 , 風俗・ハプニングバー

毎年多くの日本人観光客が訪れるアメリカ。男同士で行ったときなど、「アメリカの金髪女性とエッチなことしたい!」と思う男性も多いのでは?アメリカは当然風俗産業が栄えていますが、規制は意外と厳しいです。

ネバダ州の一部の地域を除いては、売春は違法行為とされています。そんな規制が厳しいアメリカで営まれている風俗店とは?

アメリカの風俗事情

shutterstock_407642968アメリカ全土で売春は違法行為。性風俗は全て売春とみなされ、罰則や罰金があるほど厳しく取り締まっています。エッチなサービスはもちろん売春とされ、そのサービスを受ける側も摘発されてしまいます。

本番行為が無くても売春となり、国としては売春を取り締まる法律はないものの、州ごとに罰則が設けられています。しかし、裏商売として営業をしている地域はあり、現地のマフィアが会員制の裏風俗を仕切っていることもあります。

しかも、本来規制する側の政治家や警察もひっそりと風俗で楽しんでいるということが多いです。マフィアがやっている風俗に警察が行くのもおかしな話ですが、それだけ風俗は様々な職業の人達の癒しの場となっているのでしょう。

日本とは違い、買春行為自体が犯罪なため、サービスを受けてしまった時点で立派な前科者になります。売春に対してかなり厳しいアメリカですが、性風俗を楽しむことはできます。

風俗のサービスを受ける際は、「あなたは警察ですか?」と英語で聞いてみましょう。アメリカでは警察の身分を隠して捜査するのは違法捜査となりますので、違うと言われれば摘発に巻き込まれる心配はないでしょう。

アメリカの繁華街・風俗街

shutterstock_692587345アメリカと言えばニューヨーク。NYにあるコリアンタウンでは地元の韓国人が呼び込みで風俗営業を行っています。郊外のマンションへ連れていかれ、中で女性が待機しているというシステム。

クイーンズ周辺でも裏稼業が多く、クイーンズボロなどの地域でも中国人やメキシコ人が裏稼業を行っています。また、カジノでおなじみのラスベガス。ラスベガスにも風俗店はありますが、やはり違法でやっているお店もありますので、風俗を楽しむよりかはカジノを楽しんだほうがいいでしょう。

ネバダでは合法で風俗店があります。個人営業でやっているものやエージェントがやっているものまで様々です。アメリカで性風俗を楽しみたい場合はニューヨークが一番おすすめ。

ニューヨークであれば、風俗の種類も色々と存在しています。性病対策として、必ずゴムをしてからセックスをするように心がけましょう。

アメリカ風俗の種類

アメリカにはどのような風俗があるのか。それぞれ詳しく説明していきます。

エスコート・サービス

一番人気なのが日本ではデリヘルに当たるエスコート・サービスです。「Incall」と「Outcall」の2種類あり、「Incall」は自分からサービスを受ける店に出向くこと、「Outcall」はサービスをしてくれる女性が自分の元に訪れること。

値段は少々高いですが、値段に見合った美人がきます。サービスの質は悪いことが多いです。しかし、デートや食事にも付き合ってくれることもありますので、その点が日本のデリヘルとの違いと言えるでしょう。

マッサージパーラー

shutterstock_1195993129タイのバンコクやグアムでも見かける有名なサービス。ソープランドのような形態で、日本にある中国人エステを想像してもらうと分かりやすいです。中国や韓国からの不法移民が営業をしています。

治安の悪いチャイナタウンやコリアンタウンに存在しており、このマッサージパーラーも摘発の対象になる地域があるようです。不法移民の摘発に巻き込まれたり、性病などの危険性が高いのであまりおすすめできません

アメリカ風俗の相場

エスコートサービスはおよそ3万円~。60分3万5,000円以上の金額を払うと、容姿・サービス共に質が良くなります。金髪の美女が多いので、アメリカのスタイルの良い美人と楽しみたい男性におすすめです。

マッサージパーラーはお値段は2万円以下が多く、サービスに対してあまり見合わないお値段となっています。本番込みでも約2万4,000円以下でエスコートサービスよりも安いです。

基本的に日本よりは風俗の料金は高く設定されています。しかし、その分日本人女性では味わえないセックスを楽しめるでしょう。とは言え、日本ほど細やかなサービスをしてくれる店はアメリカにはないので期待し過ぎは禁物。

関連した記事

手コキ風俗にハマるオトコたち。着衣による手コキの何が魅力なのか

男性への前戯で有名なものとしては、口によるフェラチ...

2019年07月01日, 風俗・ハプニングバー

青線とは?赤線との違い・青線地帯の場所とは

かつて日本には半公認の売春地帯である「赤線」となら...

2019年07月11日, 風俗・ハプニングバー

江戸の遊郭はどんなところだった?遊郭の歴史や各地の遊郭を紹介

遊廓といえば華やかなイメージをする人も多いのでは。...

2019年07月12日, 風俗・ハプニングバー

いま話題の記事

特集